ダッシュボードで Power BI のビジュアル化を追加するまたは編集する

Power BI ダッシュボードと個人ダッシュボードに追加するタイルを利用し、中身の充実したインタラクティブ レポートやリアルタイム視覚エフェクトを作成します。

注意

モデル駆動型アプリのパーソナル ダッシュボードに Power BI のビジュアル化を追加するには、次のようにする必要があります :

  • 設定 > 管理 > システム設定 > レポート タブ > Power BI のビジュアル化埋め込みを許可 で、組織の Power BI のビジュアル化を有効にします。
  • Power BI のアカウント、また、少なくとも 1 つの Power BI ダッシュボードへのアクセス権を持っている必要があります。
  • ブラウザーでサード パーティの Cookie を有効にします。有効にしない場合は、Power BI 認証に失敗します。

個人用の Power BI ダッシュボードの作成

次の手順でモデル駆動型アプリに Power BI ダッシュボードを追加します。 Power BI サービスに接続する場合は、取引先企業が必要であり、データ ソースとして Microsoft Dataverse インスタンスを選択しておく必要があります。 データ ソースの登録と接続の詳細については、Microsoft Power BI を参照してください。

  1. アプリを開き、ダッシュボード に進みます。

  2. 新規 を選択してから Power BI ダッシュボード を選択します。

    新しい Power BI ダッシュボードを追加する。

  3. Power BI ダッシュボード プロパティ ダイアログでワークスペースを選択し、続いてダッシュボードに埋め込む Power BI ダッシュボードを選択します。 タブレット PC 用 Dynamics 365 および 電話用 Dynamics 365 でダッシュボードを使用可能にするには、統合クライアントの有効化 を選択します。

    個人用ダッシュボードに Power BI タイルを追加する。

  4. 保存 をクリックして、ダッシュボードを保存します。

個人のダッシュボードに Power BI のタイルを埋め込む

次の手順に従って、1 つまたは複数の Power BI タイルを個人用ダッシュボードに追加します。 Power BI サービスに接続する場合は、取引先企業が必要であり、データ ソースとして Dataverse インスタンスを選択しておく必要があります。 データ ソースの登録と接続の詳細については、Microsoft Power BI を参照してください。

  1. アプリを開き、ダッシュボード に進みます。

  2. 既存の個人用ダッシュボードを選択するか、新規 を選択してダッシュボードを作成します。

  3. ダッシュボードで、タイルを表示する領域を選択し、ツールバーの Power BI タイル を選択します。

    新規 Power BI タイルを追加する。

  4. Power BI タイル ダイアログでワークスペースを選択し、続いてダッシュボードに表示する Power BI タイルを選択します。 タブレット PC 用 Dynamics 365 および 電話用 Dynamics 365 でタイルを使用可能にするには、モバイルの有効化 を選択します。

    ダッシュボードの別の領域を選択し、別の Power BI タイル、またはグラフやリストなど、その他のコンポーネントをダッシュボードに追加するためにこの手順を繰り返します。

  5. 保存 をクリックして、ダッシュボードを保存します。

個人のダッシュボードに Power BI を埋め込んだタイルで可能なこと

Power BI のビジュアル化で使用できる機能の表示させるには、ビジュアル化の右上にカーソルを置いて次の機能を表示します。

Power BI タイル機能を埋め込む。

  1. 最新の情報に更新 ボタン [最新の情報に更新] ボタン。 を選択して タイルのレポートの基になるデータを更新します。

  2. Power BI で開く ボタン Power BI で開くボタン を選択すると、視覚エフェクトを含む Power BI ダッシュボードが新しいブラウザー タブで開きます。

注意

Power BI でレポートを開く Power BI オプションは、モバイル デバイスでサポートされていません。

  1. 拡大 ボタン 拡大タイル。 を選択すると、 視覚エフェクトが展開され、ここに表示されている [Sales Pipeline] タイルのように、視覚エフェクトの表示領域が増えます。

    拡大された埋め込み Power BI タイル。

Power BI ビジュアル化を含む個人用ダッシュボードの共有

Power BI ビジュアル化を含む個人用ダッシュボードを共有するには、Dataverse と Power BI の両方で共有を設定する必要があり、両方のサービスに対してユーザーまたはグループは同じ資格情報と適切なアクセス レベルが必要となります。 アプリで個人ダッシュボードを共有するには、ダッシュボード に移動します。 ダッシュボードの一覧で、必要な個人ダッシュボードを選択し、ダッシュボードの共有 を選択します。 Power BI でダッシュボードを共有する方法の詳細については、Power BI: 同僚やその他の人とのダッシュボードの共有 を参照してください。

プライバシーに関する声明

Power BI のタイルとダッシュボードの埋め込みを有効にすることで、ユーザーが Power BI のタイルまたはダッシュボードを埋め込むと、そのユーザーの Microsoft Dataverse 用の Azure Active Directory 認証トークンを使用して、暗示的な許可により Power BI サービスが認証され、エンド ユーザーに "シングルサインオン" のシームレスなエクスペリエンスを提供します。

管理者は任意のタイミングで Power BI のタイルとダッシュボードの埋め込みを無効にして、Power BI サービスの認証に Dynamics 365 認証トークンの使用を停止できます。 既存のタイルやダッシュボードはすべてエンド ユーザーに表示されなくなります。

Power BI のタイルの埋め込みに関連する Azure コンポーネントとサービスについては、次のセクションで説明します。

メモ: その他の Azure サービス内容については Microsoft Azure トラスト センター を参照してください。

Azure Active Directory

このサービスは API と UI の認証に Power BI サービスと交換した認証トークンを提供します。

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。