OpenTextFile メソッド

指定したファイルを開き、開いたファイルの読み取り、書き込み、または追加書き込みに使用できる TextStream オブジェクトを返します。

構文

object.OpenTextFile (filename, [ iomode, [ create, [ format ]]])

OpenTextFile メソッドには、次の指定項目があります。

パーツ 説明
object 必須です。 常に FileSystemObject の名前。
filename 必須です。 開くファイルを識別する文字列式です。
iomode 省略可能。 入力/出力モードを示します。 ForReadingForWriting、または ForAppending のいずれかの定数を指定できます。
create 省略可能。 filename で指定したファイルが存在しない場合に新しいファイルを作成できるかどうかを示す ブール 値です。 新しいファイルを作成する場合は True、作成しない場合は False を指定します。 既定値は False です。
format 省略可能。 開くファイルの形式を示す Tristate の 3 つの値のいずれかです。 省略すると、ASCII 形式でファイルが開きます。

設定

iomode 引数には、次のいずれかを設定できます。

定数 説明
ForReading 1 ファイルを読み取り専用として開きます。 このファイルには書き込むことはできません。
ForWriting 2 ファイルを書き込み専用として開きます。 既存のファイルを新しいデータで置き換える場合はこのモードを使用します。 このファイルからの読み取りはできません。
ForAppending 8 ファイルを開き、ファイルの最後に書き込みます。 このファイルからの読み取りはできません。

format 引数には、次のいずれかを設定できます。

定数 説明
TristateUseDefault -2 システムの既定の設定でファイルを開きます。
TristateTrue -1 Unicode 形式でファイルを開きます。
TristateFalse 0 Ascii 形式でファイルを開きます。

解説

次のコードは、テキストを追加するために、 OpenTextFile メソッドを使用してファイルを開く方法を示しています。

Sub OpenTextFileTest
    Const ForReading = 1, ForWriting = 2, ForAppending = 8
    Const TristateUseDefault = -2, TristateTrue = -1, TristateFalse = 0
    Dim fs, f
    Set fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    Set f = fs.OpenTextFile("c:\testfile.txt", ForAppending, True, TristateFalse)
    f.Write "Hello world!"
    f.Close
End Sub

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。