Azure PowerShell を Linux にインストールする

Azure PowerShell Az モジュールはロールアップ モジュールです。 これをインストールすると、一般提供されている Az PowerShell モジュールがダウンロードされ、そのコマンドレットを使用できるようになります。

この記事では、Az PowerShell モジュールを Linux にインストールする方法について説明します。

前提条件

インストール

ターミナルまたはその他のシェル ホスト アプリケーションを開き、pwsh を実行して PowerShell を起動します。

Az PowerShell モジュールをインストールするには、Install-Module コマンドレットを使用します。

Install-Module -Name Az -Repository PSGallery -Force

Az PowerShell モジュールを更新する

Update-Module を使用して、Az PowerShell モジュールの最新バージョンに更新します。

Update-Module -Name Az -Force

Update-Module を使用して Az PowerShell モジュールを更新しても、以前のバージョンの Az PowerShell モジュールはシステムから削除されません。

アンインストール

Az PowerShell モジュールをシステムから削除するには、Azure PowerShell モジュールのアンインストールに関する記事を参照してください。

サインイン

Az PowerShell モジュールを使用して Azure リソースの管理を開始するには、PowerShell セッションを起動し、Connect-AzAccount を実行して Azure にサインインします。

Connect-AzAccount

Azure アカウントのログイン資格情報を使用して、開いたブラウザー ウィンドウにログインします。

新しい PowerShell セッションを開始するたびに、この手順を繰り返す必要があります。 Azure サインインを PowerShell セッション間で維持する方法については、Azure PowerShell コンテキスト オブジェクトに関する記事を参照してください。

トラブルシューティング

Az PowerShell モジュールの一般的なインストールに関する問題の解決策については、Azure Az PowerShell モジュールのインストールに関する問題のトラブルシューティングに関するページを参照してください。

ご意見とご感想

Az PowerShell モジュールに関する問題を報告するには、「GitHub で問題を報告する」を参照してください。

PowerShell セッション内からフィードバックを提供するには、Send-Feedback コマンドレットを使用します。

次の手順

Az PowerShell モジュールを使用した Azure リソースの管理について詳しくは、「Azure PowerShellの概要」を参照してください。