Get-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule

共有された範囲ルールを返します。

構文

Get-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule
   [[-Identity] <ScopeRulePipeBind>]
   -Scope <ScopePipeBind>
   [-Url <Uri>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-SearchApplication <SearchServiceApplicationPipeBind>]
   [<CommonParameters>]

説明

The Get-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule cmdlet reads a QueryScopeRule object when the shared scope rule is created, updated, or deleted. SPEnterpriseSearchQueryScopeRule represents a query result scope rule that can be applied to a scope.

SharePoint Server では、結果ソースは、SharePoint Server で提供されるスコープの機能を提供します。

SharePoint Server からのアップグレード中に、従来の設定を保持するために、共有スコープが自動的に移行されます。 しかし、これらの範囲は移行後に読み取り専用になります。 このコマンドレットを使用して、移行された共有範囲の範囲ルールを読み取ることができます。

SharePoint Server からのアップグレード中に、従来の設定を保持するために、対応するサイトまたはサイト コレクションが移行されると、ローカル スコープも自動的に移行されます。 SharePoint Server ファームでは、SharePoint Server モードのサイトまたはサイト コレクションのスコープは読み取り/書き込みですが、SharePoint Server モードにアップグレードした後のサイトまたはサイト コレクションのスコープは読み取り専用です。 このコマンドレットは、どちらの状況でも、移行されたローカル範囲の範囲ルールを読み取る目的で使用できます。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 ------------------

$ssa = Get-SPEnterpriseSearchServiceApplication -Identity 'Search Service Application'
$scope = Get-SPEnterpriseSearchQueryScope -Identity MustCrawl -SearchApplication $ssa
Get-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule -Scope $scope -Url https://criticalSite | Set-SPEnterpriseSearchQueryScopeRule -Url https://criticalSite -UrlScopeRuleType Url

この例では、URL https://criticalSiteのスコープ ルールへの参照を取得し、そのルールの種類を URL に設定します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

取得する範囲ルールを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、範囲ルールの有効な名前 (Scope1 など) であるか、有効な ScopeRule オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:ScopeRulePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Scope

指定した範囲のクエリ範囲ルールを取得します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、範囲の有効な名前 (Scope1 など) であるか、有効な Scope オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:ScopePipeBind
Aliases:n
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SearchApplication

クエリ範囲ルールのコレクションを含む検索アプリケーションを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、検索アプリケーションの有効な名前 (SearchApp1 など) であるか、有効な SearchServiceApplication オブジェクトのインスタンスであることが必要です。

Type:SearchServiceApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Url

この型は、http://<サーバー名>/<サイト名>/<ページ名> という形式の有効な URL であることが必要です。

指定された結果の URL のクエリ範囲ルールを返します。

Type:Uri
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition