Get-SPEnterpriseSearchMetadataMapping

管理プロパティ マッピングの現在の状態を取得します。

構文

Get-SPEnterpriseSearchMetadataMapping
   -SearchApplication <SearchServiceApplicationPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-CrawledProperty <CrawledPropertyPipeBind>]
   [-ManagedProperty <ManagedPropertyPipeBind>]
   [-SiteCollection <Guid>]
   [-Tenant <Guid>]
   [<CommonParameters>]

説明

This cmdlet reads a Mapping object when a managed property mapping is created, updated, or deleted. SPEnterpriseSearchMetadataMapping represents a category of a mapping between a managed property and one or more crawled properties in the enterprise search metadata property schema.

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 ------------------

$ssa = Get-SPEnterpriseSearchServiceApplication
$mp = Get-SPEnterpriseSearchMetadataManagedProperty -SearchApplication $ssa -Identity UserName
Get-SPEnterpriseSearchMetadataMapping -SearchApplication $ssa -ManagedProperty $mp

この例では、既定の Search Service アプリケーションについて、管理プロパティ UserName にマップされている、クロールされたすべてのプロパティを表示します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-CrawledProperty

マッピング取得の対象となる、クロールされたプロパティを指定します。

型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh、フォーム https://server_name内の有効な URL、または有効な CrawledProperty オブジェクトのインスタンスの形式で有効な GUID である必要があります。

Type:CrawledPropertyPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ManagedProperty

マッピング取得の対象となる管理プロパティを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、管理プロパティの有効な名前 (ManagedProperty1 など) であるか、有効な ManagedProperty オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:ManagedPropertyPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SearchApplication

メタデータ マッピングを含む検索アプリケーションを指定します。

この型は、検索アプリケーションの有効な名前 (SearchApp1 など) であるか、有効な SearchServiceApplication オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:SearchServiceApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SiteCollection

返されるメタデータ マッピングがサイト コレクション (SPSite) の範囲内になることを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式でプロパティ セットを指定する有効な GUID であることが必要です。

Type:Guid
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Tenant

返されるメタデータ マッピングがテナントの範囲内になることを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式でプロパティ セットを指定する有効な GUID であることが必要です。

Type:Guid
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition