Share via


Compress-Archive

指定したファイルとディレクトリから圧縮アーカイブ (圧縮ファイル) を作成します。

構文

Compress-Archive
        [-Path] <String[]>
        [-DestinationPath] <String>
        [-CompressionLevel <String>]
        [-PassThru]
        [-WhatIf]
        [-Confirm]
        [<CommonParameters>]
Compress-Archive
        [-Path] <String[]>
        [-DestinationPath] <String>
        [-CompressionLevel <String>]
        -Update
        [-PassThru]
        [-WhatIf]
        [-Confirm]
        [<CommonParameters>]
Compress-Archive
        [-Path] <String[]>
        [-DestinationPath] <String>
        [-CompressionLevel <String>]
        -Force
        [-PassThru]
        [-WhatIf]
        [-Confirm]
        [<CommonParameters>]
Compress-Archive
        -LiteralPath <String[]>
        [-DestinationPath] <String>
        [-CompressionLevel <String>]
        -Update
        [-PassThru]
        [-WhatIf]
        [-Confirm]
        [<CommonParameters>]
Compress-Archive
        -LiteralPath <String[]>
        [-DestinationPath] <String>
        [-CompressionLevel <String>]
        -Force
        [-PassThru]
        [-WhatIf]
        [-Confirm]
        [<CommonParameters>]
Compress-Archive
        -LiteralPath <String[]>
        [-DestinationPath] <String>
        [-CompressionLevel <String>]
        [-PassThru]
        [-WhatIf]
        [-Confirm]
        [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Compress-Archive 、指定された 1 つ以上のファイルまたはディレクトリから圧縮されたアーカイブ ファイルまたは zip 形式のアーカイブ ファイルを作成します。 アーカイブは、オプションの圧縮を使用して複数のファイルを 1 つの zip 形式のファイルにパッケージ化して、配布と保存を容易にします。 アーカイブ ファイルは、CompressionLevel パラメーターで指定された圧縮アルゴリズムを使用して圧縮できます。

このコマンドレットでは Compress-ArchiveSystem.IO.Compression.ZipArchive API を使用してファイルを圧縮します。 この API では、最大ファイル サイズが 2 GB に制限されます。 詳細については、「System.IO.Compression.ZipArchive」を参照してください

Note

このコマンドレットは Compress-Archive 、アーカイブ ファイルの作成時または更新時に非表示のファイルとフォルダーを無視します。 Windows 以外のコンピューターでは、ピリオド (.) 文字で始まる名前のファイルとフォルダーが含まれます。

非表示のファイルとフォルダーがアーカイブに圧縮されるようにするには、代わりに .NET API を使用します。

一部の例では、スプラッティングを使用してコード サンプルの行長を短くします。 詳細については、「about_Splatting」を参照してください

例 1: ファイルを圧縮してアーカイブ ファイルを作成する

この例では、異なるディレクトリのファイルを圧縮し、アーカイブ ファイルを作成します。 ワイルドカードは、特定のファイル拡張子を持つすべてのファイルを取得するために使用されます。 パスはファイル名のみを指定するため、アーカイブ ファイルにディレクトリ構造はありません。

$compress = @{
  Path = "C:\Reference\Draftdoc.docx", "C:\Reference\Images\*.vsd"
  CompressionLevel = "Fastest"
  DestinationPath = "C:\Archives\Draft.zip"
}
Compress-Archive @compress

Path パラメーターは、特定のファイル名と、ワイルドカードのファイル名を受け取ります*.vsd パスでは、コンマ区切りのリストを使用して、異なるディレクトリからファイルを取得します。 圧縮レベルは、処理時間を短縮するために最速です。 DestinationPath パラメーターは、ファイルの場所をDraft.zip指定します。 ファイルには Draft.zip 拡張子を Draftdoc.docx 持つすべてのファイルが .vsd 含まれています。

例 2: LiteralPath を使用してファイルを圧縮する

この例では、特定の名前付きファイルを圧縮し、新しいアーカイブ ファイルを作成します。 パスはファイル名のみを指定するため、アーカイブ ファイルにディレクトリ構造はありません。

$compress = @{
LiteralPath= "C:\Reference\Draft Doc.docx", "C:\Reference\Images\diagram2.vsd"
CompressionLevel = "Fastest"
DestinationPath = "C:\Archives\Draft.zip"
}
Compress-Archive @compress

LiteralPath パラメーターはワイルドカードを受け入れないので、絶対パスとファイル名が使用されます。 パスでは、コンマ区切りのリストを使用して、異なるディレクトリからファイルを取得します。 圧縮レベルは、処理時間を短縮するために最速です。 DestinationPath パラメーターは、ファイルの場所をDraft.zip指定します。 ファイルに含まれるのDraftdoc.docxdiagram2.vsdDraft.zip .

例 3: ルート ディレクトリを含むディレクトリを圧縮する

この例では、ディレクトリを圧縮し、ルート ディレクトリとそのすべてのファイル とサブディレクトリを含む アーカイブ ファイルを作成します。 Path はルート ディレクトリを指定するため、アーカイブ ファイルにはディレクトリ構造があります。

Compress-Archive -Path C:\Reference -DestinationPath C:\Archives\Draft.zip

Compress-Archive では、 Path パラメーターを使用してルート ディレクトリを指定します C:\Reference。 DestinationPath パラメーターは、アーカイブ ファイルの場所を指定します。 アーカイブには Draft.zipReference ルート ディレクトリとそのすべてのファイルとサブディレクトリが含まれます。

例 4: ルート ディレクトリを除外するディレクトリを圧縮する

次の使用例は、ディレクトリを圧縮し、ルート ディレクトリを除外するアーカイブ ファイルを作成します。これは、Path がアスタリスク (*) ワイルドカードを使用するためです。 アーカイブには、ルート ディレクトリのファイルとサブディレクトリを含むディレクトリ構造が含まれています。

Compress-Archive -Path C:\Reference\* -DestinationPath C:\Archives\Draft.zip

Compress-Archiveでは、Path パラメーターを使用してルート ディレクトリを指定し、C:\Referenceアスタリスク (*) ワイルドカードを指定します。 DestinationPath パラメーターは、アーカイブ ファイルの場所を指定します。 アーカイブには Draft.zip 、ルート ディレクトリのファイルとサブディレクトリが含まれています。 Referenceルート ディレクトリはアーカイブから除外されます。

例 5: ルート ディレクトリ内のファイルのみを圧縮する

この例では、ルート ディレクトリ内のファイルのみを圧縮し、アーカイブ ファイルを作成します。 ファイルのみが圧縮されるため、アーカイブ内にディレクトリ構造はありません。

Compress-Archive -Path C:\Reference\*.* -DestinationPath C:\Archives\Draft.zip

Compress-Archiveでは、Path パラメーターを使用してルート ディレクトリを指定し、C:\Referenceスター ドット スター (*.*) ワイルドカード。 DestinationPath パラメーターは、アーカイブ ファイルの場所を指定します。 アーカイブには Draft.zip ルート ディレクトリの Reference ファイルのみが含まれており、ルート ディレクトリは除外されます。

例 6: パイプラインを使用してファイルをアーカイブする

この例では、ファイルをパイプラインに送信してアーカイブを作成します。 パスはファイル名のみを指定するため、アーカイブ ファイルにディレクトリ構造はありません。

Get-ChildItem -Path C:\Reference\Afile.txt, C:\Reference\Images\Bfile.txt |
  Compress-Archive -DestinationPath C:\Archives\PipelineFiles.zip

Get-ChildItemでは、Path パラメーターを使用して、異なるディレクトリから 2 つのファイルを指定します。 各ファイルは FileInfo オブジェクトによって表され、パイプラインの下にCompress-Archive送信されます。 指定された 2 つのファイルは .PipelineFiles.zip

例 7: パイプラインを使用してディレクトリをアーカイブする

この例では、パイプラインの下にディレクトリを送信してアーカイブを作成します。 ファイルは FileInfo オブジェクトとして送信され、ディレクトリは DirectoryInfo オブジェクトとして送信されます。 アーカイブのディレクトリ構造にはルート ディレクトリは含まれませんが、そのファイルとサブディレクトリはアーカイブに含まれます。

Get-ChildItem -Path C:\LogFiles | Compress-Archive -DestinationPath C:\Archives\PipelineDir.zip

Get-ChildItemでは、Path パラメーターを使用してルート ディレクトリをC:\LogFiles指定します。 各 FileInfo オブジェクトと DirectoryInfo オブジェクトは、パイプラインに送信されます。

Compress-Archive は、各オブジェクトをアーカイブに追加します PipelineDir.zip 。 パイプライン オブジェクトは パラメーター位置 0 に受信されるため、Path パラメーターは指定されていません。

例 8: 再帰がアーカイブに与える影響

この例では、再帰によってアーカイブ内のファイルが重複する方法を示します。 たとえば、Recurse パラメーターと共に使用Get-ChildItemする場合です。 再帰プロセスとして、各 FileInfo オブジェクトと DirectoryInfo オブジェクトがパイプラインに送信され、アーカイブに追加されます。

Get-ChildItem -Path C:\TestLog -Recurse |
  Compress-Archive -DestinationPath C:\Archives\PipelineRecurse.zip

ディレクトリには C:\TestLog ファイルが含まれません。 ファイルを含む名前 testsub のサブディレクトリが testlog.txt 含まれています。

Get-ChildItem では、 Path パラメーターを使用してルート ディレクトリを指定します C:\TestLog。 Recurse パラメーターは、ファイルとディレクトリを処理します。 DirectoryInfo オブジェクトが作成され、FileInfo オブジェクトtestlog.txt作成testsubされます。

各オブジェクトは、パイプライン Compress-Archiveの下に送信されます。 DestinationPath、アーカイブ ファイルの場所を指定します。 パイプライン オブジェクトは パラメーター位置 0 に受信されるため、Path パラメーターは指定されていません。

次の概要では、重複するファイルを PipelineRecurse.zip 含むアーカイブの内容について説明します。

  • DirectoryInfo オブジェクトは、ディレクトリをtestsub作成し、元のディレクトリ構造をtestlog.txt反映するファイルを格納します。
  • FileInfo オブジェクトは、アーカイブのルートに重複testlog.txtを作成します。 再帰によってファイル オブジェクト Compress-Archiveが送信されたため、重複するファイルが作成されます。 パイプラインに送信された各オブジェクトがアーカイブに追加されるため、この動作が予想されます。

例 9: 既存のアーカイブ ファイルを更新する

次の使用例は、 Draft.zipディレクトリ内の既存のアーカイブ ファイルを C:\Archives 更新します。 この例では、既存のアーカイブ ファイルにルート ディレクトリとそのファイルとサブディレクトリが含まれています。

Compress-Archive -Path C:\Reference -Update -DestinationPath C:\Archives\Draft.zip

このコマンドは、ディレクトリとそのサブディレクトリ内の既存のファイルの新しいバージョンでC:\Reference更新Draft.zipされます。 また、そのサブディレクトリに C:\Reference 追加された新しいファイルは、更新 Draft.zip されたアーカイブに含まれます。

パラメーター

-CompressionLevel

アーカイブ ファイルを作成するときに適用する圧縮の量を指定します。 圧縮を高速化すると、ファイルの作成に要する時間は短くなりますが、ファイル サイズが大きくなる可能性があります。

このパラメーターが指定されていない場合、コマンドは既定値 の Optimal を使用します。

このパラメーターに使用できる値を次に示します。

  • 最速。 処理時間を短縮するために、使用可能な最速の圧縮方法を使用します。 圧縮が速いほど、ファイル サイズが大きくなる可能性があります。
  • NoCompression。 ソース ファイルを圧縮しません。
  • [最適] 。 処理時間はファイル サイズによって異なります。
Type:String
Accepted values:Optimal, NoCompression, Fastest
Position:Named
Default value:Optimal
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DestinationPath

このパラメーターは必須であり、アーカイブ出力ファイルへのパスを指定します。 DestinationPath には、zip ファイルの名前と、zip ファイルの絶対パスまたは相対パスを含める必要があります。

DestinationPath のファイル名にファイル名拡張子がない.zip場合、コマンドレットはファイル名拡張子を.zip追加します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Force

既存のアーカイブ ファイルを上書きするには、このパラメーターを使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-LiteralPath

アーカイブ zip ファイルに追加するファイルのパスを指定します。 Path パラメーターとは異なり、LiteralPath値は型指定されたとおりに使用されます。 ワイルドカードとして解釈される文字はありません。 パスにエスケープ文字が含まれている場合は、各エスケープ文字を単一引用符で囲んで、文字をエスケープ シーケンスとして解釈しないように PowerShell に指示します。 複数のパスを指定し、出力 zip ファイル内の複数の場所にファイルを含めるには、コンマを使用してパスを区切ります。

Type:String[]
Aliases:PSPath
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-PassThru

コマンドレットで、作成されたアーカイブ ファイルを表すファイル オブジェクトを出力します。

このパラメーターは、PowerShell 6.0 で導入されました。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Path

アーカイブ zip ファイルに追加するファイルのパスを指定します。 複数のパスを指定し、複数の場所にファイルを含めるには、コンマを使用してパスを区切ります。

このパラメーターは、ワイルドカード文字を受け取ります。 ワイルドカード文字を使用すると、ディレクトリ内のすべてのファイルをアーカイブ ファイルに追加できます。

ルート ディレクトリでワイルドカードを使用すると、アーカイブの内容に影響します。

  • ルート ディレクトリとそのすべてのファイルとサブディレクトリを含むアーカイブを作成するには、[パス] でルート ディレクトリを wildカード を指定しません。 例: -Path C:\Reference
  • ルート ディレクトリを除外し、すべてのファイルとサブディレクトリを zip 圧縮するアーカイブを作成するには、アスタリスク (*) ワイルドカードを使用します。 例: -Path C:\Reference\*
  • ルート ディレクトリ内のファイルのみを圧縮するアーカイブを作成するには、star-dot-star (*.*) wildカード を使用します。 ルートのサブディレクトリはアーカイブに含まれません。 例: -Path C:\Reference\*.*
Type:String[]
Position:0
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:True

-Update

指定したアーカイブを更新、アーカイブ内の古いファイル バージョンを同じ名前の新しいファイル バージョンに置き換えます。 このパラメーターを追加して、既存のアーカイブにファイルを追加することもできます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:False
Required:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

1 つ以上のファイルへのパスを含む文字列をパイプ処理できます。

出力

None

既定では、このコマンドレットは出力を返しません。

FileInfo

PassThru パラメーターを使用すると、このコマンドレットは FileInfo オブジェクトを返します。

メモ

再帰を使用してパイプラインにオブジェクトを送信すると、アーカイブ内のファイルが複製される可能性があります。 たとえば、Recurse パラメーターと共に使用Get-ChildItemすると、パイプラインから送信された各 FileInfo オブジェクトと DirectoryInfo オブジェクトがアーカイブに追加されます。

このコマンドレットは Compress-Archive UTF-8 エンコードを使用します。 他の ZIP アーカイブ ツールでは、別のエンコード スキームを使用できます。 UTF-8 エンコードを使用して保存されていないファイル名を含むファイルを抽出する場合は、 Expand-Archive アーカイブ内の生の値を使用します。 これにより、アーカイブに格納されているソース ファイル名とは異なるファイル名が生成される可能性があります。