次の方法で共有


Unregister-AzRecoveryServicesBackupContainer

コンテナーから Windows Server またはその他のコンテナーの登録を解除します。

構文

Unregister-AzRecoveryServicesBackupContainer
          [-Container] <ContainerBase>
          [-PassThru]
          [-Force]
          [-VaultId <String>]
          [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
          [-WhatIf]
          [-Confirm]
          [<CommonParameters>]

説明

Unregister-AzRecoveryServicesBackupContainer コマンドレットは、コンテナーから Windows Server またはその他のバックアップ コンテナーの登録を解除します。 このコマンドレットは、コンテナーへの参照をコンテナーから削除します。 コンテナーの登録を解除する前に、そのコンテナーに関連付けられている保護されたデータをすべて削除する必要があります。 現在のコマンドレットを使用する前に、Set-AzRecoveryServicesVaultContext コマンドレットを使用してコンテナー コンテキストを設定します。

例 1: コンテナーから Windows Server の登録を解除する

$vault = Get-AzRecoveryServicesVault -ResourceGroupName "resourceGroup" -Name "vaultName"
$Cont = Get-AzRecoveryServicesBackupContainer -ContainerType "Windows" -BackupManagementType MAB -VaultId $vault.ID
Unregister-AzRecoveryServicesBackupContainer -Container $Cont

最初のコマンドは、コンテナーに登録されている server01.contoso.com という名前の Windows コンテナーを取得し、$Cont変数に格納します。 2 番目のコマンドは、Azure Backup コンテナーから指定された Windows Server の登録を解除します。

例 2

コンテナーから Windows Server またはその他のコンテナーの登録を解除します。 (自動生成)

Unregister-AzRecoveryServicesBackupContainer -Container $Cont -VaultId $vault.ID

例 3: コンテナーから MSSQL コンテナーの登録を解除する

$vault = Get-AzRecoveryServicesVault -ResourceGroupName "resourceGroup" -Name "vaultName"
$Cont = Get-AzRecoveryServicesBackupContainer -ContainerType AzureVMAppContainer -BackupManagementType AzureWorkload -VaultId $vault.ID | Where-Object { $_.Name -match "pstest-vm" }
Unregister-AzRecoveryServicesBackupContainer -Container $Cont

WorkloadName     Operation            Status               StartTime                 EndTime                   JobID
------------     ---------            ------               ---------                 -------                   -----
sql-pstest-vm2   UnRegister           Completed            1/3/2024 6:26:54 AM       1/3/2024 6:29:18 AM       f8626j98-8027-7h89-aa77-1a7ed83f5645

最初のコマンドは、コンテナーに登録されている "pstest-vm" のような名前のコンテナーを取得し、$Cont変数に格納します。 2 番目のコマンドは、Recovery Services コンテナーから指定されたバックアップ コンテナーの登録を解除し、バックアップ ジョブを出力して完了を監視および追跡します。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Container

登録解除するバックアップ コンテナー オブジェクトを指定します。 BackupContainer オブジェクトを取得するには、Get-AzRecoveryServicesBackupContainer コマンドレットを使用します。

Type:ContainerBase
Position:1
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Force

コンテナーの登録を強制的に解除します (確認ダイアログが表示されないようにします)。 このパラメーターは省略可能です。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PassThru

削除するコンテナーを返します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-VaultId

Recovery Services コンテナーの ARM ID。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

出力

ContainerBase