Export-SPOQueryLogs

Office 365 テナント内のユーザーのクエリ ログをエクスポートします。

注意

2022 年 2 月以降、Microsoft 365 の SharePoint から Export-SPOQueryLogs コマンドを削除します。 代わりに、 マイ アカウントのプライバシー ポータルから Microsoft Search クエリ履歴ログをダウンロードすることをお勧めします。

構文

Export-SPOQueryLogs
      [-StartTime <DateTime>]
      -LoginName <String>
      -OutputFolder <String>
      [<CommonParameters>]

説明

Office 365 テナント内のユーザーのクエリ ログをエクスポートします。 エクスポートの結果は、現在の作業フォルダーまたは指定したフォルダー (loginName_queries.csvとloginName_personalQueries.csvの 2 つのファイル) に格納されます。

queries.csvの出力は次のようになります。

QueryTime QueryText
5/31/2018 09:16 Querytext1
5/31/2018 08:16 Querytext2

コマンドレットを実行するには、テナント管理者である必要があります。

SharePoint Online の Windows PowerShell のアクセス許可と最新の情報については、「SharePoint Online 管理シェルの概要」を参照してください。

------------ 例 1 --------------------

Export-SPOQueryLogs -LoginName user1@contoso.sharepoint.com

例 1 では、電子メール アドレス user1@contoso.sharepoint.com を持つユーザーのクエリ ログを、現在の作業フォルダー内の 2 つのファイル user1@contoso.sharepoint.com_queries.csvとuser1@contoso.sharepoint.com_personalQueries.csvにエクスポートします。

------------ 例 2 --------------------

Export-SPOQueryLogs -LoginName user1@contoso.sharepoint.com -StartTime "2018-10-21" -OutputFolder "c:\users\contosoadmin\Documents"

例 2 は、開始時刻 21 からクエリ ログをエクスポートします。 2018 年 10 月、電子メール アドレス user1@contoso.sharepoint.com を持つユーザーの場合は、フォルダー c:\users\contosoadmin\Documents 内の 2 つのファイルuser1@contoso.sharepoint.com_queries.csvとuser1@contoso.sharepoint.com_personalQueries.csv。

パラメーター

- loginName

エクスポートするユーザーのログイン名を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-OutputFolder

CSV ファイルが生成されるターゲット フォルダー。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-StartTime

ログをエクスポートする時点を指定します。 日付形式 YYYY-MM-DD を使用します。

Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

入力

なし

出力

System.Object