Share via


about_Data_Files

簡単な説明

PowerShell データ ファイルは、PowerShell 構文を使用して任意のデータを格納するために使用されます。

詳細な説明

PowerShell データ (.psd1) ファイルは、PowerShell 構文で任意のデータを格納できます。 そのデータは、PowerShell セッションで変数にインポートできます。 PowerShell には 3 種類のデータ ファイルがあり、各種類をインポートするためのコマンドレットが用意されています。

基本的なデータ ファイル

このコマンドレットは Import-PowerShellDataFile 、基本的なデータ ファイルをインポートします。 ファイル内のデータはハッシュテーブルに含まれている必要があります。 この形式では定数値のみがサポートされます。 コード式や PowerShell 式は使用できません。

モジュール マニフェスト

モジュール マニフェストは PowerShell データ ファイルです。 ファイル内のデータはハッシュテーブルに含まれている必要があります。 そのハッシュテーブルの構造では、PowerShell モジュールに関連する特定のキー名のみがサポートされます。

マニフェスト ファイルの設定に割り当てられる値には、PowerShell によって評価される式を指定できます。 これにより、パスを構築し、変数に基づいて値を条件付きで割り当てることができます。

使用して Import-Moduleモジュールをインポートすると、マニフェストは言語モードで Restricted 評価されます。 Restricted モードでは、使用できるコマンドと変数が制限されます。

詳細については、「about_Module_Manifests」を参照してください

ローカライズされたデータ

このコマンドレットは Import-LocalizedData 、ローカライズされたデータ ファイルをインポートします。 インポート中、ファイルは言語モードで Constrained 処理されます。 Constrained モードでは、使用できるコマンドと変数が制限されます。

詳細については、「about_Language_Modes」を参照してください

当初、ローカライズされたデータ ファイルは、他の言語に翻訳できる文字列データを格納するために使用されることを意図していました。 これにより、スクリプトでデータをインポートして、他の言語でローカライズされた文字列出力を提供することができました。 ただし、文字列データの格納に限定されるものではなく、ローカライズされた出力にデータを使用する必要はありません。

ファイル内のデータはハッシュテーブルに限定されません。 セクションなど DATA 、PowerShell 構文でサポートされている任意の形式にすることができます。

詳細については、about_Data_Sectionsを参照してください

関連項目