Power BI Desktop で Google BigQuery データベースに接続する

Power BI Desktop では、Google BigQuery データベースに接続し、Power BI Desktop の他のデータ ソースの場合と同様に基になっているデータを使用できます。

Google BigQuery への接続

Google BigQuery データベースに接続するには、Power BI Desktop の [ホーム] リボンで [データを取得] を選択します。 左側のカテゴリから [データベース] を選ぶと、 [Google BigQuery] が表示されます。

[データベース]、[BigQuery] の順に選択した Power BI Desktop の [データの取得] ダイアログを示すスクリーンショット。

表示される Google BigQuery ウィンドウで、Google BigQuery アカウントにサインインして、 [接続] を選択します。

サインインするオプションを含む GoogleBigQuery ダイアログを示すスクリーンショット。

サインインすると、認証されたことを示す次のウィンドウが表示されます。

サインイン中のメッセージが表示された GoogleBigQuery ダイアログを示すスクリーンショット。

接続が正常に行われたら、 [ナビゲーター] ウィンドウが開き、サーバー上で使用可能なデータが表示されます。その中から 1 つまたは複数の要素を選択し、Power BI Desktop にインポートして使用することができます。

Google BigQuery データをインポートできる [ナビゲーター] ウィンドウを示すスクリーンショット。

考慮事項と制限事項

Google BigQuery コネクタには、いくつかの制限事項と考慮事項があるので注意してください。

  • Google BigQuery コネクタは、Power BI Desktop と Power BI サービスにあります。 Power BI サービスでは、Power BI から Google BigQuery へのクラウド間接続を使用して、コネクタにアクセスできます。

Google BigQuery に接続する方法の詳細については、コネクタの詳細について説明している Power Query の記事を参照してください。

次の手順

Power BI Desktop を使用して接続できるデータの種類は他にもあります。 データ ソースの詳細については、次のリソースを参照してください。