Set-AzApplicationGatewayHttpListenerCustomError

アプリケーション ゲートウェイの http リスナーでカスタム エラーを更新します。

構文

Set-AzApplicationGatewayHttpListenerCustomError
   -HttpListener <PSApplicationGatewayHttpListener>
   -StatusCode <String>
   -CustomErrorPageUrl <String>
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [<CommonParameters>]

説明

Set-AzApplicationGatewayHttpListenerCustomError コマンドレットは、アプリケーション ゲートウェイの http リスナーでカスタム エラーを更新します。

例 1: http リスナーからカスタム エラーを更新する

$customError502Url = "https://mycustomerrorpages.blob.core.windows.net/errorpages/502.htm"
$updatedlistener = Set-AzApplicationGatewayHttpListenerCustomError -HttpListener $listener01 -StatusCode HttpStatus502 -CustomErrorPageUrl $customError502Url

このコマンドは、http リスナー $listener 01 の http 状態コード 502 のカスタム エラーを更新し、更新されたリスナーを返します。

パラメーター

-CustomErrorPageUrl

アプリケーション ゲートウェイのお客様エラーのエラー ページ URL。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信のために使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプションです。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-HttpListener

Application Gateway Http リスナー

Type:PSApplicationGatewayHttpListener
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-StatusCode

アプリケーション ゲートウェイの顧客エラーの状態コード。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

PSApplicationGatewayHttpListener

出力

PSApplicationGatewayCustomError