次の方法で共有


New-AzRedisCachePatchSchedule

パッチ スケジュールを追加します。

構文

New-AzRedisCachePatchSchedule
   [-ResourceGroupName <String>]
   -Name <String>
   -Entries <PSScheduleEntry[]>
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

New-AzRedisCachePatchSchedule コマンドレットは、Azure Redis Cache のキャッシュにパッチ スケジュールを追加します。

例 1: キャッシュにパッチ スケジュールを作成して追加する

New-AzRedisCachePatchSchedule -ResourceGroupName "ResourceGroup13" -Name "RedisCache06" -Entries @(New-AzRedisCacheScheduleEntry -DayOfWeek "Weekend" -StartHourUtc 2 -MaintenanceWindow "06:00:00")

このコマンドは、RedisCache06 という名前のキャッシュにパッチ スケジュールを追加します。 Entries パラメーターは、New-AzRedisCacheScheduleEntry を使用してスケジュールを作成するコマンドを値として受け取ります。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

型:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
既定値:None
必須:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション。

型:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
既定値:None
必須:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Entries

このコマンドレットがキャッシュに設定するスケジュールの配列を指定します。 PSScheduleEntry オブジェクトを取得するには、New-AzRedisCacheScheduleEntry コマンドレットを使用します。

型:PSScheduleEntry[]
Position:Named
既定値:None
必須:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Name

キャッシュの名前を指定します。

型:String
Position:Named
既定値:None
必須:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-ResourceGroupName

キャッシュを含むリソース グループの名前を指定します。

型:String
Position:Named
既定値:None
必須:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

型:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
既定値:None
必須:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

PSScheduleEntry[]

出力

PSScheduleEntry

メモ

  • キーワード: azure, azurerm, arm, リソース, 管理, マネージャー, redis, キャッシュ, Web, Web アプリ, Web サイト