次の方法で共有


New-AzCognitiveServicesAccountCommitmentPlan

Cognitive Services アカウントの CommitmentPlan を作成する

構文

New-AzCognitiveServicesAccountCommitmentPlan
   [-ResourceGroupName] <String>
   [-AccountName] <String>
   [-Name] <String>
   [-Properties] <CommitmentPlanProperties>
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

Cognitive Services アカウントの CommitmentPlan を作成する

例 1

New-AzCognitiveServicesAccountDeployment -ResourceGroupName cognitive-services-resource-group -AccountName resource-name -Name "plan" -Properties $properties

Cognitive Services アカウントの CommitmentPlan を作成します。CommitmentPlanProperties オブジェクトの作成に使用 New-AzCognitiveServicesObject できます。

パラメーター

-AccountName

Cognitive Services アカウント名。

型:String
Aliases:CognitiveServicesAccountName
配置:1
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

型:SwitchParameter
Aliases:cf
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DefaultProfile

Azure との通信のために使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプションです。

型:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Name

Cognitive Services アカウント名。

型:String
配置:2
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Properties

Cognitive Services CommitmentPlan プロパティ。

型:CommitmentPlanProperties
配置:3
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ResourceGroupName

リソース グループ名。

型:String
配置:0
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

型:SwitchParameter
Aliases:wi
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

入力

String

出力

CommitmentPlan