Get-SPServiceApplicationProxy

指定したサービス アプリケーション プロキシのインスタンスを返します。

構文

Get-SPServiceApplicationProxy
   [[-Identity] <SPServiceApplicationProxyPipeBind>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用法に関する詳しい情報については、「コマンドレットのパラメーター セット」を参照してください。

Get-SPServiceApplicationProxy コマンドレットでは、Identity パラメーターで指定したサービス アプリケーション プロキシのインスタンスを取得します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

-------------- 例 -----------------

Get-SPServiceApplicationProxy

この例では、ファーム内のすべてのサービス アプリケーション プロキシを取得します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

取得するサービス アプリケーション プロキシの GUID を指定します。

Type:SPServiceApplicationProxyPipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition