New-AzureRmDiskConfig

構成可能なディスク オブジェクトを作成します。

注意

AzureRM PowerShell モジュールは、2024 年 2 月 29 日に廃止されます。 詳細については、Azure PowerShell を AzureRM から Az に移行するを参照してください。

廃止は、AzureRM PowerShell モジュールが非推奨になり、その後サポートを受け取る予定であることを示します。 これは本質的にモジュールが機能しなくなることを意味するものではありませんが、2024 年 2 月 29 日を超えるモジュールの使用は、ユーザーの判断とリスクに応じて、メイン維持または更新されなくなります。

構文

New-AzureRmDiskConfig
   [[-SkuName] <String>]
   [[-OsType] <OperatingSystemTypes>]
   [[-DiskSizeGB] <Int32>]
   [[-Location] <String>]
   [-Zone <String[]>]
   [-DiskIOPSReadWrite <Int32>]
   [-DiskMBpsReadWrite <Int32>]
   [-Tag <Hashtable>]
   [-CreateOption <String>]
   [-StorageAccountId <String>]
   [-ImageReference <ImageDiskReference>]
   [-SourceUri <String>]
   [-SourceResourceId <String>]
   [-EncryptionSettingsEnabled <Boolean>]
   [-DiskEncryptionKey <KeyVaultAndSecretReference>]
   [-KeyEncryptionKey <KeyVaultAndKeyReference>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

New-AzureRmDiskConfig コマンドレットは、構成可能なディスク オブジェクトを作成します。

例 1

PS C:\> $diskconfig = New-AzureRmDiskConfig -Location 'Central US' -DiskSizeGB 5 -AccountType StandardLRS -OsType Windows -CreateOption Empty -EncryptionSettingsEnabled $true;
PS C:\> $secretUrl = https://myvault.vault-int.azure-int.net/secrets/123/;
PS C:\> $secretId = '/subscriptions/0000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/ResourceGroup01/providers/Microsoft.KeyVault/vaults/TestVault123';
PS C:\> $keyUrl = https://myvault.vault-int.azure-int.net/keys/456;
PS C:\> $keyId = '/subscriptions/0000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/ResourceGroup01/providers/Microsoft.KeyVault/vaults/TestVault456';
PS C:\> $diskconfig = Set-AzureRmDiskDiskEncryptionKey -Disk $diskconfig -SecretUrl $secretUrl -SourceVaultId $secretId;
PS C:\> $diskconfig = Set-AzureRmDiskKeyEncryptionKey -Disk $diskconfig -KeyUrl $keyUrl -SourceVaultId $keyId;
PS C:\> New-AzureRmDisk -ResourceGroupName 'ResourceGroup01' -DiskName 'Disk01' -Disk $diskconfig;

最初のコマンドでは、ストレージ アカウントの種類にサイズ 5 GB のローカル空のディスク オブジェクトStandard_LRS作成します。 また、Windows OS の種類を設定し、暗号化設定を有効にします。 2 番目と 3 番目のコマンドは、ディスク オブジェクトのディスク暗号化キーとキー暗号化キーの設定を設定します。 最後のコマンドは、ディスク オブジェクトを取得し、リソース グループ 'ResourceGroup01' に 'Disk01' という名前のディスクを作成します。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-CreateOption

このコマンドレットで、プラットフォームまたはユーザー イメージから仮想マシンにディスクを作成するか、空のディスクを作成するか、既存のディスクを接続するかを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DiskEncryptionKey

ディスク上のディスク暗号化キー オブジェクトを指定します。

Type:KeyVaultAndSecretReference
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-DiskIOPSReadWrite

このディスクで許可される IOPS の数。UltraSSD ディスクに対してのみ設定できます。 1 つの操作で 4k から 256k バイトの間で転送できます。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-DiskMBpsReadWrite

このディスクで許可される帯域幅。UltraSSD ディスクに対してのみ設定できます。 MB (メガバイト)ps は、1 秒あたり数百万バイトを意味します。ここでMB (メガバイト)は ISO 表記 (10 の累乗) を使用します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-DiskSizeGB

ディスクのサイズを GB 単位で指定します。

Type:Int32
Position:2
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-EncryptionSettingsEnabled

暗号化設定を有効にします。

Type:Nullable<T>[Boolean]
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-ImageReference

ディスク上のイメージ参照を指定します。

Type:ImageDiskReference
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-KeyEncryptionKey

ディスク上のキー暗号化キーを指定します。

Type:KeyVaultAndKeyReference
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Location

場所を指定します。

Type:String
Position:3
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-OsType

OS の種類を指定します。

Type:Nullable<T>[OperatingSystemTypes]
Accepted values:Windows, Linux
Position:1
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-SkuName

ストレージ アカウントの SKU 名を指定します。 使用可能な値は、Standard_LRS、プレミアム_LRS、StandardSSD_LRS、およびUltraSSD_LRSです。 UltraSSD_LRSは、CreateOption パラメーターの空の値でのみ使用できます。

Type:String
Aliases:AccountType
Position:0
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-SourceResourceId

ソース リソース ID を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-SourceUri

ソース URI を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-StorageAccountId

ストレージ アカウント ID を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Tag

ハッシュ テーブルの形式のキーと値のペア。 例: @{key0="value0";key1=$null;key2="value2"}

Type:Hashtable
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Zone

ディスクの論理ゾーンの一覧を指定します。

Type:String[]
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

入力

String

Nullable<T>[[Microsoft.Azure.Management.Compute.Models.OperatingSystemTypes, Microsoft.Azure.Management.Compute, Version=21.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35]]

Int32

String[]

Hashtable

ImageDiskReference

Nullable<T>[[System.Boolean, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089]]

KeyVaultAndSecretReference

KeyVaultAndKeyReference

出力

PSDisk