Set-SPOMigrationPackageAzureSource

Azure コンテナーを作成し、移行パッケージ ファイルを適切なコンテナーにアップロードし、アップロードされたコンテンツのスナップショットを作成するコマンドレット。

構文

Set-SPOMigrationPackageAzureSource
   -AccountKey <String>
   -AccountName <String>
   [-AzureQueueName <String>]
   [-EncryptionMetaInfo <MigrationFileEncryptionInfo[]>]
   [-EncryptionParameters <EncryptionParameters>]
   [-FileContainerName <String>]
   -MigrationSourceLocations <MigrationPackageLocation>
   [-NoLogFile]
   [-NoSnapshotCreation]
   [-NoUpload]
   [-Overwrite]
   [-PackageContainerName <String>]
   [<CommonParameters>]
Set-SPOMigrationPackageAzureSource
   -AccountKey <String>
   -AccountName <String>
   [-AzureQueueName <String>]
   [-EncryptionMetaInfo <MigrationFileEncryptionInfo[]>]
   [-EncryptionParameters <EncryptionParameters>]
   [-FileContainerName <String>]
   [-NoLogFile]
   [-NoSnapshotCreation]
   [-NoUpload]
   [-Overwrite]
   [-PackageContainerName <String>]
   -SourceFilesPath <String>
   -SourcePackagePath <String>
   [<CommonParameters>]
Set-SPOMigrationPackageAzureSource
   [-EncryptionMetaInfo <MigrationFileEncryptionInfo[]>]
   [-EncryptionParameters <EncryptionParameters>]
   -MigrationPackageAzureLocations <MigrationPackageAzureLocations>
   -MigrationSourceLocations <MigrationPackageLocation>
   [-NoLogFile]
   [-NoSnapshotCreation]
   [-NoUpload]
   [-Overwrite]
   [<CommonParameters>]
Set-SPOMigrationPackageAzureSource
   [-EncryptionMetaInfo <MigrationFileEncryptionInfo[]>]
   [-EncryptionParameters <EncryptionParameters>]
   -MigrationPackageAzureLocations <MigrationPackageAzureLocations>
   [-NoLogFile]
   [-NoSnapshotCreation]
   [-NoUpload]
   [-Overwrite]
   -SourceFilesPath <String>
   -SourcePackagePath <String>
   [<CommonParameters>]

説明

This cmdlet contains more than one parameter set. You may only use parameters from one parameter set and you may not combine parameters from different parameter sets. For more information about how to use parameter sets, see Cmdlet Parameter Sets.

このコマンドレットは、Microsoft.Online.SharePoint.Migration を返します。 MigrationPackageAzureLocations オブジェクト。このコマンドレットのソースとして、またはより一般的には、コマンドレットの Submit-SPOMigrationJob ソースとして使用できます。

例 1

$azurelocations = Set-SPOMigrationPackageAzureSource -SourcePath \\fileserver\share\folder1 -OutputPackagePath d:\MigrationPackages\Folder1_TgtPkg -FileContainerUri migration-files -PackageContainerUri migration-package -AccountName migrationstore -AccountKey "nmcXQ+1NctB7BlRVm+8+qWUn6GUFIH7E5ZQPThcjg8SfFWTJ34HthyOEoROwxHYIajpOYxYDt7qUwSEBQlLWoA=="

この例では、指定されたアカウント資格情報を使用して Azure Storage に移行パッケージ コンテナーを作成し、パッケージ ファイルをアップロードし、ファイルのスナップショットを作成し、最後に接続文字列を PowerShell 変数に返します。

例 2

Set-SPOMigrationPackageAzureSource -SourcePath \\fileserver\share\folder1 -OutputPackagePath d:\MigrationPackages\Folder1_TgtPkg -MigrationPackageAzureLocations $azurelocations -AccountName migrationstore -AccountKey "nmcXQ+1NctB7BlRVm+8+qWUn6GUFIH7E5ZQPThcjg8SfFWTJ34HthyOEoROwxHYIajpOYxYDt7qUwSEBQlLWoA==" -NoUpload

この使用例では、Azure ストレージ内の既存の移行パッケージのコンテナーを使用して、以前アップロードしたファイルのスナップショットを作成してから、接続文字列を PowerShell の変数に返します。

パラメーター

-AccountKey

Azure Storage アカウントのアカウント キー。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-AccountName

Azure Storage アカウントのアカウント名。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-AzureQueueName

インポート操作がインポート中にイベントを一覧表示する Azure Storage レポート キューの省略可能な名前。 この値は小文字で、Azure のキューの名前付け規則に準拠している必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-EncryptionMetaInfo

PARAMVALUE:MigrationFileEncryptionInfo[]

Type:MigrationFileEncryptionInfo[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-EncryptionParameters

EncryptionParameters オブジェクト。 詳細については、「 New-SPOMigrationEncryptionParameters 」を参照してください。

Type:EncryptionParameters
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-FileContainerName

現在存在していない場合に作成される Azure Blob Storage コンテナーの省略可能な名前。 アップロードされたパッケージ コンテンツ ファイルを保持します。 この値は小文字で、Azure のコンテナーの名前付け規則に準拠している必要があります。 指定しない場合は、-files 形式 を使用して名前が生成されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-MigrationPackageAzureLocations

パッケージのコンテンツとメタデータ ファイル、省略可能な Azure Storage レポート キューを保持する Azure Blob Storage コンテナーを表す一連の完全修飾 URL および SAS トークン。 このオブジェクトは、次のオブジェクトの正常な処理中に返されます。 Set-SPOMigrationPackageAzureSource

Type:MigrationPackageAzureLocations
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-MigrationSourceLocations

移行できる移行元の場所。

Type:MigrationPackageLocation
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoLogFile

Indicates to not create a log file. The default is to create a new CopyMigrationPackage log file within the directory specified within the SourcePackagePath parameter.

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoSnapshotCreation

Indicates to not perform snapshots on the content in the containers. The default is to snapshot each of the packages files in the containers.

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoUpload

パッケージ ファイルをアップロードしないことを示します。 既定では、すべてのパッケージ ファイルをアップロードします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-Overwrite

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-PackageContainerName

現在存在していない場合に作成される Azure Blob Storage コンテナーの省略可能な名前。 アップロードされたパッケージ メタデータ ファイルを保持します。 この値は小文字で、Azure のコンテナーの名前付け規則に準拠している必要があります。 指定しない場合は、-package 形式 を使用して名前が生成されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SourceFilesPath

パッケージのソース コンテンツ ファイルが存在するディレクトリの場所。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SourcePackagePath

パッケージのメタデータ ファイルが存在するディレクトリの場所。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

入力

なし

出力

System.Object