Get-SPSiteAdministration

アクセス権がなくてもサイト コレクションの特定の情報をファーム管理者が表示できるようにするサイト管理オブジェクトを取得します。

構文

Get-SPSiteAdministration
   [-Identity] <SPSiteAdministrationPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-Filter <ScriptBlock>]
   [-Limit <String>]
   [-Regex]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
Get-SPSiteAdministration
   -ContentDatabase <SPContentDatabasePipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-Filter <ScriptBlock>]
   [-Limit <String>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
Get-SPSiteAdministration
   -SiteSubscription <SPSiteSubscriptionPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-Filter <ScriptBlock>]
   [-Limit <String>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
Get-SPSiteAdministration
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-Filter <ScriptBlock>]
   [-Limit <String>]
   [-WebApplication <SPWebApplicationPipeBind>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用法に関する詳しい情報については、「コマンドレットのパラメーター セット」を参照してください。

Get-SPSiteAdminitration コマンドレットでは、サイト管理オブジェクトを取得し、アクセス権がなくてもサイト コレクションの特定の情報をファーム管理者が表示できるようにします。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 1 ------------------

Get-SPSiteAdministration | Select -Property Url, OwnerLoginName, @{Name="Storage";Expression={$_.Quota.StorageMaximumLevel}}

This example gets a subset of data from all of the sites in the content database with the URL b399a366-d899-4cff-8a9b-8c0594ee755f (farm administrator does not require access). This command uses the calculated property Storage to display the maximum storage value for the content database.

------------------ 例 2 ------------------

Start-SPAssignment -Global
$s = Get-SPSiteAdministration -Identity https://MyApp/Sites/Site1
$s.Url
Stop-SPAssignment -Global

This example gets the site collections specified by the Identity parameter and inserts the results into the variable s. This example uses the Global method of garbage collection. This method is easier to use but grows quickly. Do not run a Get-SPSite command that returns many results while global assignment is on.

------------------EXAMPLE 3-------------------

$GC = Start-SPAssignment
$Sites = $GC | Get-SPSiteAdministration -Filter {$_.Owner -eq "DOMAIN\JDoe"} -Limit 50
Stop-SPAssignment $GC

This example gets the first 50 sites owned by user DOMAIN\JDoe by using a server-side query, and assigns the returned sites to a local variable. This command uses advanced assignment collection methods.

------------------ 例 4 ------------------

Get-SPWebApplication https://sitename | Get-SPSiteAdministration -Limit All |ForEach-Object {$sum=0}{ $sum+=$_.DiskUsed }{$sum}

この例では、指定した Web アプリケーションのすべてのサイトについて、ディスク領域の使用状況の集計結果を取得します。

------------------ 例 5 ------------------

Get-SPWebApplication https://sitename | Get-SPSiteAdministration -Limit ALL | Select URL

この例では、Web アプリケーションのすべてのサイト コレクションの URL を取得します。

------------------ 例 6 ------------------

Get-SPSiteAdministration -identity "https://localserver/(my|personal)/sites" -Regex

This example returns all sites that match the given regular expression. The quotation marks around the value specified for the Identity parameter are required when using the Regex flag.

------------------ 例 7 ------------------

Get-SPSite "https://sitename/sites/teams/*" -Limit 100

この例では、URL https://sitename/sites/teamsの下に最大 100 個のサイトを取得します。

パラメーター

- 制限

取得するサイト コレクションの最大数を指定します。 既定値は 200 です。

この型は、負ではない有効な数値であることが必要です。 ALL を指定すると、指定範囲に該当するすべてのサイト コレクションが取得されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ContentDatabase

取得するサイト コレクションの URL (完全な URL または部分的な URL) または GUID を指定します。

この型は、http://<サーバー名> という形式の有効な URL であるか、1234-456-987fg という形式の GUID であることが必要です。

Type:SPContentDatabasePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Filter

適用するサーバー側フィルターのスクリプト ブロックを指定します。

型は、有効なフィルター名とフォーム {$_ PropertyName <operator > "filterValue"} の値である必要があります

Type:ScriptBlock
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

取得するサイト コレクションの URL (完全な URL または部分的な URL) または GUID を指定します。

この型は、http://<サーバー名> という形式の有効な URL であるか、1234-456-987fg という形式の GUID であることが必要です。

Type:SPSiteAdministrationPipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Regex

このスイッチを有効にすると、 Identity パラメーターに指定した URL が正規表現として処理されます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SiteSubscription

サイト コレクションを取得するサイト グループを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、サイト購読のメンバーであるサイト コレクションの SPSite (オブジェクトまたは URL) であるか、有効な SiteSubscription オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:SPSiteSubscriptionPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WebApplication

サイトのリストを作成する URL、GUID、または Web アプリケーションの名前を指定します。

この型は、http://<サーバー名> という形式の有効な URL であるか、有効な GUID (12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh など) であるか、Web アプリケーションの名前 (WebApplication1212 など) であることが必要です。

Type:SPWebApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition