Import-AzureRmRedisCache

BLOB から Azure Redis Cache にデータをインポートします。

重要

Az PowerShell モジュール で AzureRM PowerShell モジュールのすべての機能およびその他を利用できるようになったため、2024 年 2 月 29 日に AzureRM PowerShell モジュールは廃止になります。

サービスの中断を回避するために、2024 年 2 月 29 日までに、AzureRM PowerShell モジュールを使用するスクリプトを更新して、Az PowerShell モジュールを使用するようにしてください。 スクリプトを自動的に更新するには、 クイックスタート ガイドに従ってください。

構文

Import-AzureRmRedisCache
      [-ResourceGroupName <String>]
      -Name <String>
      -Files <String[]>
      [-Format <String>]
      [-Force]
      [-PassThru]
      [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]

説明

Import-AzureRmRedisCache コマンドレットは、BLOB から Azure Redis Cache にデータをインポートします。

例 1: データをインポートする

PS C:\>Import-AzureRmRedisCache -ResourceGroupName "ResourceGroup13" -Name "RedisCache06" -Files @("https://mystorageaccount.blob.core.windows.net/container22/blobname?sv=2015-04-05&sr=b&sig=caIwutG2uDa0NZ8mjdNJdgOY8%2F8mhwRuGNdICU%2B0pI4%3D&st=2016-05-27T00%3A00%3A00Z&se=2016-05-28T00%3A00%3A00Z&sp=rwd") -Force

このコマンドは、SAS URL で指定された BLOB から Azure Redis Cache にデータをインポートします。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Files

このコマンドレットがキャッシュにインポートするコンテンツを持つ BLOB の SAS URL を指定します。 SAS URL は、次の PowerShell コマンドを使用して生成できます。$storageAccountContext = New-AzureStorageContext -StorageAccountName "storageName" -StorageAccountKey "key" $sasKeyForBlob = New-AzureStorageBlobSASToken -Container "containerName" -blob "blobName" -Permission "rwdl" -StartTime ([System.DateTime]::Now)。AddMinutes(-15) -ExpiryTime ([System.DateTime]::Now)。AddHours(5) -Context $storageAccountContext -FullUri Import-AzureRmRedisCache -ResourceGroupName "ResourceGroupName" -Name "cacheName" -Files ($sasKeyForBlob) -Force

Type:String[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Force

ユーザーに確認せずに、直ちにコマンドを実行します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Format

BLOB の形式を指定します。 現在、rdb はサポートされている唯一の形式です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Name

キャッシュの名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-PassThru

このコマンドレットは、操作が成功したかどうかを示すブール値を返します。 既定では、このコマンドレットによる出力はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ResourceGroupName

キャッシュを含むリソース グループの名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

String[]

出力

Boolean

メモ

  • キーワード: azure, azurerm, arm, リソース, 管理, マネージャー, redis, キャッシュ, Web, Web, Web アプリ, Web サイト