Share via


New-AzRmStorageShare

ストレージ ファイル共有を作成します。

構文

New-AzRmStorageShare
   [-ResourceGroupName] <String>
   [-StorageAccountName] <String>
   -Name <String>
   [-QuotaGiB <Int32>]
   [-Metadata <Hashtable>]
   [-AccessTier <String>]
   [-Snapshot]
   [-EnabledProtocol <String>]
   [-RootSquash <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
New-AzRmStorageShare
   -StorageAccount <PSStorageAccount>
   -Name <String>
   [-QuotaGiB <Int32>]
   [-Metadata <Hashtable>]
   [-AccessTier <String>]
   [-Snapshot]
   [-EnabledProtocol <String>]
   [-RootSquash <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

New-AzRmStorageShare コマンドレットは、ストレージ ファイル共有を作成します。

例 1: ストレージ アカウント名と共有名を持つストレージ ファイル共有を作成し、メタデータと共有クォータを 100 GiB として作成します。

New-AzRmStorageShare -ResourceGroupName "myresourcegroup" -StorageAccountName "mystorageaccount" -Name "myshare" -QuotaGiB 100 -Metadata @{"tag1" = "value1"; "tag2" = "value2" }

ResourceGroupName: myresourcegroup, StorageAccountName: mystorageaccount

Name     QuotaGiB EnabledProtocol AccessTier Deleted Version ShareUsageBytes
----     -------- --------------- ---------- ------- ------- ---------------
myshare

このコマンドは、メタデータを使用してストレージ ファイル共有を作成し、共有クォータを 100 GiB として作成します。

例 2: ストレージ アカウント オブジェクトを使用してストレージ ファイル共有を作成する

Get-AzStorageAccount -ResourceGroupName "myresourcegroup" -StorageAccountName "mystorageaccount" | New-AzRmStorageShare -Name "myshare"

ResourceGroupName: myresourcegroup, StorageAccountName: mystorageaccount

Name     QuotaGiB EnabledProtocol AccessTier Deleted Version ShareUsageBytes
----     -------- --------------- ---------- ------- ------- ---------------
myshare

このコマンドは、ストレージ アカウント オブジェクトと共有名を使用してストレージ ファイル共有を作成します。

例 3: accesstier をホットとして使用してストレージ ファイル共有を作成する

$share = New-AzRmStorageShare -ResourceGroupName "myresourcegroup" -StorageAccountName "mystorageaccount" -Name "myshare" -AccessTier Hot

   ResourceGroupName: myresourcegroup, StorageAccountName: mystorageaccount

Name     QuotaGiB EnabledProtocols AccessTier Deleted Version ShareUsageBytes
----     -------- ---------------- ---------- ------- ------- ---------------
myshare                            Hot

このコマンドは、accesstier をホットとして使用してストレージ ファイル共有を作成します。

例 4: 既存の共有のストレージ ファイル共有スナップショットを作成する

$shareSnapshot = New-AzRmStorageShare -ResourceGroupName "myresourcegroup" -StorageAccountName "mystorageaccount" -Name "myshare" -Snapshot

   ResourceGroupName: myresourcegroup, StorageAccountName: mystorageaccount

Name     QuotaGiB EnabledProtocols AccessTier Deleted Version ShareUsageBytes snapshotTime 
----     -------- ---------------- ---------- ------- ------- --------------- ------------   
myshare                                                                       2021-05-10T08:04:08

このコマンドは、既存の基本ファイル共有のストレージ ファイル共有スナップショットを作成します。

例 5: EnabledProtocol proeprty を NFS として使用してストレージ ファイル共有を作成し、RootSquash プロパティを NoRootSquash として作成する

$share = New-AzRmStorageShare -ResourceGroupName "myresourcegroup" -StorageAccountName "mystorageaccount" -Name "myshare" -EnabledProtocol NFS -RootSquash NoRootSquash 

$share

   ResourceGroupName: myresourcegroup, StorageAccountName: mystorageaccount

Name     QuotaGiB EnabledProtocols AccessTier Deleted Version ShareUsageBytes
----     -------- ---------------- ---------- ------- ------- ---------------
myshare           NFS

$share.RootSquash
NoRootSquash

このコマンドは、EnabledProtocol proeprty を NFS として、RootSquash proeprty を NoRootSquash として使用してストレージ ファイル共有を作成します。

パラメーター

-AccessTier

特定の共有のアクセス層。 StorageV2 アカウントでは、TransactionOptimized (既定)、ホット、クールを選択できます。 FileStorage アカウントでは、プレミアムを選択できます。

Type:String
Accepted values:TransactionOptimized, Premium, Hot, Cool
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信のために使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプションです。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-EnabledProtocol

ファイル共有のプロトコルを設定します。 ファイル共有の作成後に変更することはできません。 使用可能な値は、'S MB (メガバイト)'、'NFS' です。

Type:String
Accepted values:NFS, SMB
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Metadata

メタデータの共有

Type:Hashtable
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Name

Azure ファイル共有名

Type:String
Aliases:N, ShareName
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-QuotaGiB

ギビバイトでクォータを共有します。

Type:Int32
Aliases:Quota
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ResourceGroupName

リソース グループ名。

Type:String
Position:0
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-RootSquash

リモート スーパーユーザーのアクセス権の削減を設定します。 使用可能な値は、'NoRootSquash'、'RootSquash'、'AllSquash' です。

Type:String
Accepted values:NoRootSquash, RootSquash, AllSquash
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Snapshot

同じ名前の既存の共有のスナップショットを作成します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-StorageAccount

ストレージ アカウント オブジェクト

Type:PSStorageAccount
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-StorageAccountName

ストレージ アカウント名。

Type:String
Aliases:AccountName
Position:1
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

PSStorageAccount

出力

PSShare