Enable-SPProjectEnterpriseProjectTaskSync

Project Web Appと関連するプロジェクト サイト間のタスク同期を有効にします。 これを有効にすると、Project Web Appのエンタープライズ プロジェクトで作成されたタスクが、プロジェクトに関連付けられているプロジェクト サイトのタスク リストと同期されます。 既定では、この機能は無効になっています。

この機能を有効すると、サポートされる項目の最大数 (超えると調整されます) など、SharePoint リストに用意されている制限が適用されます。

同期タスクではキューが使用され、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。 本当に必要な場合以外は、この機能を有効にしないでください。

構文

Enable-SPProjectEnterpriseProjectTaskSync
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      -Url <Uri>
      [<CommonParameters>]

説明

Project Web Appと関連するプロジェクト サイト間のタスク同期を有効にします。

------------Example 1 -----------

Enable-SPProjectEnterpriseProjectTaskSync -Url https://pwa_site

Project Web Apps サイトhttps://pwa_siteでプロジェクト タスクの同期を有効にします。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Url

PWA サイトの URL。

Type:Uri
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

入力

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPAssignmentCollection

出力

System.Object