Backup-SPSite

サイト コレクションのバックアップを行います。

構文

Backup-SPSite
      [-Identity] <SPSitePipeBind>
      -Path <String>
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      [-Confirm]
      [-Force]
      [-NoSiteLock]
      [-UseSqlSnapshot]
      [-WhatIf]
      [-UseABSDocStreamInfo]
      [<CommonParameters>]

説明

Backup-SPSite コマンドレットでは、Identity パラメーターで指定したサイト コレクションをバックアップします。

By default, the site collection will be set to read-only for the duration of the backup to reduce the potential for user activity during the backup operation to corrupt the backup. If you have SQL Server Enterprise Edition, we recommend that UseSqlSnapshot parameter be used because this ensures a valid backup while it allows users to continue reading and writing to the site collection during the backup.

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------- 例 1 --------------------

Backup-SPSite https://server_name/sites/site_name -Path C:\Backup\site_name.bak

This example backs up a site collection at https://server_name/sites/site_name to the C:\Backup\site_name.bak file.

------------------- 例 2 --------------------

Get-SPSiteAdministration https://server_name/sites/site_name | Backup-SPSite -Path C:\Backup\site_name.bak

This example backs up a site collection at https://server_name/sites/site_name to the C:\Backup\site_name.bak file. 例 1 と結果は同じですが、操作の方法が異なります。

------------------- 例 3 --------------------

Backup-SPSite https://server_name/sites/site_name -Path C:\Backup\site_name.bak -UseSqlSnapshot

この例では、バックアップの整合性を保つために、データベース スナップショットを使用してサイト コレクションをバックアップします。

-------------------EXAMPLE 4--------------------

Backup-SPSite https://server_name/sites/site_name -Path C:\Backup\site_name.bak -NoSiteLock

この例では、サイト コレクションをバックアップし、バックアップ フェーズ中にサイトを読み取り専用モードにすることを防ぎます。 バックアップの実行中にサイトを読み取り専用モードにしない方が望ましい運用環境のサイトをバックアップする場合は、-NoSiteLock パラメーターを使用します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Force

バックアップ ファイルが既に存在するときに、それを上書きするかどうかを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

バックアップするサイト コレクションの URL または GUID を指定します。

有効な URL (http://<サーバー名>/sites/<サイト名> など) または 01234567-89ab-cdef-0123-456789abcdef という形式の GUID を使用します。

Type:SPSitePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-NoSiteLock

バックアップ中にも読み取りと書き込みを許可するサイト コレクションを指定します。

NoSiteLock パラメーターが指定されていない場合、サイト コレクションのバックアップの実行中に、サイト コレクションのロック設定が "none" または "追加なし" のサイト コレクションは一時的に "読み取り専用" に設定されます。 バックアップが完了すると、サイト コレクションのロックは元の状態に戻ります。 サイト コレクションを元のロック状態に戻せるように、バックアップ パッケージには元の状態が記録されています。

バックアップ中のサイト コレクションにユーザーがデータを書き込む可能性がある場合は、バックアップの整合性を保つために、 NoSiteLock パラメーターを使用しないことをお勧めします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Path

Specifies the full path to the backup file (that is, C:\Backup\site_name.bak.

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UseABSDocStreamInfo

使用しないでください。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UseSqlSnapshot

Specifies a SQL Database Snapshot will be created when the backup begins, and all site collection data will be retrieved directly from the database snapshot. This snapshot will be deleted automatically when the backup completes

The UseSqlSnapshot parameter is recommended if the database server hosting your content database supports database snapshots such as SQL Server Enterprise Edition and SQL Server Developer Edition. This is because it will ensure a valid backup while allowing users to continue reading and writing to the site collection during the backup. It is not necessary to specify the NoSiteLock parameter when specifying the UseSqlSnapshot parameter.

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition