次の方法で共有


New-AzAksCluster

新しいマネージド Kubernetes クラスターを作成します。

このコマンドレットは、入力パラメーターに従って、以下の Microsoft Graph API を呼び出す場合があります。

  • POST /servicePrincipals

構文

New-AzAksCluster
   [-NodeVmSetType <String>]
   [-NodeVnetSubnetID <String>]
   [-NodeMaxPodCount <Int32>]
   [-NodeSetPriority <String>]
   [-NodePoolMode <String>]
   [-NodeOsSKU <String>]
   [-NodeScaleSetEvictionPolicy <String>]
   [-AddOnNameToBeEnabled <String[]>]
   [-WorkspaceResourceId <String>]
   [-SubnetName <String>]
   [-EnableRbac]
   [-WindowsProfileAdminUserName <String>]
   [-NetworkPlugin <String>]
   [-NetworkPolicy <String>]
   [-PodCidr <String>]
   [-ServiceCidr <String>]
   [-DnsServiceIP <String>]
   [-OutboundType <String>]
   [-LoadBalancerSku <String>]
   [-Force]
   [-GenerateSshKey]
   [-EnableNodePublicIp]
   [-NodePublicIPPrefixID <String>]
   [-AvailabilityZone <String[]>]
   [-NodeResourceGroup <String>]
   [-EnableEncryptionAtHost]
   [-EnableUltraSSD]
   [-NodeLinuxOSConfig <LinuxOSConfig>]
   [-NodeKubeletConfig <KubeletConfig>]
   [-NodeMaxSurge <String>]
   [-PPG <String>]
   [-EnableFIPS]
   [-AutoScalerProfile <ManagedClusterPropertiesAutoScalerProfile>]
   [-GpuInstanceProfile <String>]
   [-EnableUptimeSLA]
   [-EdgeZone <String>]
   [-NodeHostGroupID <String>]
   [-NodePodSubnetID <String>]
   [-EnableOidcIssuer]
   [-ResourceGroupName] <String>
   [-Name] <String>
   [[-ServicePrincipalIdAndSecret] <PSCredential>]
   [-Location <String>]
   [-LinuxProfileAdminUserName <String>]
   [-DnsNamePrefix <String>]
   [-KubernetesVersion <String>]
   [-NodeName <String>]
   [-NodeMinCount <Int32>]
   [-NodeMaxCount <Int32>]
   [-EnableNodeAutoScaling]
   [-NodeCount <Int32>]
   [-NodeOsDiskSize <Int32>]
   [-NodeVmSize <String>]
   [-NodePoolLabel <Hashtable>]
   [-NodePoolTag <Hashtable>]
   [-SshKeyValue <String>]
   [-AcrNameToAttach <String>]
   [-AsJob]
   [-Tag <Hashtable>]
   [-LoadBalancerAllocatedOutboundPort <Int32>]
   [-LoadBalancerManagedOutboundIpCount <Int32>]
   [-LoadBalancerOutboundIp <String[]>]
   [-LoadBalancerOutboundIpPrefix <String[]>]
   [-LoadBalancerIdleTimeoutInMinute <Int32>]
   [-ApiServerAccessAuthorizedIpRange <String[]>]
   [-EnableApiServerAccessPrivateCluster]
   [-ApiServerAccessPrivateDnsZone <String>]
   [-EnableApiServerAccessPrivateClusterPublicFQDN]
   [-FqdnSubdomain <String>]
   [-EnableManagedIdentity]
   [-AssignIdentity <String>]
   [-AutoUpgradeChannel <String>]
   [-DiskEncryptionSetID <String>]
   [-DisableLocalAccount]
   [-HttpProxy <String>]
   [-HttpsProxy <String>]
   [-HttpProxyConfigNoProxyEndpoint <String[]>]
   [-HttpProxyConfigTrustedCa <String>]
   [-AksCustomHeader <Hashtable>]
   [-AadProfile <ManagedClusterAADProfile>]
   [-WindowsProfileAdminUserPassword <SecureString>]
   [-EnableAHUB]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [-SubscriptionId <String>]
   [<CommonParameters>]

説明

新しい Azure Kubernetes Service (AKS) クラスターを作成します。

既定のパラメーターを使用して AKS を作成します。

New-AzAksCluster -ResourceGroupName myResourceGroup -Name myCluster

AKS に Windows Server コンテナーを作成します。

AKS で Windows Server コンテナーを作成するには、AKS の作成時に少なくとも 4 つの次のパラメーターを指定する必要があります。また、 NetworkPluginNodeVmSetType の値をそれぞれ azure し、 VirtualMachineScaleSets する必要があります。 -WindowsProfileAdminUserName *** -WindowsProfileAdminUserPassword *** -NetworkPlugin azure -NodeVmSetType VirtualMachineScaleSets

$cred = ConvertTo-SecureString -AsPlainText "Password!!123" -Force
New-AzAksCluster -ResourceGroupName myResourceGroup -Name myCluster -WindowsProfileAdminUserName azureuser -WindowsProfileAdminUserPassword $cred -NetworkPlugin azure -NodeVmSetType VirtualMachineScaleSets
New-AzAksNodePool -ResourceGroupName myResourceGroup -ClusterName myCluster -Name win1 -OsType Windows -VmSetType VirtualMachineScaleSets

LinuxOSConfig と KubeletConfig を使用して AKS クラスターを作成します。

AKS クラスターを作成するときに、kubelet と OS の構成を指定できます。 NodeLinuxOSConfigNodeKubeletConfigの種類は、それぞれMicrosoft.Azure.Management.ContainerService.Models.LinuxOSConfigし、Microsoft.Azure.Management.ContainerService.Models.KubeletConfigする必要があります。

$linuxOsConfigJsonStr = @'
            {
             "transparentHugePageEnabled": "madvise",
             "transparentHugePageDefrag": "defer+madvise",
             "swapFileSizeMB": 1500,
             "sysctls": {
              "netCoreSomaxconn": 163849,
              "netIpv4TcpTwReuse": true,
              "netIpv4IpLocalPortRange": "32000 60000"
             }
            }
'@
$linuxOsConfig = [Microsoft.Azure.Management.ContainerService.Models.LinuxOSConfig] ($linuxOsConfigJsonStr | ConvertFrom-Json)
$kubeletConfigStr = @'
            {
             "failSwapOn": false
            }
'@
$kubeletConfig = [Microsoft.Azure.Management.ContainerService.Models.KubeletConfig] ($kubeletConfigStr | ConvertFrom-Json)

New-AzAksCluster -ResourceGroupName myResourceGroup -Name myAKSCluster -NodeLinuxOSConfig $linuxOsConfig -NodeKubeletConfig $kubeletConfig

AutoScalerProfile を使用して AKS クラスターを作成します。

AKS クラスターを作成するときに、クラスター全体の自動スケーラー プロファイルの既定値を変更することで、クラスター オートスケーラーの詳細を構成できます。

$AutoScalerProfile=@{
    ScanInterval="30s"
    Expander="least-waste"
}
$AutoScalerProfile=[Microsoft.Azure.Management.ContainerService.Models.ManagedClusterPropertiesAutoScalerProfile]$AutoScalerProfile

New-AzAksCluster -ResourceGroupName myResourceGroup -Name myAKSCluster -AutoScalerProfile $AutoScalerProfile

AadProfile を使用して AKS クラスターを作成します。

AKS クラスターを作成するときに、AAD プロファイルを構成できます。

$AKSAdminGroup=New-AzADGroup -DisplayName myAKSAdminGroup -MailNickname myAKSAdminGroup
$AadProfile=@{
    managed=$true
    enableAzureRBAC=$false
    adminGroupObjectIDs=[System.Collections.Generic.List[string]]@($AKSAdminGroup.Id)
}
$AadProfile=[Microsoft.Azure.Management.ContainerService.Models.ManagedClusterAADProfile]$AadProfile

New-AzAksCluster -ResourceGroupName myResourceGroup -Name myAKSCluster -AadProfile $AadProfile

パラメーター

-AadProfile

Azure Active Directory の構成。

型:ManagedClusterAADProfile
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AcrNameToAttach

指定した ACR の 'acrpull' ロールを AKS サービス プリンシパルに付与します (例: myacr)

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AddOnNameToBeEnabled

クラスターの作成時に有効にするアドオン名。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AksCustomHeader

Kubernetes ネットワークの構築に使用される Aks カスタム ヘッダー。

型:Hashtable
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ApiServerAccessAuthorizedIpRange

Kubernetes API サーバーへのアクセスが許可されている IP 範囲。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ApiServerAccessPrivateDnsZone

クラスターのプライベート DNS ゾーン モード。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AsJob

バックグラウンドでコマンドレットを実行する

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AssignIdentity

クラスターのユーザー割り当てマネージド ID の ResourceId。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AutoScalerProfile

クラスター オートスケーラーに適用するパラメーター。

型:ManagedClusterPropertiesAutoScalerProfile
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AutoUpgradeChannel

自動アップグレードのアップグレード チャネル。 詳細については、https://learn.microsoft.com/azure/aks/upgrade-cluster#set-auto-upgrade-channel をご覧ください。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AvailabilityZone

クラスターの可用性ゾーン。 VirtualMachineScaleSets AgentPoolType を使用する必要があります。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

型:SwitchParameter
Aliases:cf
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DefaultProfile

Azure との通信のために使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプションです。

型:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DisableLocalAccount

マネージド クラスターでは、ローカル アカウントを無効にする必要があります。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DiskEncryptionSetID

暗号化を有効にするために使用するディスク暗号化セットのリソース ID。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DnsNamePrefix

クラスターの DNS 名プレフィックス。 ユーザーが Windows コンテナーを追加する予定の場合、長さは <= 9 にする必要があります。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DnsServiceIP

Kubernetes ネットワークの構築に使用される DNS サービス IP。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EdgeZone

エッジ ゾーンの名前。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableAHUB

Windows VM に対して Azure ハイブリッド ユーザー特典 (AHUB) を有効にするかどうかを指定します。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableApiServerAccessPrivateCluster

クラスターをプライベート クラスターとして作成するかどうか。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableApiServerAccessPrivateClusterPublicFQDN

プライベート クラスター用に追加のパブリック FQDN を作成するかどうか。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableEncryptionAtHost

ホスト ベースの OS とデータ ドライブを有効にするかどうか

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableFIPS

FIPS 対応 OS を使用するかどうか

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableManagedIdentity

マネージド ID を使用してクラスター リソース グループを管理する。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableNodeAutoScaling

自動スケーラーを有効にするかどうか

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableNodePublicIp

ノードのパブリック IP を有効にするかどうかを指定します。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableOidcIssuer

OIDC 発行者機能を適用するかどうかを指定します。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableRbac

Kubernetes ロールベースのアクセスを有効にするかどうか

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableUltraSSD

UltraSSD を有効にするかどうか

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-EnableUptimeSLA

アップタイム SLA を使用するかどうか。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Force

クラスターが既に存在する場合でも作成する

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-FqdnSubdomain

カスタム プライベート DNS ゾーンを持つプライベート クラスターの FQDN サブドメイン。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-GenerateSshKey

{HOME}/.ssh/id_rsa に ssh キー ファイルを生成します。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-GpuInstanceProfile

サポートされている GPU VM SKU の GPU MIG インスタンス プロファイルを指定するために使用される GpuInstanceProfile。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-HttpProxy

使用する HTTP プロキシ サーバー エンドポイント。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-HttpProxyConfigNoProxyEndpoint

プロキシを経由しないエンドポイント。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-HttpProxyConfigTrustedCa

プロキシ サーバーへの接続に使用する代替 CA 証明書。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-HttpsProxy

使用する HTTPS プロキシ サーバー エンドポイント

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-KubernetesVersion

クラスターの作成に使用する Kubernetes のバージョン。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-LinuxProfileAdminUserName

Linux Virtual Machines のユーザー名。

型:String
Aliases:AdminUserName
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-LoadBalancerAllocatedOutboundPort

VM ごとに割り当てられた SNAT ポートの必要な数。

型:Int32
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-LoadBalancerIdleTimeoutInMinute

必要な送信フローのアイドル タイムアウト (分単位)。

型:Int32
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-LoadBalancerManagedOutboundIpCount

クラスター ロード バランサーの必要なマネージド送信 IP 数。

型:Int32
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-LoadBalancerOutboundIp

クラスター ロード バランサーに必要な送信 IP リソース。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-LoadBalancerOutboundIpPrefix

クラスター ロード バランサーに必要な送信 IP プレフィックス リソース。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-LoadBalancerSku

マネージド クラスターのロード バランサー SKU。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Location

クラスターの Azure の場所。 既定値は、リソース グループの場所です。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Name

Kubernetes マネージド クラスター名。

型:String
配置:1
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NetworkPlugin

Kubernetes ネットワークの構築に使用されるネットワーク プラグイン。

型:String
配置:Named
規定値:azure
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NetworkPolicy

Kubernetes ネットワークの構築に使用されるネットワーク ポリシー。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeCount

ノード プールの既定のノード数。

型:Int32
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeHostGroupID

仮想マシンをプロビジョニングする専用ホスト グループの完全修飾リソース ID。作成シナリオでのみ使用され、設定後の変更は許可されません。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeKubeletConfig

エージェント プール ノード上の Kubelet 構成。

型:KubeletConfig
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeLinuxOSConfig

Linux エージェント ノードの OS 構成。

型:LinuxOSConfig
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeMaxCount

自動スケーリング用のノードの最大数

型:Int32
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeMaxPodCount

ノードで実行できるポッドの最大数。

型:Int32
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeMaxSurge

アップグレード中に急増したノードの最大数または割合。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeMinCount

自動スケーリング用のノードの最小数。

型:Int32
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeName

サブスクリプションとリソース グループのコンテキストにおけるエージェント プール プロファイルの一意の名前。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeOsDiskSize

ノード プール内の各ノードの OS ディスクのサイズ (GB 単位)。 最小 30 GB。

型:Int32
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeOsSKU

ノード プールの既定の OS SKU。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodePodSubnetID

起動時にポッドが参加するサブネットの ID。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodePoolLabel

Kubernetes ネットワークの構築に使用されるノード プール ラベル。

型:Hashtable
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodePoolMode

NodePoolMode は、ノード プールのモードを表します。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodePoolTag

エージェント プールの仮想マシン スケール セットに保持されるタグ。

型:Hashtable
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodePublicIPPrefixID

ノード プールのパブリック IP プレフィックスのリソース ID。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeResourceGroup

エージェント プールを含むリソース グループ。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeScaleSetEvictionPolicy

優先順位の低い仮想マシン スケール セットの削除ポリシーを指定するために使用される ScaleSetEvictionPolicy。 既定値は [削除] です。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeSetPriority

仮想マシン スケール セットの優先順位を指定するために使用される ScaleSetPriority。 既定値は標準です。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeVmSetType

AgentPoolType は、エージェント プールの種類を表します。 使用可能な値は、'VirtualMachineScaleSets'、'AvailabilitySet' です。

型:String
配置:Named
規定値:VirtualMachineScaleSets
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeVmSize

仮想マシンのサイズ。 既定値は Standard_D2_v2 です。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NodeVnetSubnetID

VNet SubnetID は、VNet のサブネット識別子を指定します。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-OutboundType

送信 (エグレス) ルーティング方法。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-PodCidr

Kubernetes ネットワークの構築に使用されるポッド cidr。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-PPG

近接通信配置グループの ID。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ResourceGroupName

リソース グループ名。

型:String
配置:0
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ServiceCidr

Kubernetes ネットワークの構築に使用されるサービス CIDR。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ServicePrincipalIdAndSecret

AAD アプリケーション/サービス プリンシパルに関連付けられているクライアント ID とクライアント シークレット。

型:PSCredential
配置:2
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-SshKeyValue

SSH キー ファイルの値またはキー ファイルのパス。 既定値は {HOME}/.ssh/id_rsa.pub です。

型:String
Aliases:SshKeyPath
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-SubnetName

VirtualNode アドオンのサブネット名。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-SubscriptionId

サブスクリプションの ID です。 既定では、コマンドレットは現在のコンテキストで設定されているサブスクリプションで実行されます。 ユーザーが別のサブスクリプションを指定した場合、現在のコマンドレットはユーザーが指定したサブスクリプションで実行されます。 サブスクリプションのオーバーライドは、現在のコマンドレットのライフサイクル中にのみ有効になります。 コンテキスト内のサブスクリプションは変更されず、後続のコマンドレットには影響しません。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Tag

リソースに適用するタグ

型:Hashtable
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

型:SwitchParameter
Aliases:wi
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-WindowsProfileAdminUserName

Windows VM に使用する管理者ユーザー名。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-WindowsProfileAdminUserPassword

Windows VM に使用する管理者パスワード。その長さは少なくとも 12 である必要があります。少なくとも 1 つの小文字 ( [a-z]、1 つの [A-Z] 、1 つの特殊文字 [!@#$%^&*()]を含む)。

型:SecureString
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-WorkspaceResourceId

監視アドオンのワークスペースのリソース ID。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

入力

None

出力

PSKubernetesCluster