New-AzResourceGroup

Azure リソース グループを作成します。

構文

New-AzResourceGroup
   [-Name] <String>
   [-Location] <String>
   [-Tag <Hashtable>]
   [-Force]
   [-ApiVersion <String>]
   [-Pre]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

New-AzResourceGroup コマンドレットは、Azure リソース グループを作成します。 名前と場所のみを使用してリソース グループを作成し、New-AzResource コマンドレットを使用してリソース グループに追加するリソースを作成できます。 既存のリソース グループにデプロイを追加するには、New-AzResourceGroupDeployment コマンドレットを使用します。 既存のリソース グループにリソースを追加するには、 New-AzResource コマンドレットを使用します。 Azure リソースは、データベース サーバー、データベース、Web サイトなどのユーザーが管理する Azure エンティティです。 Azure リソース グループは、ユニットとしてデプロイされる Azure リソースのコレクションです。

例 1: 空のリソース グループを作成する

New-AzResourceGroup -Name RG01 -Location "South Central US"

このコマンドは、リソースのないリソース グループを作成します。 New-AzResource コマンドレットまたは New-AzResourceGroupDeployment コマンドレットを使用して、リソースとデプロイをこのリソース グループに追加できます。

例 2: 位置指定パラメーターを使用して空のリソース グループを作成する

New-AzResourceGroup RG01 "South Central US"

このコマンドは、リソースのないリソース グループを作成します。

例 3: タグを使用してリソース グループを作成する

New-AzResourceGroup -Name RG01 -Location "South Central US" -Tag @{Empty=$null; Department="Marketing"}

このコマンドを実行すると、空のリソース グループが作成されます。 このコマンドは、リソース グループにタグを割り当てる点を除いて、例 1 のコマンドと同じです。 Empty という名前の最初のタグを使用して、リソースのないリソース グループを識別できます。 2 番目のタグは Department という名前で、マーケティングの値を持っています。 このようなタグを使用して、管理または予算作成用のリソース グループを分類できます。

パラメーター

-ApiVersion

リソース プロバイダーでサポートされる API バージョンを指定します。 既定のバージョンとは異なるバージョンを指定できます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Force

ユーザーに確認せずに、直ちにコマンドを実行します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Location

リソース グループの場所を指定します。 米国西部や東南アジアなど、Azure データ センターの場所を指定してください。 リソース グループは、任意の場所に配置できます。 リソース グループは、Azure サブスクリプションと同じ場所またはリソースと同じ場所に存在する必要はありません。 各リソースの種類をサポートする場所を確認するには、 ProviderNamespace パラメーターと共に Get-AzResourceProvider コマンドレットを使用します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Name

リソース グループの名前を指定します。 リソース名は、サブスクリプション内で一意である必要があります。 その名前のリソース グループが既に存在する場合は、既存のリソース グループを置き換える前に確認を求められます。

Type:String
Aliases:ResourceGroupName
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Pre

このコマンドレットで、使用するバージョンが自動的に決定されるときに、プレリリース API のバージョンが考慮されることを示します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Tag

ハッシュ テーブルの形式のキーと値のペア。 たとえば、@{key0="value0";key1=$null;key2="value2"} タグを追加または変更するには、リソース グループのタグのコレクションを置き換える必要があります。 リソースとグループにタグを割り当てた後、Get-AzResourceとGet-AzResourceGroupの Tag パラメーターを使用して、タグ名または名前と値でリソースとグループを検索できます。 タグを使用して、部門やコスト センターなどのリソースを分類したり、リソースに関するメモやコメントを追跡したりできます。 定義済みのタグを取得するには、Get-AzTag コマンドレットを使用します。

Type:Hashtable
Aliases:Tags
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

Hashtable

出力

PSResourceGroup