Share via


TimeSerial 関数

特定の時、分、および秒の時刻を含む Variant (Date) を返します。

構文

TimeSerial(hour, minute, second)

TimeSerial 関数の構文には、次の名前付き引数があります。

指定項目 説明
hour 必須です。Variant (Integer)。 0 (12:00 A.M.) から 23 (11:00 P.M.) の範囲 (両端を含む) の数字、または 数式です。
minute 必須です。Variant (Integer)。 任意の数式です。
second 必須です。Variant (Integer)。 任意の数式です。

注釈

時刻 (11:59:59 など) を指定するには、各 TimeSerial 引数の数値範囲を単位の通常の範囲にする必要があります。つまり、時間の場合は 0 から 23、分と秒の場合は 0 から 59 です。 ただし、特定の時刻の前後の時間数、分数、または秒数を表す任意の数式を使用して、引数ごとに相対時刻を指定することもできます。

次の例では、絶対時間ではなくを使用します。 TimeSerial 関数からは、正午の 6 時間前 (12 - 6) の時間の 15 分前 (-15) の時刻である 5:45:00 A.M が返されます。

TimeSerial(12 - 6, -15, 0)

いずれかの引数がその引数の正常な範囲を超えた場合、必要に応じて次に大きい単位に繰り上がります。 たとえば、75 分を指定すると、1 時間と 15 分として評価されます。 引数のいずれか 1 つでも -32,768 から 32,767 の範囲を超えると、エラーが発生します。 3 つの引数で指定された時刻によって、日付が利用可能な日付範囲を超えたときは、エラーが発生します。

この例では、TimeSerial 関数を使用して、指定した時、分、および秒の時刻を返します。

Dim MyTime
MyTime = TimeSerial(16, 35, 17)    ' MyTime contains serial 
    ' representation of 4:35:17 PM.

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。