Remove-SPOTenantSyncClientRestriction

テナントの機能を無効にします。

構文

Remove-SPOTenantSyncClientRestriction []

説明

コマンドレットを実行するには、SharePoint Online 管理者またはグローバル管理者である必要があります。

テナントを特定するには、有効な Connect-SPOService コンテキストが必要です。 テナントへの接続方法については、「Connect-SPOService」を参照してください。

Remove-SPOTenantSyncClientRestriction コマンドレットはテナントの機能を無効にしますが、安全な送信者/受信者リストから現在存在するドメイン GUID エントリは削除しません。 Remove-SPOTenantSyncClientRestriction コマンドレットの実行後、変更内容が有効になるまでに最長 24 時間かかる場合があります。 このパラメータは、同期のために GrooveBlockOption パラメータによって設定された値も削除します。

Remove-SPOTenantSyncClientRestriction コマンドレットにはパラメーターはありません。

----------------------- 例 -----------------------------

Remove-SPOTenantSyncClientRestriction

この例の場合、TenantRestrictionEnabled プロパティに値 False を返します。

入力

なし

出力

System.Object