Set-SPOBrowserIdleSignOut

アイドル セッション サインアウトの現在の構成値を設定します。

構文

Set-SPOBrowserIdleSignOut
   [-Enabled] <Boolean>
   [[-WarnAfter] <TimeSpan>]
   [[-SignOutAfter] <TimeSpan>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットを使用して、アイドル セッション サインアウトの現在の構成値を設定します。これは、SharePoin tおよび OneDrive でブラウザーが一定時間非アクティブになった後、ユーザーに警告が表示され、その後 Office 365 からサインアウトする時間です。

例 1

Set-SPOBrowserIdleSignOut -Enabled:$true -WarnAfter  "0.00:45:00" -SignOutAfter  "0.01:00:00"

この例では、ブラウザーのアイドル サインアウト ポリシーを有効にし、45 分で警告を設定し、ブラウザーが 60 分間非アクティブになった後にユーザーをサインアウトします。

例 2

Set-SPOBrowserIdleSignOut -Enabled:$true -WarnAfter (New-TimeSpan -Minutes 45) -SignOutAfter (New-TimeSpan -Hours 1)

この例では、ブラウザーのアイドル サインアウト ポリシーを有効にし、45 分で警告を設定し、ブラウザーが 60 分間非アクティブになった後にユーザーをサインアウトします。 この例では、New-TimeSpan コマンドレットの使用を利用して、必要なタイムスパン値を作成します。

パラメーター

-Enabled

ブラウザのアイドル サインアウト ポリシーを有効にします

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SignOutAfter

時間間隔を指定します。 このパラメーターは、SignOutAfter などの Get-SPOBrowserIdleSignOut パラメーターの時間値を指定するために使用されます。 次の形式で時間間隔を指定します。

[-]D.H:M:S.F

各部分の意味は次のとおりです。

  • D = 日 (0 から 10675199)
  • H = 時間 (0 から 23)
  • M = 分 (0 から 59)
  • S = 秒 (0 から 59)
  • F = 秒の小数点以下の桁 (0 から 9999999)
Type:TimeSpan
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WarnAfter

時間間隔を指定します。 このパラメーターは、WarnOutAfter などの Get-SPOBrowserIdleSignOut パラメーターの時間値を指定するために使用されます。 次の形式で時間間隔を指定します。

[-]D.H:M:S.F

各部分の意味は次のとおりです。

  • D = 日 (0 から 10675199)
  • H = 時間 (0 から 23)
  • M = 分 (0 から 59)
  • S = 秒 (0 から 59)
  • F = 秒の小数点以下の桁 (0 から 9999999)
Type:TimeSpan
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

なし

出力

System.Object