テスト戦略

フローと自動化の作成が完了したら、次のステップはテストすることです。 フローの対象となるすべてのパターンと結果のテストを検討する必要があります。 これは、フローが失敗せず、実行されたとしても予期しない結果が生成されることがあるためです。 すべてのパターンをテストすることにより、このリスクが軽減されます。

初めて Power Automate でフローを構築する場合、フロー全体を構築してからテストするよりも、新しい手順を追加するたびに自動化のテストをすることは、誤りを確実に見つける最良の方法です。

次の図示に示す例を見てみましょう。

コンプライアンス チェック フローの例。

「作成された経費精算書」からの矢印は「レポートがコンプライアンスを満たしているかどうかを確認する」という決定につながります。 「レポートがコンプライアンスを満たしているかどうかを確認する」のはいから、「ステータスが"コンプライアンス チェックが完了しました"に更新される」につながり、いいえは「修正を要求する」につながります。

次のような表内の 実際の結果 列の結果を記録し、失敗する可能性のあるすべての組み合わせをカバーしたことを確認することをお勧めします。

案件番号 ステップの詳細 条件 予期される結果 実際の結果
1-1 レポートがコンプライアンスを満たしているかどうかを確認する コンプライアンス準拠 状態が「コンプライアンス チェック完了」に更新される
1-2 レポートがコンプライアンスを満たしているかどうかを確認する コンプライアンス未準拠 経費精算書を修正するよう従業員に送信される電子メール
1-3 レポートがコンプライアンスを満たしているかどうかを確認する コンプライアンス チェックに失敗 フロー作成者に通知し、「フロー実行」機能のログに失敗を記録しました。
2 状態が「コンプライアンス チェック完了」に更新される 状態の更新の失敗 フロー作成者に通知し、「フロー実行」機能のログに失敗を記録しました。
3 経費精算書を修正するよう従業員に送信される電子メール 電子メールの送信に失敗 フロー作成者に通知し、「フロー実行」機能のログに失敗を記録しました。

Tip

電子メール送信の失敗をシミュレートするには、存在しないアドレスへのテスト電子メールの送信を試してください。

「ライブのみ」の環境でのテスト

すべてのテストをテスト環境で実行するのが理想的です。 ただし、ライブ システムとは別にテストする環境がない場合もあります。 このような場合、次の方法を使用できます。

  • 検索用: 静的テキストを結果として使用し、検索を模倣します。

  • データ入力用: 新しいレコードを作成する手順を作成し、その後に続けて別のフローにより同じレコードを削除します。

  • 送信データ用: 可能であれば、データ送信先のシステムにテスト環境を設定します。

ユーザーによるテスト

体系的なテストを完了した後、ユーザー (自動化の前にプロセスの作業をしていた人が理想) との最終チェックを実行する必要もあります。 これにより、自動化が期待どおりに実行され、一貫した成果が保証されます。

Note

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。