Share via


Get-AzRecoveryServicesBackupItem

Backup のコンテナーから項目を取得します。

構文

Get-AzRecoveryServicesBackupItem
   [-Container] <ContainerBase>
   [[-Name] <String>]
   [[-ProtectionStatus] <ItemProtectionStatus>]
   [[-ProtectionState] <ItemProtectionState>]
   [-WorkloadType] <WorkloadType>
   [[-DeleteState] <ItemDeleteState>]
   [-FriendlyName <String>]
   [-VaultId <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-UseSecondaryRegion]
   [<CommonParameters>]
Get-AzRecoveryServicesBackupItem
   [-BackupManagementType] <BackupManagementType>
   [[-Name] <String>]
   [[-ProtectionStatus] <ItemProtectionStatus>]
   [[-ProtectionState] <ItemProtectionState>]
   [-WorkloadType] <WorkloadType>
   [[-DeleteState] <ItemDeleteState>]
   [-FriendlyName <String>]
   [-VaultId <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-UseSecondaryRegion]
   [<CommonParameters>]
Get-AzRecoveryServicesBackupItem
   [-Policy] <PolicyBase>
   [[-Name] <String>]
   [[-ProtectionStatus] <ItemProtectionStatus>]
   [[-ProtectionState] <ItemProtectionState>]
   [[-DeleteState] <ItemDeleteState>]
   [-FriendlyName <String>]
   [-VaultId <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-UseSecondaryRegion]
   [<CommonParameters>]

説明

Get-AzRecoveryServicesBackupItem コマンドレットは、コンテナー内の保護された項目の一覧と項目の保護状態を取得します。 Azure Recovery Services コンテナーに登録されているコンテナーには、保護できる項目を 1 つ以上含めることができます。 Azure 仮想マシンの場合、仮想マシン コンテナー内に存在できるバックアップ項目は 1 つだけです。 -VaultId パラメーターを使用してコンテナー コンテキストを設定します。

例 1: バックアップ コンテナーから項目を取得する

$vault = Get-AzRecoveryServicesVault -ResourceGroupName "resourceGroup" -Name "vaultName"
$Container = Get-AzRecoveryServicesBackupContainer -ContainerType AzureVM -FriendlyName "V2VM" -VaultId $vault.ID
$BackupItem = Get-AzRecoveryServicesBackupItem -Container $Container -WorkloadType AzureVM -VaultId $vault.ID

最初のコマンドは、AzureVM 型のコンテナーを取得し、$Container変数に格納します。 2 番目のコマンドは、$Containerで V2VM という名前のバックアップ項目を取得し、$BackupItem変数に格納します。

例 2: FriendlyName から Azure ファイル共有項目を取得する

$vault = Get-AzRecoveryServicesVault -ResourceGroupName "resourceGroup" -Name "vaultName"
$Container = Get-AzRecoveryServicesBackupContainer -ContainerType AzureStorage -FriendlyName "StorageAccount1" -VaultId $vault.ID
$BackupItem = Get-AzRecoveryServicesBackupItem -Container $Container -WorkloadType AzureFiles -VaultId $vault.ID -FriendlyName "FileShareName"

最初のコマンドは、AzureStorage 型のコンテナーを取得し、$Container変数に格納します。 2 番目のコマンドは、friendlyName パラメーターで渡された値と一致する friendlyName を持つバックアップ項目を取得し、$BackupItem変数に格納します。 FriendlyName パラメーターを使用すると、複数の Azure ファイル共有が返される可能性があります。 このような場合は、$BackupItemの結果セットで返される Name プロパティとして -Name パラメーターの値を渡して、コマンドレットを実行します。

パラメーター

-BackupManagementType

保護されているリソースのクラス。 このパラメーターの有効値は、次のとおりです。

  • AzureVM
  • Mab
  • AzureStorage
  • AzureWorkload
Type:BackupManagementType
Accepted values:AzureVM, MAB, AzureStorage, AzureWorkload
Position:1
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Container

このコマンドレットがバックアップ項目を取得するコンテナー オブジェクトを指定します。 AzureRmRecoveryServicesBackupContainer を取得するには、Get-AzRecoveryServicesBackupContainer コマンドレットを使用します。

Type:ContainerBase
Position:1
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DeleteState

アイテムの deletestate を指定します。このパラメーターに使用できる値は次のとおりです。

  • ToBeDeleted
  • NotDeleted
Type:ItemDeleteState
Accepted values:ToBeDeleted, NotDeleted
Position:6
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-FriendlyName

バックアップされた項目の FriendlyName

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Name

バックアップ項目の名前を指定します。 ファイル共有の場合は、保護されたファイル共有の一意の ID を指定します。

Type:String
Position:2
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Policy

保護ポリシー オブジェクト。

Type:PolicyBase
Position:1
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ProtectionState

保護の状態を指定します。 このパラメーターの有効値は、次のとおりです。

  • IRPending。 初期同期が開始されておらず、復旧ポイントがまだありません。
  • Protected. 保護は進行中です。
  • ProtectionError。 保護エラーが発生しました。
  • ProtectionStopped。 保護が無効になっています。
Type:ItemProtectionState
Accepted values:IRPending, ProtectionError, Protected, ProtectionStopped, BackupsSuspended
Position:4
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ProtectionStatus

コンテナー内の項目の全体的な保護状態を指定します。 このパラメーターの有効値は、次のとおりです。

  • Healthy
  • 異常
Type:ItemProtectionStatus
Accepted values:Healthy, Unhealthy
Position:3
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-UseSecondaryRegion

リージョン間復元のセカンダリ リージョンからのフィルター

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-VaultId

Recovery Services コンテナーの ARM ID。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-WorkloadType

リソースのワークロードの種類。 このパラメーターの有効値は、次のとおりです。

  • AzureVM
  • AzureFiles
  • MSSQL
  • FileFolder
  • SAPHanaDatabase
Type:WorkloadType
Accepted values:AzureVM, AzureFiles, MSSQL, FileFolder, SAPHanaDatabase
Position:5
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

ContainerBase

String

出力

ItemBase