New-MigrationBatch

このコマンドレットは、オンプレミスの Exchange およびクラウド ベースのサービスで使用できます。 一部のパラメーターおよび設定は、いずれかの環境専用となっている場合があります。

New-MigrationBatch コマンドレットを使用すると、複数のユーザーの新しい移行要求を送信できます。

以下の構文セクションのパラメーター セットの詳細については、「Exchangeのコマンドレット構文」を参照してください。

構文

New-MigrationBatch
   -Name <String>
   [-CSVData <Byte[]>]
   [-DisallowExistingUsers]
   [-WorkflowControlFlags <MigrationWorkflowControlFlags>]
   [-AdoptPreexisting]
   [-AllowIncrementalSyncs <Boolean>]
   [-AllowUnknownColumnsInCsv <Boolean>]
   [-ArchiveDomain <String>]
   [-ArchiveOnly]
   [-AutoComplete]
   [-AutoRetryCount <Int32>]
   [-AutoStart]
   [-AvoidMergeOverlap]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-ContentFilter <String>]
   [-ContentFilterLanguage <CultureInfo>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-ExcludeDumpsters]
   [-ExcludeFolders <MultiValuedProperty>]
   [-ForwardingDisposition <GmailForwardingDisposition>]
   [-IncludeFolders <MultiValuedProperty>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-Locale <CultureInfo>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-NotificationEmails <MultiValuedProperty>]
   [-Partition <MailboxIdParameter>]
   [-PrimaryOnly]
   [-RemoveOnCopy]
   [-RenamePrimaryCalendar]
   [-ReportInterval <Timespan>]
   [-SkipCalendar]
   [-SkipContacts]
   [-SkipMail]
   [-SkipMerging <MultiValuedProperty>]
   [-SkipMoving <MultiValuedProperty>]
   [-SkipReports]
   [-SkipRules]
   [-SkipSteps <SkippableMigrationSteps[]>]
   [-SourceEndpoint <MigrationEndpointIdParameter>]
   [-SourcePFPrimaryMailboxGuid <Guid>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-TargetArchiveDatabases <MultiValuedProperty>]
   [-TargetDatabases <MultiValuedProperty>]
   [-TargetDeliveryDomain <String>]
   [-TimeZone <ExTimeZoneValue>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
New-MigrationBatch
   -Name <String>
   -CSVData <Byte[]>
   [-DisallowExistingUsers]
   [-AdoptPreexisting]
   [-AllowIncrementalSyncs <Boolean>]
   [-AllowUnknownColumnsInCsv <Boolean>]
   [-ArchiveDomain <String>]
   [-ArchiveOnly]
   [-AutoComplete]
   [-AutoRetryCount <Int32>]
   [-AutoStart]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-Locale <CultureInfo>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-NotificationEmails <MultiValuedProperty>]
   [-Partition <MailboxIdParameter>]
   [-PrimaryOnly]
   [-RemoveOnCopy]
   [-ReportInterval <Timespan>]
   [-SkipMerging <MultiValuedProperty>]
   [-SkipMoving <MultiValuedProperty>]
   [-SkipReports]
   [-SkipSteps <SkippableMigrationSteps[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-TargetArchiveDatabases <MultiValuedProperty>]
   [-TargetDatabases <MultiValuedProperty>]
   [-TargetDeliveryDomain <String>]
   [-TargetEndpoint <MigrationEndpointIdParameter>]
   [-TimeZone <ExTimeZoneValue>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
New-MigrationBatch
   [-Local]
   -Name <String>
   -CSVData <Byte[]>
   [-DisallowExistingUsers]
   [-WorkloadType <RequestWorkloadType>]
   [-WorkflowControlFlags <MigrationWorkflowControlFlags>]
   [-AdoptPreexisting]
   [-AllowIncrementalSyncs <Boolean>]
   [-AllowUnknownColumnsInCsv <Boolean>]
   [-ArchiveOnly]
   [-AutoComplete]
   [-AutoRetryCount <Int32>]
   [-AutoStart]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-Locale <CultureInfo>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-NotificationEmails <MultiValuedProperty>]
   [-Partition <MailboxIdParameter>]
   [-PrimaryOnly]
   [-RemoveOnCopy]
   [-ReportInterval <Timespan>]
   [-SkipMoving <MultiValuedProperty>]
   [-SkipReports]
   [-SkipSteps <SkippableMigrationSteps[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-TargetArchiveDatabases <MultiValuedProperty>]
   [-TargetDatabases <MultiValuedProperty>]
   [-TimeZone <ExTimeZoneValue>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
New-MigrationBatch
   -Name <String>
   -CSVData <Byte[]>
   -SourcePublicFolderDatabase <DatabaseIdParameter>
   [-AllowIncrementalSyncs <Boolean>]
   [-AllowUnknownColumnsInCsv <Boolean>]
   [-AutoComplete]
   [-AutoRetryCount <Int32>]
   [-AutoStart]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-Locale <CultureInfo>]
   [-NotificationEmails <MultiValuedProperty>]
   [-Partition <MailboxIdParameter>]
   [-ReportInterval <Timespan>]
   [-SkipMerging <MultiValuedProperty>]
   [-SkipReports]
   [-SkipSteps <SkippableMigrationSteps[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-TimeZone <ExTimeZoneValue>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
New-MigrationBatch
   -Name <String>
   [-UserIds] <MultiValuedProperty>
   [-AllowIncrementalSyncs <Boolean>]
   [-AllowUnknownColumnsInCsv <Boolean>]
   [-AutoComplete]
   [-AutoRetryCount <Int32>]
   [-AutoStart]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-Confirm]
   [-DisableOnCopy]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-Locale <CultureInfo>]
   [-NotificationEmails <MultiValuedProperty>]
   [-Partition <MailboxIdParameter>]
   [-ReportInterval <Timespan>]
   [-SkipReports]
   [-SkipSteps <SkippableMigrationSteps[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-TimeZone <ExTimeZoneValue>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
New-MigrationBatch
   -Name <String>
   [-Users] <MultiValuedProperty>
   [-AllowIncrementalSyncs <Boolean>]
   [-AutoComplete]
   [-AutoRetryCount <Int32>]
   [-AutoStart]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-Confirm]
   [-DisableOnCopy]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-Locale <CultureInfo>]
   [-NotificationEmails <MultiValuedProperty>]
   [-Partition <MailboxIdParameter>]
   [-ReportInterval <Timespan>]
   [-SkipReports]
   [-SkipSteps <SkippableMigrationSteps[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-TimeZone <ExTimeZoneValue>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
New-MigrationBatch
   -Name <String>
   -CSVData <Byte[]>
   [-PublicFolderToUnifiedGroup]
   [-AllowIncrementalSyncs <Boolean>]
   [-AllowUnknownColumnsInCsv <Boolean>]
   [-AutoComplete]
   [-AutoRetryCount <Int32>]
   [-AutoStart]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-Locale <CultureInfo>]
   [-NotificationEmails <MultiValuedProperty>]
   [-Partition <MailboxIdParameter>]
   [-ReportInterval <Timespan>]
   [-SkipReports]
   [-SkipSteps <SkippableMigrationSteps[]>]
   [-SourceEndpoint <MigrationEndpointIdParameter>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-TimeZone <ExTimeZoneValue>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
New-MigrationBatch
   -Name <String>
   [-WorkflowTemplate <String>]
   [-AllowIncrementalSyncs <Boolean>]
   [-AllowUnknownColumnsInCsv <Boolean>]
   [-AutoComplete]
   [-AutoRetryCount <Int32>]
   [-AutoStart]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-Locale <CultureInfo>]
   [-NotificationEmails <MultiValuedProperty>]
   [-Partition <MailboxIdParameter>]
   [-ReportInterval <Timespan>]
   [-SkipReports]
   [-SkipSteps <SkippableMigrationSteps[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-TimeZone <ExTimeZoneValue>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

New-MigrationBatch コマンドレットを使用して、次の移行シナリオのいずれかで、メールボックスとメールボックス データを移行する移行バッチを作成します。

社内 Exchange 組織内の移動

  • ローカル移動: ローカル移動は、1 つのメールボックス データベースから別のメールボックス データベースにメールボックスを移動します。 ローカル移動は単一のフォレスト内で行われます。 詳細については、例 1 を参照してください。
  • フォレスト間エンタープライズ移動: フォレスト間エンタープライズ移動では、メールボックスは別のフォレストに移動されます。 フォレスト間移動は、メールボックスの移動先フォレストまたはメールボックスを現在ホストしている移動元フォレストのいずれかから開始されます。 詳細については、例 2 を参照してください。

Onboarding and offboarding in Exchange Online

  • リモート移動移行のオンボード: ハイブリッド展開では、オンプレミスの Exchange 組織からメールボックスをExchange Onlineに移動できます。 これは、メールボックスをExchange Onlineにオンボードするため、オンボードリモート移動移行とも呼ばれます。 詳細については、例 3 を参照してください。

  • オフボード リモート移動/移行: オフボード リモート移動/移行を実行することもできます。この移動/移行では、Exchange Online メールボックスを社内 Exchange 組織に移行します。 詳細については、「例 4」を参照してください。

    オンボードとオフボードの両方のリモート移動/移行は、Exchange Online 組織から開始します。

  • Exchange の一括移行: これは別の種類のオンボード移行であり、オンプレミスの Exchange 組織内のすべてのメールボックスをExchange Onlineに移行するために使用されます。 カットオーバー移行を使用して、最大 1,000 Exchange Server 2003、Exchange Server 2007、または Exchange Server 2010 メールボックスを移行できます。 Exchange の一括移行を実行すると、メールボックスはExchange Onlineで自動的にプロビジョニングされます。 詳細については、例 5 を参照してください。

  • 段階的な Exchange 移行: メールボックスの一部を、社内 Exchange 組織から Exchange Online に移行することもできます。 これは、別の種類のオンボーディング移行です。 Exchange 2010 以降のバージョンの Exchange からのメールボックスの移行は、段階的な移行を使用してサポートされていません。 段階的な移行を実行する前に、Exchange Online 組織内のメール ユーザーをプロビジョニングするため、ディレクトリ同期またはその他の方法を使用する必要があります。 詳細については、例 6 を参照してください。

  • IMAP 移行: このオンボード移行では、IMAP サーバー (Exchange を含む) から Exchange Online にメールボックス データを移行します。 IMAP 移行の場合は、メールボックス データを移行する前に、まずExchange Onlineでメールボックスをプロビジョニングする必要があります。 詳細については、例 7 を参照してください。

  • Google ワークスペース (旧称 G Suite) の移行: このオンボード移行の種類は、Google ワークスペース組織からExchange Onlineにメールボックス データを移行します。 Google ワークスペースを移行するには、メールボックス データを移行する前に、まずExchange Onlineでメール ユーザー (またはメールボックス) をプロビジョニングする必要があります。 詳細については、「例 10」を参照してください。

このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。

例 1

New-MigrationBatch -Local -Name LocalMove1 -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\LocalMove1.csv")) -TargetDatabases MBXDB2
Start-MigrationBatch -Identity LocalMove1

次の使用例は、指定された CSV ファイル内のメールボックスが別のメールボックス データベースに移動されるローカル移動の移行バッチを作成します。 この CSV ファイルには、移動されるメールボックスのメール アドレスを含む 1 つの列が含まれています。 この列のヘッダーには EmailAddress という名前を付ける必要があります。 この例の移行バッチは、Start-MigrationBatch コマンドレットまたは Exchange 管理センターを使用して手動で開始する必要があります。 または、AutoStart パラメーターを使用して、移行バッチを自動的に開始することもできます。

例 2

$Credentials = Get-Credential
$MigrationEndpointSource = New-MigrationEndpoint -ExchangeRemoteMove -Name Forest1Endpoint -Autodiscover -EmailAddress administrator@forest1.contoso.com -Credentials $Credentials
$CrossForestBatch = New-MigrationBatch -Name CrossForestBatch1 -SourceEndpoint $MigrationEndpointSource.Identity -TargetDeliveryDomain forest2.contoso.com -TargetDatabases MBXDB1 -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\CrossForestBatch1.csv"))
Start-MigrationBatch -Identity $CrossForestBatch.Identity

次の使用例は、フォレスト間の企業移動の移行バッチを作成します。ここで、CSV ファイルで指定されたメール ユーザーのメールボックスが別のフォレストに移動されます。 メールボックスが現在配置されているドメインを識別する新しい移行エンドポイントが作成されます。 エンドポイントは、移行バッチを作成するために使用されます。 移行バッチは Start-MigrationBatch コマンドレットで開始されます。 フォレスト間の移動は、メールボックスを移動するフォレストであるターゲット フォレストから開始されることに注意してください。

例 3

$Credentials = Get-Credential
$MigrationEndpointOnPrem = New-MigrationEndpoint -ExchangeRemoteMove -Name OnpremEndpoint -Autodiscover -EmailAddress administrator@onprem.contoso.com -Credentials $Credentials
$OnboardingBatch = New-MigrationBatch -Name RemoteOnBoarding1 -SourceEndpoint $MigrationEndpointOnprem.Identity -TargetDeliveryDomain contoso.mail.onmicrosoft.com -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\RemoteOnBoarding1.csv"))
Start-MigrationBatch -Identity $OnboardingBatch.Identity.Name

この例では、オンプレミスの Exchange 組織からExchange Onlineへのオンボードリモート移動移行用の移行バッチを作成します。 構文はフォレスト間移動の構文に似ていますが、Exchange Online組織から開始されます。 移行するメールボックスのソースの場所として社内組織をポイントする、新しい移行エンドポイントが作成されます。 このエンドポイントは、移行バッチの作成に使用されます。 移行バッチは Start-MigrationBatch コマンドレットで開始されます。

例 4

$Credentials = Get-Credential
$MigrationEndpointOnPrem = New-MigrationEndpoint -ExchangeRemoteMove -Name OnpremEndpoint -Autodiscover -EmailAddress administrator@onprem.contoso.com -Credentials $Credentials
$OffboardingBatch = New-MigrationBatch -Name RemoteOffBoarding1 -TargetEndpoint $MigrationEndpointOnprem.Identity -TargetDeliveryDomain onprem.contoso.com -TargetDatabases @(MBXDB01,MBXDB02,MBXDB03) -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\RemoteOffBoarding1.csv"))
Start-MigrationBatch -Identity $OffboardingBatch.Identity

この例では、Exchange Onlineからオンプレミスの Exchange 組織へのオフボードリモート移動移行用の移行バッチを作成します。 オンボードリモート移動と同様に、Exchange Online組織から開始されます。 最初に、社内組織への接続方法の情報を含む移行エンドポイントが作成されます。 移行バッチの作成時にこのエンドポイントを TargetEndpoint として使用し、Start-MigrationBatch コマンドレットで移行バッチを開始します。 TargetDatabases パラメーターは、メールボックスの移動先データベースとして移行サービスが選択できる、複数のオンプレミスのデータベースを指定します。

例 5

$credentials = Get-Credential
$SourceEndpoint = New-MigrationEndpoint -ExchangeOutlookAnywhere -Autodiscover -Name SourceEndpoint -EmailAddress administrator@contoso.com -Credentials $credentials
New-MigrationBatch -Name CutoverBatch -SourceEndpoint $SourceEndpoint.Identity -TimeZone "Pacific Standard Time" -AutoStart

次の使用例は、自動的に開始されるカットオーバー Exchange 移行 CutoverBatch の移行バッチを作成します。 この例では、オンプレミスの Exchange サーバーへの接続設定を取得し、それらの接続設定を使用して移行エンドポイントを作成します。 そしてそのエンドポイントを使用して、移行バッチが作成されます。 この例には、オプションの TimeZone パラメーターも含まれています。

例 6

$Credentials = Get-Credential
$MigrationEndpoint = New-MigrationEndpoint -ExchangeOutlookAnywhere -Name ContosoEndpoint -Autodiscover -EmailAddress administrator@contoso.com -Credentials $Credentials
$StagedBatch1 = New-MigrationBatch -Name StagedBatch1 -SourceEndpoint $MigrationEndpoint.Identity -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\StagedBatch1.csv"))
Start-MigrationBatch -Identity $StagedBatch1.Identity

この例では、段階的な Exchange 移行の移行バッチを作成して開始します。 この例では、New-MigrationEndpoint コマンドレットを使用してオンプレミスの Exchange サーバーの移行エンドポイントを作成し、そのエンドポイントを使用して移行バッチを作成します。 移行バッチは Start-MigrationBatch コマンドレットで開始されます。

例 7

New-MigrationEndpoint -IMAP -Name IMAPEndpoint1 -RemoteServer imap.contoso.com -Port 993
New-MigrationBatch -Name IMAPbatch1 -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\IMAPmigration_1.csv")) -SourceEndpoint IMAPEndpoint1 -ExcludeFolders "Deleted Items","Junk Email"

次の使用例は、IMAP サーバーへの接続設定の移行エンドポイントを作成します。 次に、CSV 移行ファイルIMAPmigration_1.csvを使用し、削除済みアイテムと迷惑メール Email フォルダーの内容を除外する IMAP 移行バッチが作成されます。 この移行バッチは、Start-MigrationBatch コマンドレットで開始されるまで保留中です。

例 8

$Credentials = Get-Credential
$MigrationEndpointOnPrem = New-MigrationEndpoint -ExchangeRemoteMove -Name OnpremEndpoint -Autodiscover -EmailAddress administrator@onprem.contoso.com -Credentials $Credentials
$OnboardingBatch = New-MigrationBatch -Name RemoteOnBoarding1 -SourceEndpoint $MigrationEndpointOnprem.Identity -TargetDeliveryDomain contoso.mail.onmicrosoft.com -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\RemoteOnBoarding1.csv")) -CompleteAfter "09/01/2018 7:00 PM"
Start-MigrationBatch -Identity $OnboardingBatch.Identity

この例は例 3 と同じですが、CompleteAfter パラメーターも使用されます。 バッチのデータ移行は開始されますが、2018 年 9 月 1 日午後 7:00 (UTC) まで完了しません。 この方法を使用すると、移行を開始し、タイム ゾーンが協定世界時の場合は、営業時間後に完了したままにできます。

例 9

$Credentials = Get-Credential
$MigrationEndpointOnPrem = New-MigrationEndpoint -ExchangeRemoteMove -Name OnpremEndpoint -Autodiscover -EmailAddress administrator@onprem.contoso.com -Credentials $Credentials
$OnboardingBatch = New-MigrationBatch -Name RemoteOnBoarding1 -SourceEndpoint $MigrationEndpointOnprem.Identity -TargetDeliveryDomain contoso.mail.onmicrosoft.com -CSVData ([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\RemoteOnBoarding1.csv")) -CompleteAfter "09/01/2018 7:00 PM" -TimeZone "Pacific Standard Time"
Start-MigrationBatch -Identity $OnboardingBatch.Identity

この例は例 8 と同じですが、TimeZone パラメーターも使用されます。 バッチのデータ移行は開始されますが、2018 年 9 月 1 日午後 7:00 (PST) まで完了しません。 この方法を使用すると、移行を開始し、タイム ゾーンが太平洋標準時の場合は、営業時間後に完了したままにできます。

例 10

$MigrationEndpointGmail = New-MigrationEndpoint -Gmail -ServiceAccountKeyFileData $([System.IO.File]::ReadAllBytes("C:\Users\Administrator\Desktop\gmailonboarding.json")) -EmailAddress admin@contoso.com -Name GmailEndpoint
$OnboardingBatch = New-MigrationBatch -SourceEndpoint $MigrationEndpointGmail.Identity -Name GmailBatch1 -CSVData $([System.IO.File]::ReadAll
Bytes("C:\Users\Administrator\Desktop\gmail.csv")) -TargetDeliveryDomain "o365.contoso.com" -ContentFilter "Received -ge '2019/4/30'" -Inc
ludeFolders "Payment"
Start-MigrationBatch -Identity $OnboardingBatch.Identity

Google ワークスペース移行バッチは、CSV 移行ファイルgmail.csvを使用して作成され、支払いラベルの内容が含まれており、"2019/4/30 00:00" (ローカル システム時刻) の後に受信したメールのみを移行します。 この移行バッチは、Start-MigrationBatch コマンドレットで開始されるまで保留中です。

パラメーター

-AdoptPreexisting

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

{{ Fill AdoptPreexisting Description }}

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-AllowIncrementalSyncs

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

AllowIncrementalSyncs パラメーターは、増分同期を有効にするか無効にするかを指定します。 有効な値は次のとおりです。

  • $true: 増分同期が有効になっています。 ソース メールボックスに送信された新しいメッセージは、24 時間ごとに対応するターゲット メールボックスにコピーされます。 これは既定の値です。
  • $false: 増分同期が無効になっています。 移行バッチは、初期同期が完了すると停止状態になります。 ローカル移動、フォレスト間移動、またはリモート移動の移行バッチを完了するには、Set-MigrationBatch コマンドレットを使用して増分同期を有効にする必要があります。
Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-AllowUnknownColumnsInCsv

AllowUnknownColumnsInCsv パラメーターは、移行で使用されない CSV ファイル内の余分な列を許可するかどうかを指定します。 有効な値は次のとおりです。

  • $true: 移行では、CSV ファイル内の不明な列が無視 (サイレント スキップ) されます (省略可能な列のスペルミスを含む)。 すべての不明な列は、移行で使用されない余分の列と同じように扱われます。
  • $false: CSV ファイルに不明な列がある場合、移行は失敗します。この設定は、列ヘッダーのスペル エラーから保護します。 これは既定の値です。
Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-ArchiveDomain

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

{{ Fill ArchiveDomain Description }}

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-ArchiveOnly

ArchiveOnly スイッチは、移行バッチ内のユーザーに対してアーカイブ メールボックスのみを移行することを指定します (プライマリ メールボックスは移行されません)。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチは、ローカル移動およびリモート移動の移行にのみ使用できます。

TargetArchiveDatabases パラメーターを使用すると、アーカイブ メールボックスを移行するデータベースを指定できます。 また、CSV ファイルでターゲットのアーカイブ データベースを指定することもできます。 ターゲット アーカイブ データベースを指定しない場合、このコマンドレットはメールボックス自動配布ロジックを使用してデータベースを選択します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-AutoComplete

AutoComplete スイッチは、メールボックスが初期同期を完了するとすぐに、個々のメールボックスの最終処理を強制します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチは、ローカル移動およびリモート移動の移行にのみ使用できます。

このスイッチを使用しない場合は、Complete-MigrationBatch コマンドレットを実行して、移行バッチを完了する必要があります。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-AutoRetryCount

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

AutoRetryCount パラメーターは、エラーが発生した、メールボックスを移行する移行バッチの再起動を試行する回数を指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-AutoStart

AutoStart スイッチは、新しい移行バッチの処理をすぐに開始します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチを使用しない場合は、Start-MigrationBatch コマンドレットを使用して、移行バッチを手動で開始する必要があります。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-AvoidMergeOverlap

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

{{ Fill AvoidMergeOverlap Description }}

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-BadItemLimit

BadItemLimit パラメーターは、移行要求が失敗する前に許可される無効な項目の最大数を指定します。 無効なアイテムとは、移動先メールボックスにコピーできない、移動元メールボックスにある破損したアイテムのことです。 無効なアイテムの制限の対象には、見つからないアイテムも含まれます。 不足しているアイテムは、移行要求を完了する準備ができたときにターゲット メールボックスに見つからないソース メールボックス内のアイテムです。

このパラメーターの有効な入力値は、整数または値 unlimited です。 既定値は 0 です。これは、不適切な項目が検出された場合に移行要求が失敗することを意味します。 いくつかの不適切な項目を残しても問題ない場合は、移行要求を続行できるように、このパラメーターを適切な値 (10 以下をお勧めします) に設定できます。 不適切な項目が多すぎることが検出された場合は、New-MailboxRepairRequest コマンドレットを使用して、ソース メールボックス内の破損したアイテムを修正し、移行要求を再試行することを検討してください。

: このパラメーターは、クラウドベースのサービスでは廃止される予定です。 今後、BadItemLimit パラメーターも LargeItemLimit パラメーターも指定されていない場合、移行では BadItemLimit セマンティクスの代わりにスキップされた項目承認セマンティクスが使用されます。

Type:Unlimited
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-CompleteAfter

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ機能します。

CompleteAfter パラメーターは、バッチが完了するまでの遅延を指定します。 バッチのデータ移行は開始されますが、完了は、このパラメーターで指定した日付/時刻まで開始されません。

コマンドを実行するコンピューターの [地域のオプション] 設定で定義されている短い日付形式を使用します。 たとえば、短い日付形式 mm/dd/yyyy を使用するようにコンピューターが構成されている場合は、「09/01/2018」と入力して 2018 年 9 月 1 日を指定します。 日付のみを入力したり、日付と時刻を入力することもできます。 日付と時刻を入力する場合は、値を引用符 (”) で囲む必要があります (例: "09/01/2018 5:00 PM")。

PowerShell Exchange Onlineで、タイム ゾーンを指定せずに日付/時刻の値を指定した場合、値は協定世界時 (UTC) になります。 値を指定するには、次のいずれかのオプションを使用します。

  • UTC で日付/時刻の値を指定します(例: "7/30/2020 9:00PM Z")。
  • ローカル タイム ゾーンで日付/時刻の値を指定します(例: "7/30/2020 9:00PM -700")。 TimeZone パラメーターを使用しない場合、値は UTC に変換されます。
Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-Confirm

Confirm スイッチは、確認プロンプトを表示するか非表示にするかを指定します。 このスイッチがコマンドレットにどのような影響を与えるかは、先に進む前にコマンドレットで確認が必要となるかどうかで決まります。

  • 破壊的なコマンドレット (Remove-* コマンドレットなど) には、続行する前にコマンドの確認を強制する組み込みの一時停止があります。 これらのコマンドレットでは、正確な構文-Confirm:$falseを使用して、確認プロンプトを省略できます。
  • 他のほとんどのコマンドレット (New-* コマンドレットや Set-* コマンドレットなど) には、一時停止が組み込まれています。 これらのコマンドレットの場合、値なしで Confirm スイッチを指定すると、先に進む前に、一時停止してコマンドを確認する必要があります。
Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-ContentFilter

このパラメーターは、IMAP 移行と Google ワークスペースの移行にクラウドベースのサービスでのみ使用できます。

ContentFilter パラメーターは、OPATH フィルター構文を使用して、受信時刻でメッセージをフィルター処理します。 ContentFilter パラメーターに一致するコンテンツのみが Exchange Online に移動されます。 例:

  • "Received -gt '8/23/2020'"
  • "Received -le '2019/01/01'"
  • "Received -gt '8/23/2015' -and Received -lt '8/23/2020'"

ContentFilterLanguage パラメーターを使用して言語を指定できます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-ContentFilterLanguage

このパラメーターは、IMAP 移行と Google ワークスペースの移行にクラウドベースのサービスでのみ使用できます。

ContentFilterLanguage パラメーターは、ContentFilter パラメーターで文字列検索に使用する言語を指定します。

このパラメーターの正しい入力は、Microsoft .NET Framework CultureInfo クラスでサポートされているカルチャ コード値です。 たとえば、デンマーク語の場合には da-DK、日本語の場合には ja-JP となります。 詳細については、「CultureInfo クラス」を参照してください。

Type:CultureInfo
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-CSVData

CSVData パラメーターは、移動または移行するユーザー メールボックスの情報が含まれる CSV ファイルを指定します。 CSV ファイルのヘッダー行にある必要な属性は、移行の種類に応じて異なります。 詳細については、「 メールボックス移行用の CSV ファイル」を参照してください。

このパラメーターの有効な値を使用するには、次の構文を使用して、ファイルをバイトエンコード されたオブジェクトに読み取る必要があります。 ([System.IO.File]::ReadAllBytes('<Path>\<FileName>')) このコマンドをパラメーター値として使用することも、変数 () に出力を書き込み、変数をパラメーター値 ($data = [System.IO.File]::ReadAllBytes('<Path>\<FileName>')$data) として使用することもできます。

: このパラメーターは、RBAC スコープに基づいてメールボックスの可用性を検証しません。 CSV ファイルで指定されたすべてのメールボックスは、メールボックスを移行するための管理者アクセス許可を付与する RBAC スコープ (OU など) の外部にある場合でも移行されます。

Type:Byte[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-DisableOnCopy

DisableOnCopy スイッチは、UserIds または Users パラメーターを使用して既存のバッチから新しいバッチにユーザーをコピーする場合、ユーザーの元の移行ジョブ項目を無効にします。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-DisallowExistingUsers

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

DisallowExistingUsers スイッチは、別の移行バッチで現在定義されているメールボックスの移行を禁止します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

移行先に既存のメールボックスがある場合に、検証の警告が表示されます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-DomainController

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

DomainController パラメーターは、このコマンドレットで Active Directory からのデータの読み取りまたは Active Directory へのデータの書き込みに使用されるドメイン コントローラーを指定します。 ドメイン コントローラーは、完全修飾ドメイン名 (FQDN) で識別します。 たとえば、dc01.contoso.com です。

Type:Fqdn
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-ExcludeDumpsters

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

ExcludeDumpsters スイッチは、回復可能なアイテム フォルダー (以前はダンプスターと呼ばれる) の内容を含めずにパブリック フォルダー メールボックスを移行するかどうかを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

この切り替えは、Exchange 2013 以降からExchange Onlineへのパブリック フォルダーの移行でのみ使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-ExcludeFolders

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

IMAP 移行または Google ワークスペースの移行の場合、ExcludeFolders パラメーターは、ソースメール システムからクラウドベースのメールボックスに移行しないメールボックス フォルダーを指定します。 値を文字列の配列として指定し、複数のフォルダー名をコンマで区切ります。

IMAP 移行の場合は、ソース メール サーバーの IMAP ルートを基準としたフォルダー名を使用します。 Google ワークスペースの移行では、ソース メール サーバーでラベル名を使用します。

社外メールボックスへのシングル サインオンを許可するように exADNoMk フェデレーション サービス (AD FS) を展開しており、サインオンのトークン要求に ExchangeGUID 以外の別の属性を使用するように AD FS を構成している場合、ImmutableId パラメーターを設定する必要があります。 社内外にまたがる exExchangeNoVersion 展開シナリオで適切な機能を確保するには、exExchangeNoVersion と AD FS の両方で同じユーザーに対して同じトークンを要求する必要があります。

<FolderName>/*: SourceRootFolder パラメーターで指定されたフォルダーの下にある個人用フォルダーを示すには、次の構文を使用します (例: MyProjects または MyProjects/FY2010)。

#<FolderName>#/*: 別の言語でフォルダーの名前に関係なく、既知のフォルダーを示すには、この構文を使用します。 たとえば、#Inbox# は、受信トレイがトルコ語 (Gelen Kutusu) にローカライズされている場合でも、受信トレイ フォルダーを表します。 既知のフォルダーには、次の種類があります。

  • ルート
  • 受信トレイ
  • SentItems
  • 送信トレイ
  • DeletedItems
  • 予定表
  • 連絡先
  • 下書き
  • ジャーナル
  • タスク
  • 注意事項
  • AllItems
  • JunkEmail
  • アーカイブ

ユーザーが既知のフォルダーと同じ名前の個人用フォルダーとその周囲のシンボルを # 作成する場合は、エスケープ文字として円記号 (\) を使用してそのフォルダーを指定できます。 たとえば、ユーザーが という名前 #Notes# のフォルダーを作成し、既知の Notes フォルダーではなくそのフォルダーを指定する場合は、次の構文を使用します \#Notes\#

個人用フォルダーの作成時に既知のフォルダー名を # 記号で囲んだものがフォルダー名として設定されている場合は、円記号 (\) をエスケープ文字として使用することで作成したフォルダーを指定できます。たとえば、#メモ# という名前のフォルダーが作成されている場合に、既知のメモ フォルダーではなく作成したフォルダーを指定したい場合は、以下の構文を使用します。\#Notes\#.

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-ForwardingDisposition

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

{{ Fill ForwardingDisposition Description }}

Type:GmailForwardingDisposition
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-IncludeFolders

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

IMAP 移行または Google ワークスペースの移行の場合、IncludeFolders パラメーターは、オンプレミスのメール システムからクラウドベースのメールボックスに移行するメールボックス フォルダーを指定します。 値を文字列の配列として指定し、複数のフォルダー名をコンマで区切ります。

IMAP 移行の場合は、ソース メール サーバーの IMAP ルートを基準としたフォルダー名を使用します。 Google ワークスペースの移行では、ソース メール サーバーでラベル名を使用します。

社外メールボックスへのシングル サインオンを許可するように exADNoMk フェデレーション サービス (AD FS) を展開しており、サインオンのトークン要求に ExchangeGUID 以外の別の属性を使用するように AD FS を構成している場合、ImmutableId パラメーターを設定する必要があります。 社内外にまたがる exExchangeNoVersion 展開シナリオで適切な機能を確保するには、exExchangeNoVersion と AD FS の両方で同じユーザーに対して同じトークンを要求する必要があります。

<FolderName>/*: SourceRootFolder パラメーターで指定されたフォルダーの下にある個人用フォルダーを示すには、次の構文を使用します (例: MyProjects または MyProjects/FY2010)。

#<FolderName>#/*: 別の言語でフォルダーの名前に関係なく、既知のフォルダーを示すには、この構文を使用します。 たとえば、#Inbox# は、受信トレイがトルコ語 (Gelen Kutusu) にローカライズされている場合でも、受信トレイ フォルダーを表します。 既知のフォルダーには、次の種類があります。

  • ルート
  • 受信トレイ
  • SentItems
  • 送信トレイ
  • DeletedItems
  • 予定表
  • 連絡先
  • 下書き
  • ジャーナル
  • タスク
  • 注意事項
  • AllItems
  • JunkEmail
  • アーカイブ

ユーザーが既知のフォルダーと同じ名前の個人用フォルダーとその周囲のシンボルを # 作成する場合は、エスケープ文字として円記号 (\) を使用してそのフォルダーを指定できます。 たとえば、ユーザーが という名前 #Notes# のフォルダーを作成し、既知の Notes フォルダーではなくそのフォルダーを指定する場合は、次の構文を使用します \#Notes\#

個人用フォルダーの作成時に既知のフォルダー名を # 記号で囲んだものがフォルダー名として設定されている場合は、円記号 (\) をエスケープ文字として使用することで作成したフォルダーを指定できます。たとえば、#メモ# という名前のフォルダーが作成されている場合に、既知のメモ フォルダーではなく作成したフォルダーを指定したい場合は、以下の構文を使用します。\#Notes\#.

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-LargeItemLimit

LargeItemLimit パラメーターは、移行要求が失敗する前に許可される大きな項目の最大数を指定します。 大きなアイテムとは、移行先メールボックスで許可される最大メッセージ サイズを超える移行元メールボックス内のメッセージのことです。 移行先メールボックスに具体的に構成された最大メッセージ サイズ値が設定されていない場合、組織全体用の値が使用されます。

最大メッセージ サイズ値の詳細については、次のトピックを参照してください。

このパラメーターの有効な入力値は、整数または値 unlimited です。 既定値は 0 です。これは、大きな項目が検出された場合に移行要求が失敗することを意味します。 いくつかの大きな項目を残しても問題ない場合は、移行要求を続行できるように、このパラメーターを適切な値 (10 以下をお勧めします) に設定できます。

: このパラメーターは、クラウドベースのサービスでは廃止される予定です。 このパラメーターを使用しない場合、今後は代わりとして、スキップされたアイテム承認セマンティクスが使用されます。

Type:Unlimited
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-Local

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

[ローカル] スイッチは、ローカル移動を指定します (メールボックスは、同じ Active Directory フォレスト内の別のメールボックス データベースに移動されます)。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-Locale

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

Locale パラメーターは、移行バッチの言語を指定します。

このパラメーターの正しい入力は、Microsoft .NET Framework CultureInfo クラスでサポートされているカルチャ コード値です。 たとえば、デンマーク語の場合には da-DK、日本語の場合には ja-JP となります。 詳細については、「CultureInfo クラス」を参照してください。

Type:CultureInfo
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-MoveOptions

MoveOptions パラメーターは、デバッグのためにスキップする移行のステージを指定します。 Microsoft カスタマー サービスおよびサポートからの指示または特定のドキュメントによる指示がない場合、このパラメーターは使用しないでください。

このパラメーターは SkipMoving パラメーターと併用できません。

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-Name

Name パラメーターは、各システム (Exchange オンプレミスまたはExchange Online) 上の移行バッチの一意の名前を指定します。 最大の長さは 64 文字です。 値にスペースが含まれている場合は、値を引用符で囲んでください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-NotificationEmails

NotificationEmails パラメーターは、移行状態レポートの送信先とする 1 つまたは複数の電子メール アドレスを指定します。 値を文字列の配列として指定し、複数の電子メール アドレスをコンマで区切ります。

このパラメーターを使用しない場合は、状態レポートが送信されません。

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-Partition

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

このパラメーターは、Microsoft の内部使用のために予約されています。

Type:MailboxIdParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-PrimaryOnly

PrimaryOnly スイッチは、移行バッチ内の、アーカイブ メールボックスも持っているユーザーのプライマリ メールボックスのみを移行することを指定します (アーカイブ メールボックスは移行されません)。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチは、ローカル移動およびリモート移動の移行にのみ使用できます。

: ユーザーにアーカイブ メールボックスがない場合は、このスイッチを使用しないでください。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-PublicFolderToUnifiedGroup

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ機能します。

PublicFolderToUnifiedGroup スイッチは、パブリック フォルダーからMicrosoft 365 グループへの移行を指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-RemoveOnCopy

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

{{ Fill RemoveOnCopy Description }}

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-RenamePrimaryCalendar

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

{{ Fill RenamePrimaryCalendar Description }}

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-ReportInterval

ReportInterval パラメーターは、NotificationEmails 内に一覧表示されている電子メール アドレスに電子メールで送信されるレポートの頻度を指定します。

既定では、電子メールで送信されたレポートは、バッチに対して 24 時間ごとに送信されます。 この値を 0 に設定すると、このバッチに対してレポートを送信してはならないことを示します。

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用する必要があります。

Type:TimeSpan
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-SkipCalendar

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

SkipCalendar スイッチは、Google ワークスペースのオンボード中に予定表の移行をスキップすることを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-SkipContacts

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

SkipContacts スイッチは、Google ワークスペースのオンボード中に連絡先の移行をスキップすることを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-SkipMail

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

SkipMail スイッチは、Google ワークスペースのオンボード中にメールの移行をスキップすることを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-SkipMerging

SkipMerging パラメーターは、デバッグの目的でスキップする移行の段階を指定します。 Microsoft カスタマー サービスおよびサポートからの指示または特定のドキュメントによる指示がない場合、このパラメーターは使用しないでください。

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-SkipMoving

このパラメーターは MoveOptions パラメーターに置き換えられました。

SkipMoving パラメーターは、デバッグの目的でスキップする移行の段階を指定します。 Microsoft カスタマー サービスおよびサポートからの指示または特定のドキュメントによる指示がない場合、このパラメーターは使用しないでください。

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-SkipReports

SkipReports スイッチは、移行のための自動レポート作成をスキップすることを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-SkipRules

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

SkipRules スイッチは、Google ワークスペースのオンボード中にルールの移行をスキップすることを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-SkipSteps

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

SkipSteps パラメーターは、スキップする段階的な Exchange 移行の手順を指定します。 有効な値は次のとおりです。

  • None (これが既定値です)
  • SettingTargetAddress: ソース メールボックスにターゲット メール アドレスを設定しないでください。 この設定により、メールが元のメールボックスから移行された新しいメールボックスに転送されなくなります。

このパラメーターは、段階的な Exchange 移行にのみ適用されます。

Type:SkippableMigrationSteps[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-SourceEndpoint

SourceEndpoint パラメーターは、移行バッチの移動元として使用する移行エンドポイントを指定します。 移行エンドポイントは、New-MigrationEndpoint コマンドレットを使用して作成します。 移行エンドポイントを一意に識別する任意の値を使用できます。 例:

  • Name (Identity プロパティ値)
  • GUID

このパラメーターは、移行元のメールボックスがあるサーバーへの接続に使用する設定を定義します。

Type:MigrationEndpointIdParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-SourcePFPrimaryMailboxGuid

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

{{ Fill SourcePFPrimaryMailboxGuid Description }}

Type:Guid
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-SourcePublicFolderDatabase

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

SourcePublicFolderDatabase パラメーターは、パブリック フォルダーの移行で使用されるソース パブリック フォルダー データベースを指定します。 データベースを一意に識別する、任意の値を使用できます。 以下に例を示します。

  • 名前
  • 識別名 (DN)
  • GUID
Type:DatabaseIdParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-StartAfter

StartAfter パラメーターは、バッチ内のユーザーのデータ移行が開始されるまでの遅延を指定します。 移行は準備されますが、ユーザーの実際のデータ移行は、このパラメーターで指定した日付/時刻まで開始されません。

コマンドを実行するコンピューターの [地域のオプション] 設定で定義されている短い日付形式を使用します。 たとえば、短い日付形式 mm/dd/yyyy を使用するようにコンピューターが構成されている場合は、「09/01/2018」と入力して 2018 年 9 月 1 日を指定します。 日付のみを入力したり、日付と時刻を入力することもできます。 日付と時刻を入力する場合は、値を引用符 (”) で囲む必要があります (例: "09/01/2018 5:00 PM")。

PowerShell Exchange Onlineで、タイム ゾーンを指定せずに日付/時刻の値を指定した場合、値は協定世界時 (UTC) になります。 値を指定するには、次のいずれかのオプションを使用します。

  • UTC で日付/時刻の値を指定します(例: "7/30/2020 9:00PM Z")。
  • ローカル タイム ゾーンで日付/時刻の値を指定します。 たとえば、「 "7/30/2020 9:00PM -700" 」のように入力します。 TimeZone パラメーターを使用しない場合、値は UTC に変換されます。
Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-TargetArchiveDatabases

TargetArchiveDatabases パラメーターは、移行バッチで指定されたアーカイブ メールボックスが移行されるデータベースを指定します。 データベースを一意に識別する、任意の値を使用できます。 以下に例を示します。

  • 名前
  • 識別名 (DN)
  • GUID

Update 値にスペースが含まれている場合、または引用符が必要な場合は、次の構文を使用します。 "Value1","Value2",..."ValueN"

複数の値を入力すると、移行サービスはアーカイブ メールボックスを移動するターゲット データベースとして 1 つのデータベースを選択します。

このパラメーターは、ローカル移動およびリモート移動の移行にのみ使用できます。

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-TargetDatabases

TargetDatabases パラメーターは、メールボックスを移動するデータベースの ID を指定します。 データベースを一意に識別する、任意の値を使用できます。 以下に例を示します。

  • 名前
  • 識別名 (DN)
  • GUID

Update 値にスペースが含まれている場合、または引用符が必要な場合は、次の構文を使用します。 "Value1","Value2",..."ValueN"

複数の値を入力すると、移行サービスはメールボックスを移動するターゲット データベースとして 1 つのデータベースを選択します。

このパラメーターは、ローカル移動およびリモート移動の移行にのみ使用できます。

ローカル移動にこのパラメーターを使用しない場合、コマンドレットは自動メールボックス配布ロジックを使用してデータベースを選択します。

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-TargetDeliveryDomain

TargetDeliveryDomain パラメーターは、移行バッチの完了時に、メールが有効なユーザー用に、移動元フォレストで作成される外部電子メール アドレスの完全修飾ドメイン名を指定します。

このパラメーターは、リモート移動のオンボード移行バッチと、リモートのオフボード移行バッチに必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-TargetEndpoint

TargetEndpoint パラメーターは、移行バッチの移動先として使用する移行エンドポイントを指定します。 移行エンドポイントは、New-MigrationEndpoint コマンドレットを使用して作成します。 移行エンドポイントを一意に識別する任意の値を使用できます。 例:

  • Name (Identity プロパティ値)
  • GUID

このパラメーターは、メールボックスの移動先のサーバーへの接続に使用する設定を定義します。

Type:MigrationEndpointIdParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-TimeZone

TimeZone パラメーターは、移行バッチを送信する管理者のタイム ゾーンを指定します。

このパラメーターの有効な値は、サポートされているタイム ゾーン キー名です (例: "Pacific Standard Time")。

使用可能な値を確認するには、次のコマンドを実行します。 $TimeZone = Get-ChildItem "HKLM:\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Time zones" | foreach {Get-ItemProperty $_.PSPath}; $TimeZone | sort Display | Format-Table -Auto PSChildname,Display

値にスペースが含まれている場合は、値を二重引用符 (") で囲んでください。

オンプレミスの Exchange では、既定値は Exchange サーバーのタイム ゾーン設定です。

Exchange Onlineでは、既定値は ですUTC

Type:ExTimeZoneValue
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-UserIds

UserIds パラメーターは、既存の移行バッチからコピーするユーザーを指定します (たとえば、前回の移行が部分的に成功だった場合に使用する)。 ユーザーは、電子メール アドレスまたは Get-MigrationUser コマンドレットの Guid プロパティ値で識別します。 複数のユーザーをコンマで区切って指定できます。

このパラメーターに指定するユーザーは、既存の移行バッチ内で既に定義されている必要があります。

元の移行バッチにあるユーザーの移行を無効にするには、このパラメーターを指定して DisableOnCopy スイッチを使用します。

Type:MultiValuedProperty
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-Users

Users パラメーターは、既存の移行バッチからコピーするユーザーを指定します (たとえば、以前の移行が部分的に成功した場合など)。 Get-MigrationUser コマンドレットを使用してユーザーを識別します。 例:

$Failed = Get-MigrationUser -Status Failed

New-MigrationBatch -Name "失敗したユーザーの再試行" -Users $Failed

このパラメーターに指定するユーザーは、既存の移行バッチ内で既に定義されている必要があります。

元の移行バッチにあるユーザーの移行を無効にするには、このパラメーターを指定して DisableOnCopy スイッチを使用します。

Type:MultiValuedProperty
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-WhatIf

WhatIf スイッチは、コマンドの操作をシミュレートします。 このスイッチを使用すると、実際にその変更内容を適用せずに、発生する変更を確認できます。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-WorkflowControlFlags

WorkflowControlFlags パラメーターは、移行で実行される手順の高度なコントロールを指定します。 有効な値は次のとおりです。

  • None (これが既定値です)
  • InjectAndForget
  • SkipSwitchover

Microsoft カスタマー サービスおよびサポートからの指示または特定のドキュメントによる指示がない場合、このパラメーターは使用しないでください。

Type:MigrationWorkflowControlFlags
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-WorkflowTemplate

WorkflowTemplate パラメーターは、移行で実行される手順の高度なコントロールを指定します。 Microsoft カスタマー サービスおよびサポートからの指示または特定のドキュメントによる指示がない場合、このパラメーターは使用しないでください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-WorkloadType

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

このパラメーターは、Microsoft の内部使用のために予約されています。

Type:RequestWorkloadType
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

入力

Input types

このコマンドレットに使用できる入力の種類を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。 コマンドレットで入力の種類のフィールドが空白の場合、そのコマンドレットには入力データを指定できません。

出力

Output types

このコマンドレットに使用できる戻り値の型 (出力の種類) を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。 出力の種類のフィールドが空白の場合、コマンドレットはデータを返しません。