次の方法で共有


New-AzVM

仮想マシンを作成します。

構文

New-AzVM
   [[-ResourceGroupName] <String>]
   [[-Location] <String>]
   [-EdgeZone <String>]
   [[-Zone] <String[]>]
   [-PublicIpSku <String>]
   -Name <String>
   -Credential <PSCredential>
   [-NetworkInterfaceDeleteOption <String>]
   [-VirtualNetworkName <String>]
   [-AddressPrefix <String>]
   [-SubnetName <String>]
   [-SubnetAddressPrefix <String>]
   [-PublicIpAddressName <String>]
   [-DomainNameLabel <String>]
   [-AllocationMethod <String>]
   [-SecurityGroupName <String>]
   [-OpenPorts <Int32[]>]
   [-Image <String>]
   [-Size <String>]
   [-AvailabilitySetName <String>]
   [-SystemAssignedIdentity]
   [-UserAssignedIdentity <String>]
   [-AsJob]
   [-OSDiskDeleteOption <String>]
   [-DataDiskSizeInGb <Int32[]>]
   [-DataDiskDeleteOption <String>]
   [-EnableUltraSSD]
   [-ProximityPlacementGroupId <String>]
   [-HostId <String>]
   [-VmssId <String>]
   [-Priority <String>]
   [-EvictionPolicy <String>]
   [-MaxPrice <Double>]
   [-EncryptionAtHost]
   [-HostGroupId <String>]
   [-SshKeyName <String>]
   [-GenerateSshKey]
   [-CapacityReservationGroupId <String>]
   [-UserData <String>]
   [-ImageReferenceId <String>]
   [-PlatformFaultDomain <Int32>]
   [-HibernationEnabled]
   [-vCPUCountAvailable <Int32>]
   [-vCPUCountPerCore <Int32>]
   [-DiskControllerType <String>]
   [-SharedGalleryImageId <String>]
   [-SecurityType <String>]
   [-EnableVtpm <Boolean>]
   [-EnableSecureBoot <Boolean>]
   [-IfMatch <String>]
   [-IfNoneMatch <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
New-AzVM
   [-ResourceGroupName] <String>
   [-Location] <String>
   [-EdgeZone <String>]
   [-VM] <PSVirtualMachine>
   [[-Zone] <String[]>]
   [-DisableBginfoExtension]
   [-Tag <Hashtable>]
   [-LicenseType <String>]
   [-AsJob]
   [-OSDiskDeleteOption <String>]
   [-DataDiskDeleteOption <String>]
   [-SshKeyName <String>]
   [-GenerateSshKey]
   [-vCPUCountAvailable <Int32>]
   [-vCPUCountPerCore <Int32>]
   [-IfMatch <String>]
   [-IfNoneMatch <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
New-AzVM
   [[-ResourceGroupName] <String>]
   [[-Location] <String>]
   [-EdgeZone <String>]
   [-PublicIpSku <String>]
   -Name <String>
   [-NetworkInterfaceDeleteOption <String>]
   [-VirtualNetworkName <String>]
   [-AddressPrefix <String>]
   [-SubnetName <String>]
   [-SubnetAddressPrefix <String>]
   [-PublicIpAddressName <String>]
   [-DomainNameLabel <String>]
   [-AllocationMethod <String>]
   [-SecurityGroupName <String>]
   [-OpenPorts <Int32[]>]
   -DiskFile <String>
   [-Linux]
   [-Size <String>]
   [-AvailabilitySetName <String>]
   [-SystemAssignedIdentity]
   [-UserAssignedIdentity <String>]
   [-AsJob]
   [-OSDiskDeleteOption <String>]
   [-DataDiskSizeInGb <Int32[]>]
   [-DataDiskDeleteOption <String>]
   [-EnableUltraSSD]
   [-ProximityPlacementGroupId <String>]
   [-HostId <String>]
   [-VmssId <String>]
   [-Priority <String>]
   [-EvictionPolicy <String>]
   [-MaxPrice <Double>]
   [-EncryptionAtHost]
   [-HostGroupId <String>]
   [-CapacityReservationGroupId <String>]
   [-UserData <String>]
   [-PlatformFaultDomain <Int32>]
   [-HibernationEnabled]
   [-vCPUCountAvailable <Int32>]
   [-vCPUCountPerCore <Int32>]
   [-IfMatch <String>]
   [-IfNoneMatch <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

New-AzVM コマンドレットは、Azure に仮想マシンを作成します。 このコマンドレットは、仮想マシン オブジェクトを入力として受け取ります。 New-AzVM コマンドレットは、ブート 診断用の新しいストレージ アカウントを作成します (まだ存在しない場合)。

New-AzVMConfig コマンドレットを使用して、仮想マシン オブジェクトを作成します。
次に、次のコマンドレットを使用して、仮想マシン オブジェクトのさまざまなプロパティを設定します。

例 1: 仮想マシンを作成する

New-AzVM -Name MyVm -Credential (Get-Credential)

VERBOSE: Use 'mstsc /v:myvm-222222.eastus.cloudapp.azure.com' to connect to the VM.

ResourceGroupName        : MyVm
Id                       : /subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/MyVm/provi
ders/Microsoft.Compute/virtualMachines/MyVm
VmId                     : 11111111-1111-1111-1111-111111111111
Name                     : MyVm
Type                     : Microsoft.Compute/virtualMachines
Location                 : eastus
Tags                     : {}
HardwareProfile          : {VmSize}
NetworkProfile           : {NetworkInterfaces}
OSProfile                : {ComputerName, AdminUsername, WindowsConfiguration, Secrets}
ProvisioningState        : Succeeded
StorageProfile           : {ImageReference, OsDisk, DataDisks}
FullyQualifiedDomainName : myvm-222222.eastus.cloudapp.azure.com

このサンプル スクリプトは、仮想マシンを作成する方法を示しています。 スクリプトによって、VM のユーザー名とパスワードが求められます。 このスクリプトでは、他のいくつかのコマンドレットを使用します。

例 2: カスタム ユーザー イメージから仮想マシンを作成する

## VM Account
# Credentials for Local Admin account you created in the sysprepped (generalized) vhd image
$VMLocalAdminUser = "LocalAdminUser"
$VMLocalAdminSecurePassword = ConvertTo-SecureString "Password" -AsPlainText -Force
## Azure Account
$LocationName = "westus"
$ResourceGroupName = "MyResourceGroup"
# This a Premium_LRS storage account.
# It is required in order to run a client VM with efficiency and high performance.
$StorageAccount = "Mydisk"

## VM
$OSDiskName = "MyClient"
$ComputerName = "MyClientVM"
$OSDiskUri = "https://Mydisk.blob.core.windows.net/disks/MyOSDisk.vhd"
$SourceImageUri = "https://Mydisk.blob.core.windows.net/vhds/MyOSImage.vhd"
$VMName = "MyVM"
# Modern hardware environment with fast disk, high IOPs performance.
# Required to run a client VM with efficiency and performance
$VMSize = "Standard_DS3"
$OSDiskCaching = "ReadWrite"
$OSCreateOption = "FromImage"

## Networking
$DNSNameLabel = "mydnsname" # mydnsname.westus.cloudapp.azure.com
$NetworkName = "MyNet"
$NICName = "MyNIC"
$PublicIPAddressName = "MyPIP"
$SubnetName = "MySubnet"
$SubnetAddressPrefix = "10.0.0.0/24"
$VnetAddressPrefix = "10.0.0.0/16"

$SingleSubnet = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name $SubnetName -AddressPrefix $SubnetAddressPrefix
$Vnet = New-AzVirtualNetwork -Name $NetworkName -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Location $LocationName -AddressPrefix $VnetAddressPrefix -Subnet $SingleSubnet
$PIP = New-AzPublicIpAddress -Name $PublicIPAddressName -DomainNameLabel $DNSNameLabel -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Location $LocationName -AllocationMethod Dynamic
$NIC = New-AzNetworkInterface -Name $NICName -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Location $LocationName -SubnetId $Vnet.Subnets[0].Id -PublicIpAddressId $PIP.Id

$Credential = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($VMLocalAdminUser, $VMLocalAdminSecurePassword);

$securityTypeStnd = "Standard"
$VirtualMachine = New-AzVMConfig -VMName $VMName -VMSize $VMSize -SecurityType $securityTypeStnd 
$VirtualMachine = Set-AzVMOperatingSystem -VM $VirtualMachine -Windows -ComputerName $ComputerName -Credential $Credential -ProvisionVMAgent -EnableAutoUpdate
$VirtualMachine = Add-AzVMNetworkInterface -VM $VirtualMachine -Id $NIC.Id
$VirtualMachine = Set-AzVMOSDisk -VM $VirtualMachine -Name $OSDiskName -VhdUri $OSDiskUri -SourceImageUri $SourceImageUri -Caching $OSDiskCaching -CreateOption $OSCreateOption -Windows

New-AzVM -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Location $LocationName -VM $VirtualMachine -Verbose -Zone @("1")

この例では、既存の sys-prepped の一般化されたカスタム オペレーティング システム イメージを取得し、それにデータ ディスクを接続し、新しいネットワークをプロビジョニングして VHD をデプロイして実行します。 このスクリプトは、ユーザーの操作を必要とする Get-Credential を呼び出す代わりにローカル仮想マシン管理者の資格情報をインラインで使用するため、自動プロビジョニングに使用できます。 このスクリプトでは、Azure アカウントに既にログインしていることを前提としています。 Get-AzSubscription コマンドレットを使用して、ログインの状態を確認できます。

例 3: パブリック IP を使用せずに Marketplace イメージから VM を作成する

$VMLocalAdminUser = "LocalAdminUser"
$VMLocalAdminSecurePassword = ConvertTo-SecureString "password" -AsPlainText -Force
$LocationName = "eastus2"
$ResourceGroupName = "MyResourceGroup"
$ComputerName = "MyVM"
$VMName = "MyVM"
$VMSize = "Standard_DS3"

$NetworkName = "MyNet"
$NICName = "MyNIC"
$SubnetName = "MySubnet"
$SubnetAddressPrefix = "10.0.0.0/24"
$VnetAddressPrefix = "10.0.0.0/16"

$SingleSubnet = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name $SubnetName -AddressPrefix $SubnetAddressPrefix
$Vnet = New-AzVirtualNetwork -Name $NetworkName -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Location $LocationName -AddressPrefix $VnetAddressPrefix -Subnet $SingleSubnet
$NIC = New-AzNetworkInterface -Name $NICName -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Location $LocationName -SubnetId $Vnet.Subnets[0].Id

$Credential = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($VMLocalAdminUser, $VMLocalAdminSecurePassword);

$VirtualMachine = New-AzVMConfig -VMName $VMName -VMSize $VMSize
$VirtualMachine = Set-AzVMOperatingSystem -VM $VirtualMachine -Windows -ComputerName $ComputerName -Credential $Credential -ProvisionVMAgent -EnableAutoUpdate
$VirtualMachine = Add-AzVMNetworkInterface -VM $VirtualMachine -Id $NIC.Id
$VirtualMachine = Set-AzVMSourceImage -VM $VirtualMachine -PublisherName 'MicrosoftWindowsServer' -Offer 'WindowsServer' -Skus '2022-datacenter-azure-edition-core' -Version latest

New-AzVM -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Location $LocationName -VM $VirtualMachine -Verbose

このコマンドは、パブリック IP なしで Marketplace イメージから VM を作成します。

例 4: UserData 値を持つ VM を作成する:

# VM Account
$VMLocalAdminUser = "LocalAdminUser";
$VMLocalAdminSecurePassword = ConvertTo-SecureString "Password" -AsPlainText -Force;

# Azure Account
$LocationName = "eastus";
$ResourceGroupName = "MyResourceGroup";

# VM Profile & Hardware
$VMName = 'v' + $ResourceGroupName;
$domainNameLabel = "d1" + $ResourceGroupName;
$Credential = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($VMLocalAdminUser, $VMLocalAdminSecurePassword);

# Create UserData value
$text = "text for UserData";
$bytes = [System.Text.Encoding]::Unicode.GetBytes($text);
$userData = [Convert]::ToBase64String($bytes);

# Create VM
New-AzVM -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Name $VMName -Credential $Credential -DomainNameLabel $domainNameLabel -UserData $userData;
$vm = Get-AzVM -ResourceGroupName $ResourceGroupName -Name $VMName -UserData;

UserData 値は常に Base64 でエンコードする必要があります。

例 5: 別のリソース グループに既存のサブネットを持つ新しい VM を作成する

$UserName = "User"
$Password = ConvertTo-SecureString "############" -AsPlainText -Force
$psCred = New-Object System.Management.Automation.PSCredential($UserName, $Password)

$Vnet = $(Get-AzVirtualNetwork -ResourceGroupName ResourceGroup2 -Name VnetName)
$PIP = (Get-AzPublicIpAddress -ResourceGroupName ResourceGroup2 -Name PublicIPName)

$NIC = New-AzNetworkInterface -Name NICname -ResourceGroupName ResourceGroup2 -Location SouthCentralUS -SubnetId $Vnet.Subnets[1].Id -PublicIpAddressId $PIP.Id
$VirtualMachine = New-AzVMConfig -VMName VirtualMachineName -VMSize Standard_D4s_v3
$VirtualMachine = Set-AzVMOperatingSystem -VM $VirtualMachine -Windows -ComputerName computerName -Credential $psCred -ProvisionVMAgent -EnableAutoUpdate
$VirtualMachine = Add-AzVMNetworkInterface -VM $VirtualMachine -Id $NIC.Id
$VirtualMachine = Set-AzVMSourceImage -VM $VirtualMachine -PublisherName 'MicrosoftWindowsServer' -Offer 'WindowsServer' -Skus '2022-datacenter-azure-edition-core' -Version latest
New-AzVM -ResourceGroupName ResourceGroup1 -Location SouthCentralUS -VM $VirtualMachine

この例では、マーケットプレースから 1 つのリソース グループに Windows VM をデプロイし、別のリソース グループに既存のサブネットをデプロイします。

例 6: PlatformFaultDoメイン 値を持つ VMSS の一部として新しい VM を作成する。

$resourceGroupName= "ResourceGroupName";
$loc = 'eastus';
New-AzResourceGroup -Name $resourceGroupName -Location $loc -Force;

$domainNameLabel = "d1" + $resourceGroupName;
$vmname = "vm" + $resourceGroupName;
$platformFaultDomainVMDefaultSet = 2;
$vmssFaultDomain = 3;
$securePassword = <PASSWORD> | ConvertTo-SecureString -AsPlainText -Force;
$user = <USERNAME>;
$cred = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($user, $securePassword);
$vmssName = "vmss" + $resourceGroupName;

$vmssConfig = New-AzVmssConfig -Location $loc -PlatformFaultDomainCount $vmssFaultDomain;
$vmss = New-AzVmss -ResourceGroupName $resourceGroupName -Name $vmssName -VirtualMachineScaleSet $vmssConfig;

$vm = New-AzVM -ResourceGroupName $resourceGroupName -Name $vmname -Credential $cred -DomainNameLabel $domainNameLabel -PlatformFaultDomain $platformFaultDomainVMDefaultSet -VmssId $vmss.Id;

この例では、PlatformFaultDoメイン 値を持つ VMSS の一部として新しい VM を作成します。

例 7: -Image エイリアスを使用して VM を作成する。

$resourceGroupName= "<Resource Group Name>"
$loc = "<Azure Region>"
$domainNameLabel = "<Domain Name Label>"
$vmname = "<Virtual Machine Name>"
$securePassword = "<Password>" | ConvertTo-SecureString -AsPlainText -Force
$user = "<Username>"
$cred = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($user, $securePassword)

New-AzResourceGroup -Name $resourceGroupName -Location $loc -Force

# Create a VM using an Image alias.
$vmname = 'v' + $resourceGroupName
$domainNameLabel = "d" + $resourceGroupName
$vm = New-AzVM -ResourceGroupName $resourceGroupName -Name $vmname -Credential $cred -Image OpenSuseLeap154Gen2 -DomainNameLabel $domainNameLabel

$vm = Get-AzVM -ResourceGroupName $resourceGroupName -Name $vmname

この例では、-Image パラメーターを使用して新しい VM を作成し、VM に多くの既定値を指定します。

例 8: トラステッド起動 SecurityType 用の VM の作成。

$rgname = <Resource Group Name>;
$loc = "eastus";
 
New-AzResourceGroup -Name $rgname -Location $loc -Force;    
# VM Profile & Hardware       
$domainNameLabel1 = 'd1' + $rgname;
$vmsize = 'Standard_D4s_v3';
$vmname1 = 'v' + $rgname;
$imageName = "Win2022AzureEdition";
$disable = $false;
$enable = $true;
$securityType = "TrustedLaunch";

$password = <Password>;
$securePassword = $password | ConvertTo-SecureString -AsPlainText -Force;  
$user = <Username>;
$cred = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($user, $securePassword);

# VM creation using Simple parameterset
New-AzVM -ResourceGroupName $rgname -Location $loc -Name $vmname1 -Credential $cred -Size $vmsize -Image $imageName -DomainNameLabel $domainNameLabel1 -SecurityType $securityType;
$vm1 = Get-AzVM -ResourceGroupName $rgname -Name $vmname1;

# Verify Values
#$vm1.SecurityProfile.SecurityType "TrustedLaunch";
#$vm1.SecurityProfile.UefiSettings.VTpmEnabled $true;
#$vm1.SecurityProfile.UefiSettings.SecureBootEnabled $true;

この例では、TrustedLaunch セキュリティの種類を使用して新しい VM を作成し、既定で EnableSecureBoot と EnableVtpm にフラグを True に設定します。 信頼された起動 VM には Gen2 イメージが必要です。 詳細については、「信頼できる起動機能」ページをチェックしてください。

例 9: New-AzVMConfig を使用して、信頼できる起動が有効になっている VM を作成します。

$rgname = "<Resource Group Name>";
$loc = "<Azure Region>";
$vmname = 'vm' + $rgname;
$domainNameLabel = "d1" + $rgname;
$vnetname = "vn" + $rgname;
$vnetAddress = "10.0.0.0/16";
$subnetname = "slb" + $rgname;
$subnetAddress = "10.0.2.0/24";
$OSDiskName = $vmname + "-osdisk";
$NICName = $vmname+ "-nic";
$NSGName = $vmname + "-NSG";
$OSDiskSizeinGB = 128;
$VMSize = "Standard_DS2_v2";
$PublisherName = "MicrosoftWindowsServer";
$Offer = "WindowsServer";
$SKU = "2022-datacenter-azure-edition";
$version = "latest";
$password = "<Password>";
$securePassword = $password | ConvertTo-SecureString -AsPlainText -Force;  
$user = <Username>;
$cred = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($user, $securePassword);
# Network setup
$frontendSubnet = New-AzVirtualNetworkSubnetConfig -Name $subnetname -AddressPrefix $subnetAddress;
$vnet = New-AzVirtualNetwork -Name $vnetname -ResourceGroupName $rgname -Location $loc -AddressPrefix $vnetAddress -Subnet $frontendSubnet;
$nsgRuleRDP = New-AzNetworkSecurityRuleConfig -Name RDP  -Protocol Tcp  -Direction Inbound -Priority 1001 -SourceAddressPrefix * -SourcePortRange * -DestinationAddressPrefix * -DestinationPortRange 3389 -Access Allow;
$nsg = New-AzNetworkSecurityGroup -ResourceGroupName $RGName -Location $loc -Name $NSGName  -SecurityRules $nsgRuleRDP;
$nic = New-AzNetworkInterface -Name $NICName -ResourceGroupName $RGName -Location $loc -SubnetId $vnet.Subnets[0].Id -NetworkSecurityGroupId $nsg.Id -EnableAcceleratedNetworking;
# VM
$vmConfig = New-AzVMConfig -VMName $vmName -VMSize $VMSize;
Set-AzVMOperatingSystem -VM $vmConfig -Windows -ComputerName $vmName -Credential $cred;
Set-AzVMSourceImage -VM $vmConfig -PublisherName $PublisherName -Offer $Offer -Skus $SKU -Version $version ;
Add-AzVMNetworkInterface -VM $vmConfig -Id $nic.Id;
New-AzVM -ResourceGroupName $rgname -Location $loc -VM $vmConfig;
$vm = Get-AzVM -ResourceGroupName $rgname -Name $vmname;
# Verify $vm.SecurityProfile.SecurityType is TrustedLaunch
# Verify $vm.SecurityProfile.UefiSettings.SecureBootEnabled is true.
# Verify $vm.SecurityProfile.UefiSettings.VTpmEnabled is true.

この例では、有効な Gen2 イメージを持つ VM を作成し、Gen2 イメージを必要とする既定の TrustedLaunch を VM に許可する方法を示します。 詳細については、「信頼できる起動機能」ページをチェックしてください。

例 10: TrustedLaunch が既定で有効になっている VM を作成します。

$rgname = "<Resource Group Name>";
$loc = "<Azure Region>";
$vmname = 'vm' + $rgname;
$domainNameLabel = "d1" + $rgname;
$password = "<Password>";
$securePassword = $password | ConvertTo-SecureString -AsPlainText -Force;  
$user = <Username>;
$cred = New-Object System.Management.Automation.PSCredential ($user, $securePassword);
# Create VM
$vm = New-AzVM -ResourceGroupName $rgname -Name $vmname -Credential $cred -DomainNameLabel $domainNameLabel; 
$vm = Get-AzVM -ResourceGroupName $rgname -Name $vmname;
# Verify $vm.SecurityProfile.SecurityType is TrustedLaunch.
# Verify the $vm.StorageProfile.ImageReference.Sku has defaulted to "2022-datacenter-azure-edition", a Gen2 image.

この例では、最小限のパラメーターを使用した単純なコマンドレット呼び出しによって、Gen2 イメージを持つ TrustedLaunch が有効な VM になる方法を示します。 詳細については、「信頼できる起動機能」ページをチェックしてください。

=======

パラメーター

-AddressPrefix

VM 用に作成される仮想ネットワークのアドレス プレフィックス。

Type:String
Position:Named
Default value:192.168.0.0/16
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-AllocationMethod

VM 用に作成されるパブリック IP の IP 割り当て方法。

Type:String
Accepted values:Static, Dynamic
Position:Named
Default value:Static
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-AsJob

バックグラウンドでコマンドレットを実行し、進行状況を追跡するジョブを返します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-AvailabilitySetName

可用性セットの名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-CapacityReservationGroupId

割り当てに使用される容量予約グループの ID。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Credential

VM の管理者資格情報。

ユーザー名
制限:
Windows: 特殊文字 /""[]:|<>+=;,?*@> または末尾が "."
Linux: ユーザー名には文字、数字、ハイフン、アンダースコアのみを含める必要があり、ハイフンまたは数字で始めてはなりません。
許可されていない値: "administrator"、"admin"、"user"、"user1"、"test"、"user2"、"test1"、"user3"、"admin1"、 "1"、"123"、"a"、"actuser"、"adm"、"admin2"、"aspnet"、"backup"、"console"、"david"、"guest"、"john"、"owner"、"root"、"server"、"sql"、"support"、"support_388945a0"、"sys"、"test2"、"test3"、"user4"、"user5"。
最小長: 1 文字
最大長: Windows の場合は 20 文字、Linux の場合は 64 文字

パスワード
小文字 1 文字、大文字 1 文字、数字 1 文字、特殊文字 1 文字のうち 3 文字を指定する必要があります。
値の長さは 12 ~ 123 文字にする必要があります。

Type:PSCredential
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DataDiskDeleteOption

VM の削除後のデータ ディスク削除オプションを指定します。 [デタッチ]、[削除] のオプション

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DataDiskSizeInGb

データ ディスクのサイズを GB 単位で指定します。

Type:Int32[]
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DisableBginfoExtension

このコマンドレットが仮想マシンに BG Info 拡張機能をインストールしないことを示します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DiskControllerType

VM と VirtualMachineScaleSet 用に構成されたディスク コントローラーの種類を指定します。 このプロパティは、オペレーティング システム ディスクと VM SKU が第 2 世代 (https://learn.microsoft.com/en-us/azure/virtual-machines/generation-2) をサポートする仮想マシンでのみサポートされます。リージョンの Microsoft.Compute SKU API の応答で VM SKU 機能の一部として返される HyperVGenerations 機能に V2 (https://learn.microsoft.com/rest/api/compute/resourceskus/list) が含まれているチェックしてください。
サポートされているディスク コントローラーの種類の詳細については、以下を https://aka.ms/azure-diskcontrollertypes参照してください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DiskFile

クラウドにアップロードする仮想ハード ディスク ファイルと VM を作成するためのローカル パス。サフィックスとして '.vhd' が必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DomainNameLabel

VM の完全修飾 doメイン 名 (FQDN) のサブドメインメイン ラベル。 この形式 {domainNameLabel}.{location}.cloudapp.azure.comになります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-EdgeZone

エッジ ゾーン名を設定します。 設定すると、クエリは、メインリージョンではなく、指定したエッジゾーンにルーティングされます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-EnableSecureBoot

仮想マシンでセキュア ブートを有効にするかどうかを指定します。

Type:Nullable<T>[Boolean]
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-EnableUltraSSD

VM に UltraSSD ディスクを使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-EnableVtpm

仮想マシンで vTPM を有効にするかどうかを指定します。

Type:Nullable<T>[Boolean]
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-EncryptionAtHost

EncryptionAtHost プロパティは、要求のユーザーが仮想マシンまたは仮想マシン スケール セットの Host Encryption を有効または無効にするために使用できます。 これにより、ホスト自体のリソース/一時ディスクを含むすべてのディスクの暗号化が有効になります。 既定値: リソースに対してこのプロパティが true に設定されていない限り、ホストでの暗号化は無効になります。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-EvictionPolicy

Azure スポット仮想マシンの削除ポリシー。 サポートされている値は、"割り当て解除" と "削除" です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-GenerateSshKey

SSH 公開キーと秘密キーのペアを生成し、Azure で SSH 公開キー リソースを作成します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-HibernationEnabled

VM の休止機能を有効または無効にするフラグ。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-HostGroupId

仮想マシンが存在する専用ホスト グループを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-HostId

ホストの ID

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-IfMatch

PUT およびその他の安全でないメソッドの条件付き要求を行うために使用されます。 サーバーは、リソースが一覧表示されている ETag 値のいずれかに一致する場合にのみ、要求されたリソースを返します。 現在のリソースを常に上書きするには、この値を省略します。 同時変更が誤って上書きされないように、最後に表示された ETag 値を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-IfNoneMatch

GET メソッドと HEAD メソッドの条件付き要求を行うために使用されます。 サーバーは、リストされている ETag 値が現在のエンティティと一致しない場合にのみ、要求されたリソースを返します。 GET メソッドと HEAD メソッドの条件付き要求を行うために使用されます。 サーバーは、リストされている ETag 値が現在のエンティティと一致しない場合にのみ、要求されたリソースを返します。 新しいレコード セットの作成を許可するが、既存のレコード セットを更新できないようにするには、'*' に設定します。 その他の値はサポートされていないため、サーバーからエラーが発生します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Image

VM がビルドされるフレンドリ イメージ名。 使用可能なエイリアスは次のとおりです。Win2022AzureEdition、 Win2022AzureEditionCore、Win2019Datacenter、Win2016Datacenter、Win2012R2Datacenter、Win2012Datacenter、Ubuntu2204、CentOS85Gen2、Debian11、OpenSuseLeap154Gen2、RHELRaw8LVMGen2、SuseSles15SP3、FlatcarLinuxFreeGen2。

Type:String
Aliases:ImageName
Position:Named
Default value:Win2016Datacenter
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ImageReferenceId

VM デプロイの共有ギャラリー イメージの一意の ID を指定しました。 これは、共有ギャラリー イメージの GET 呼び出しからフェッチできます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-LicenseType

ライセンスの種類を指定します。これは、仮想マシンのイメージまたはディスクがオンプレミスでライセンスされたことを示します。 Windows Server に使用できる値は次のとおりです。

  • Windows_Client
  • Windows_Server

Linux Server オペレーティング システムで使用できる値は次のとおりです。

  • RHEL_BYOS (RHEL の場合)
  • SLES_BYOS (SU の場合Standard Edition)
Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Linux

ディスク ファイルが Linux VM 用かどうかを示します (指定されている場合)。または Windows (既定で指定されていない場合)。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Location

仮想マシンの場所を指定します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-MaxPrice

優先順位の低い仮想マシンの課金の最大価格。

Type:Double
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Name

VM リソースの名前。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-NetworkInterfaceDeleteOption

VM が削除されたときに NetworkInterface リソースに対して実行するアクションを指定します。 オプションは[デタッチ]、[削除]です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-OpenPorts

作成された VM のネットワーク セキュリティ グループ (NSG) で開くポートの一覧。 既定値は、選択したイメージの種類 (Windows: 3389、5985、Linux: 22) によって異なります。

Type:Int32[]
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-OSDiskDeleteOption

VM の削除後の OS ディスク削除オプションを指定します。 [デタッチ]、[削除] のオプション

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PlatformFaultDomain

仮想マシンの障害の実行メインを指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Priority

仮想マシンの優先順位。 サポートされている値は、'Regular'、'Spot'、'Low' のみです。 "Regular" は通常の仮想マシン用です。 "スポット" はスポット仮想マシン用です。 'Low' はスポット仮想マシン用でもありますが、'Spot' に置き換えられます。 'Low' の代わりに 'Spot' を使用してください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ProximityPlacementGroupId

この仮想マシンで使用する近接通信配置グループのリソース ID。

Type:String
Aliases:ProximityPlacementGroup
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PublicIpAddressName

使用する作成済み VM の新しい (または既存の) パブリック IP アドレスの名前。 指定しない場合は、名前が生成されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PublicIpSku

パブリック IP SKU 名を指定します

使用できる値は "Basic" と "Standard" です

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ResourceGroupName

リソース グループの名前を指定します。

Type:String
Position:0
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SecurityGroupName

使用する作成済み VM の新しい (または既存の) ネットワーク セキュリティ グループ (NSG) の名前。 指定しない場合は、名前が生成されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SecurityType

仮想マシンの SecurityType を指定します。 Uefi設定 を有効にするには、指定した値に設定する必要があります。 既定では、このプロパティが設定されていない限り、Uefi設定 は有効になりません。

Type:String
Accepted values:TrustedLaunch, ConfidentialVM, Standard
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-SharedGalleryImageId

VM デプロイの共有ギャラリー イメージの一意の ID を指定しました。 これは、共有ギャラリー イメージの GET 呼び出しからフェッチできます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Size

仮想マシンのサイズ。 Get-AzComputeResourceSku を使用して、サブスクリプションとリージョンで使用可能なサイズを確認できます。
既定値は Standard_D2s_v3 です。

Type:String
Position:Named
Default value:Standard_D2s_v3
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SshKeyName

SSH 公開キー リソースの名前。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SubnetAddressPrefix

VM 用に作成されるサブネットのアドレス プレフィックス。

Type:String
Position:Named
Default value:192.168.1.0/24
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SubnetName

使用する作成済み VM の新しい (または既存の) サブネットの名前。 指定しない場合は、名前が生成されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SystemAssignedIdentity

パラメーターが存在する場合、VM には自動生成されるマネージド システム ID が割り当てられます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Tag

リソースとリソース グループに一連の名前と値のペアをタグ付けできることを指定します。 リソースにタグを追加すると、リソースグループ間でリソースをグループ化し、独自のビューを作成できます。 各リソースまたはリソース グループには、最大で 15 個のタグを含めることができます。

Type:Hashtable
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-UserAssignedIdentity

VM に割り当てる必要があるマネージド サービス ID の名前。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-UserData

VM の UserData。base-64 でエンコードされます。 顧客はここでシークレットを渡すべきではありません。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-vCPUCountAvailable

VM で使用できる vCPU の数を指定します。 このプロパティが要求本文で指定されていない場合、既定の動作では、リージョン内の使用可能なすべての仮想マシン サイズを一覧表示する API 応答で公開されている VM サイズに対して使用可能な vCPU の値に設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-vCPUCountPerCore

vCPU と物理コアの比率を指定します。 要求本文でこのプロパティが指定されていない場合、既定の動作は、リージョンで使用可能なすべての仮想マシン サイズを一覧表示する API 応答で公開される VM サイズの vCPUsPerCore の値に設定されます。 このプロパティを 1 に設定すると、ハイパースレッディングが無効になります。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-VirtualNetworkName

作成された VM が使用する新しい (または既存の) 仮想ネットワークの名前。 指定しない場合は、名前が生成されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-VM

作成するローカル仮想マシンを指定します。 仮想マシン オブジェクトを取得するには、New-AzVMConfig コマンドレットを使用します。 その他のコマンドレットを使用して、Set-AzVMOperatingSystem、Set-AzVMSourceImage、Add-AzVMNetworkInterface などの仮想マシンを構成できます。

Type:PSVirtualMachine
Aliases:VMProfile
Position:2
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-VmssId

この VM が関連付けられる仮想マシン スケール セットの ID

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Zone

仮想マシンのゾーンを指定します。 複数のゾーンを取り込みますが、仮想マシンは複数の可用性ゾーンをサポートしていません。 使用できる値は、リージョンの機能によって異なります。 通常、使用できる値は 1、2、または 3 です。 Azure 可用性ゾーン詳細。

Type:String[]
Position:3
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

PSVirtualMachine

String[]

Hashtable

出力

PSAzureOperationResponse

PSVirtualMachine