Get-SPLogEvent

統合ログ サービス (ULS) のトレース ログの結果を返します。

構文

Get-SPLogEvent
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-AsString]
   [-ContextKey <String[]>]
   [-Directory <String>]
   [-MinimumLevel <String>]
   [-EndTime <DateTime>]
   [-StartTime <DateTime>]
   [<CommonParameters>]
Get-SPLogEvent
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-AsString]
   [-ContextKey <String[]>]
   [-MinimumLevel <String>]
   [-EndTime <DateTime>]
   [-File <String>]
   [-StartTime <DateTime>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用法に関する詳しい情報については、「コマンドレットのパラメーター セット」を参照してください。

The Get-SPLogEvent cmdlet returns records from a ULS trace log file that match the criteria. If no parameters are specified, all records from all log files are returned. Use the StartTime and EndTime parameters to filter on a time range. The use of these parameters is recommended to optimize performance of this cmdlet.

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

-------------- 例 1 -----------------

Get-SPLogEvent -MinimumLevel "Warning"

この例では、既定のログ ディレクトリに含まれる重要度が警告以上のログ エントリをすべて取得します。

-------------- 例 2 -----------------

Get-SPLogEvent -Directory "C:\Logs" | Where-Object {$_.Level -eq "Warning"}

この例では、C:\Logs ディレクトリのログ ファイルに含まれるすべての警告エントリを取得します。

-------------- 例 3 -----------------

Get-SPLogEvent -StartTime "12/04/2007 17:00" -EndTime "12/04/2007 18:00"

この例では、米国固有の形式で指定した特定の時間範囲内で発生したエラー エントリを取得します。

-------------- 例 4 -----------------

Get-SPLogEvent -ContextKey @("UserName" ,"SiteName")

この例では、最新のログ ファイルのコンテンツを取得し、指定したコンテキスト キー データを追加します。

-------------- 例 5 -----------------

Get-SPLogEvent | Where-Object {$_.Level -eq "Error" -and {$_.Area -eq "SharePoint Foundation "}

この例では、SharePoint Foundation に関連するエラー エントリをすべて取得します。

-------------- 例 6 -----------------

Get-SPLogEvent -ContextKey @("Name") | %{$_.ToString() + "'t" + $_.Context["Name"]}

この例では、ログ ファイルのコンテンツを取得し、コンテキスト データを追加します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AsString

各レコードを個別の文字列として取得します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ContextKey

指定したコンテキスト キーの結果にコンテキスト データを追加する必要があることを指定します -ContextKey @("UserName", "SiteName")

Type:String[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Directory

代替ディレクトリ (設定した LogLocation ディレクトリ以外のディレクトリ) のログ ファイルを一覧表示します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-EndTime

この型は、管理言語に固有の有効な DateTime 形式であることが必要です。たとえば、英語 (米国) の場合は 2/16/2007 12:15:12 です。

Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-File

レコードのクエリを実行する特定のファイルを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MinimumLevel

Returns records at or above the specified level. 有効な値はエラーまたは警告です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-StartTime

この型は、管理言語に固有の有効な DateTime 形式であることが必要です。たとえば、英語 (米国) の場合は 2/16/2007 12:15:12 です。

Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition