Share via


デプロイと調整フェーズ

自動化を展開している際は、ビジネスの中断を回避するために、現在のビジネス プロセスを新しい自動化に置き換える方法を検討することが大事です。

自動化を運用に展開する

冗長なオーナーを追加する

休暇中にチーム全体で使用されるフローが壊れた場合、他の人からの電話は望みません。 不在時にフローを更新できるように、必ず数人の共同所有者を追加してください。 誰を追加するかは、フローの使用方法によって異なります。 おそらく、少なくともプロキシとして機能できる直属の上司と、すべてのレポートが自動化に依存している場合は、上司のマネージャーを追加することをお勧めします。 グループが十分に大きい場合、またはチーム フローが多い場合は、すべてのチーム フローを監視するために、少しの時間を確保してくれる 2 から 3 人のセキュリティ グループを作成することを検討してください。 ただし、組織全体を共同所有者として追加しないでください。それは多くの人々の流れを台無しにするように誘うだけです。 あなたの会社が Microsoft Power Platform の中核的研究拠点 を所有する場合、フロー企業形態に関するガイドラインがあるかもしれません。

アクセスはフロー自体だけでなく、フローが使用する接続にも適用されることに注意してください。 たとえば、フローが共有メールボックスから送信する場合、接続を再作成する必要がある場合に備えて、共同所有者がそのメールボックスにアクセスできることを確認してください。

ソリューションの使用

ソリューションは、フローを整理してバージョンを管理し、ある環境から別の環境に移行するための優れた方法です。 まず、Microsoft Dataverse データベースをご使用の環境に追加 (または管理者に追加を依頼する) して開始する必要があります。 それが終了したら、ソリューションタブへ移動して、ご自身のチームの新しいソリューションを作成、またはさらに整理したいフローがたくさんある場合は、複数のソリューションを作成できます。 ご自身のデータのネイティブ ストレージ や機能を再利用するための子フロー、バックアップとしてソリューション エクスポート など、他にも多くの利点があります。 ただし、ソリューションにはいくつかの既知の制限があるため、これがすべてのフローに当てはまるとは限りません。

運用としてマークする

ソリューションはフローを整理するための推奨される方法ですが、フローがソリューションに収まらない場合や、ソリューションが他のドラフトや概念実証で混雑する場合があります。 いずれにせよ、共同所有者が問題がない限りそのままにしておくことができるように、運用フローの名前の前に 「[PROD]」 を付けることをお勧めします。

自動化を段階的に展開する

展開が成功することを確認するには、次のアプローチを取ることを検討する必要があります。

  1. 少数人で自動化を使用します。

  2. それらの人々に問題がないことを確認してください。

  3. 残りの人に自動化の使用を開始してもらいます。