次の方法で共有


Add-AzKeyVaultCertificateContact

証明書通知用の連絡先を追加します。

構文

Add-AzKeyVaultCertificateContact
   [-VaultName] <String>
   [-EmailAddress] <String[]>
   [-PassThru]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Add-AzKeyVaultCertificateContact
   [-InputObject] <PSKeyVault>
   [-EmailAddress] <String[]>
   [-PassThru]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
Add-AzKeyVaultCertificateContact
   [-ResourceId] <String>
   [-EmailAddress] <String[]>
   [-PassThru]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

Add-AzKeyVaultCertificateContact コマンドレットは、Azure Key Vault の証明書通知用のキー コンテナーの連絡先を追加します。 連絡先は、有効期限が近い証明書、更新された証明書などのイベントに関する更新プログラムを受け取ります。 これらのイベントは、証明書ポリシーによって決定されます。

例 1: キー コンテナー証明書の連絡先を追加する

Add-AzKeyVaultCertificateContact -VaultName "ContosoKV01" -EmailAddress "patti.fuller@contoso.com" -PassThru

Email                    VaultName
-----                    ---------
patti.fuller@contoso.com ContosoKV01

このコマンドは、ContosoKV01 キー コンテナーの証明書連絡先として Patti Fuller を追加し、"ContosoKV01" コンテナーの連絡先の一覧を返します。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

型:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
既定値:None
必須:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション

型:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
既定値:None
必須:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-EmailAddress

連絡先のメール アドレスを指定します。

型:String[]
Position:1
既定値:None
必須:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-InputObject

KeyVault オブジェクト。

型:PSKeyVault
Position:0
既定値:None
必須:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。 既定では、このコマンドレットによる出力はありません。

型:SwitchParameter
Position:Named
既定値:None
必須:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ResourceId

KeyVault リソース ID。

型:String
Position:0
既定値:None
必須:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-VaultName

キー コンテナーの名前を指定します。

型:String
Position:0
既定値:None
必須:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

型:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
既定値:None
必須:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

PSKeyVault

String

出力

PSKeyVaultCertificateContact