次の方法で共有


Set-AzCognitiveServicesAccount

アカウントを変更します。

構文

Set-AzCognitiveServicesAccount
   [-ResourceGroupName] <String>
   [-Name] <String>
   [-SkuName <String>]
   [-Tag <Hashtable[]>]
   [-CustomSubdomainName <String>]
   [-AssignIdentity]
   [-UserAssignedIdentityId <String[]>]
   [-IdentityType <IdentityType>]
   [-StorageAccountId <String[]>]
   [-CognitiveServicesEncryption]
   [-NetworkRuleSet <PSNetworkRuleSet>]
   [-PublicNetworkAccess <String>]
   [-DisableLocalAuth <Boolean>]
   [-RestrictOutboundNetworkAccess <Boolean>]
   [-AllowedFqdnList <String[]>]
   [-MultiRegionSetting <MultiRegionSettings>]
   [-ApiProperty <CognitiveServicesAccountApiProperties>]
   [-Force]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Set-AzCognitiveServicesAccount
   [-ResourceGroupName] <String>
   [-Name] <String>
   [-SkuName <String>]
   [-Tag <Hashtable[]>]
   [-CustomSubdomainName <String>]
   [-AssignIdentity]
   [-UserAssignedIdentityId <String[]>]
   [-IdentityType <IdentityType>]
   [-StorageAccountId <String[]>]
   [-KeyVaultEncryption]
   -KeyName <String>
   -KeyVersion <String>
   -KeyVaultUri <String>
   [-KeyVaultIdentityClientId <String>]
   [-NetworkRuleSet <PSNetworkRuleSet>]
   [-PublicNetworkAccess <String>]
   [-DisableLocalAuth <Boolean>]
   [-RestrictOutboundNetworkAccess <Boolean>]
   [-AllowedFqdnList <String[]>]
   [-MultiRegionSetting <MultiRegionSettings>]
   [-ApiProperty <CognitiveServicesAccountApiProperties>]
   [-Force]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

Set-AzCognitiveServicesAccount コマンドレットは、指定された Cognitive Services アカウントの SKU またはタグを変更します。

例 1

Set-AzCognitiveServicesAccount -ResourceGroupName cognitive-services-resource-group -name myluis -SkuName S0

ResourceGroupName : cognitive-services-resource-group
AccountName       : myluis
Id                : /subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/cognitive-services-resource-group/providers/Microsoft.Cog
                    nitiveServices/accounts/myluis
Endpoint          : https://westus.api.cognitive.microsoft.com/luis/v2.0
Location          : WESTUS
Sku               : Microsoft.Azure.Management.CognitiveServices.Models.Sku
AccountType       : LUIS
ResourceType      : Microsoft.CognitiveServices/accounts
Etag              : "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"
ProvisioningState : Succeeded
Tags              :

パラメーター

-AllowedFqdnList

許可されている FQDN の一覧。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ApiProperty

Cognitive Services アカウントの ApiProperties。 特定のアカウントの種類で必要です。

型:CognitiveServicesAccountApiProperties
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AssignIdentity

Azure KeyVault などのキー管理サービスで使用するために、このストレージ アカウントの新しい Cognitive Services アカウント ID を生成して割り当てます。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-CognitiveServicesEncryption

Cognitive Services アカウント暗号化 KeySource を Microsoft.CognitiveServices に設定するかどうか。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

型:SwitchParameter
Aliases:cf
配置:Named
規定値:False
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-CustomSubdomainName

Cognitive Services アカウント のサブドメインメイン名前。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション

型:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DisableLocalAuth

True の 場合は、ローカル認証方法を無効にします。

型:Nullable<T>[Boolean]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Force

ユーザーに確認せずに、直ちにコマンドを実行します。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-IdentityType

マネージド サービス ID の種類。

型:Nullable<T>[IdentityType]
指定可能な値:None, SystemAssigned, UserAssigned, SystemAssignedUserAssigned
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-KeyName

Cognitive Services アカウント暗号化 keySource KeyVault KeyName

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-KeyVaultEncryption

Cognitive Services アカウント暗号化 keySource を Microsoft.KeyVault に設定するかどうか。 KeyName、KeyVersion、KeyVaultUri を指定すると、Cognitive Services アカウント暗号化 KeySource も Microsoft.KeyVault 天気に設定されます。このパラメーターが設定されているかどうか。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-KeyVaultIdentityClientId

Cognitive Services アカウント暗号化の Azure KeyVault にアクセスするように IdentityClientId を設定します。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-KeyVaultUri

Cognitive Services アカウント暗号化 keySource KeyVault KeyVaultUri

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-KeyVersion

Cognitive Services アカウント暗号化 keySource KeyVault KeyVersion

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-MultiRegionSetting

マルチリージョン アカウントの複数リージョン設定。

型:MultiRegionSettings
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Name

変更するアカウントの名前を指定します。

型:String
Aliases:CognitiveServicesAccountName, AccountName
配置:1
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-NetworkRuleSet

NetworkRuleSet は、ファイアウォールと仮想ネットワークの構成規則のセットを定義したり、定義された規則のいずれにも一致しない要求を処理する方法などのネットワーク プロパティの値を設定したりするために使用されます。

型:PSNetworkRuleSet
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-PublicNetworkAccess

Cognitive Services アカウントのネットワーク アクセスの種類。

型:String
指定可能な値:Enabled, Disabled
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ResourceGroupName

アカウントが割り当てられているリソース グループの名前を指定します。

型:String
配置:0
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-RestrictOutboundNetworkAccess

True の 場合は、送信ネットワーク アクセスを制限します。

型:Nullable<T>[Boolean]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-SkuName

アカウントの SKU を指定します。 このパラメーターの有効値は、次のとおりです。

  • F0 (Free レベル)
  • S0
  • S1
  • S2
  • S3
  • S4
型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-StorageAccountId

ユーザー所有のストレージ アカウントの一覧。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Tag

タグを名前と値のペアとして指定します。

型:Hashtable[]
Aliases:Tags
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-UserAssignedIdentityId

新しい Cognitive Services アカウントユーザー割り当て ID のリソース ID を設定すると、その ID は Azure KeyVault などのキー管理サービスで使用されます。

型:String[]
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

型:SwitchParameter
Aliases:wi
配置:Named
規定値:False
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

入力

String

Hashtable[]

出力

PSCognitiveServicesAccount