Get-SPSite

指定した条件と一致するすべてのサイト コレクションを取得します。

構文

Get-SPSite
   [-Identity] <SPSitePipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-CompatibilityLevel <Int32>]
   [-Confirm]
   [-Filter <ScriptBlock>]
   [-Limit <String>]
   [-Regex]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
Get-SPSite
   -ContentDatabase <SPContentDatabasePipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-CompatibilityLevel <Int32>]
   [-Confirm]
   [-Filter <ScriptBlock>]
   [-Limit <String>]
   [-WhatIf]
   [-NeedsB2BUpgrade]
   [<CommonParameters>]
Get-SPSite
   -SiteSubscription <SPSiteSubscriptionPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-CompatibilityLevel <Int32>]
   [-Confirm]
   [-Filter <ScriptBlock>]
   [-Limit <String>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
Get-SPSite
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-CompatibilityLevel <Int32>]
   [-Confirm]
   [-Filter <ScriptBlock>]
   [-Limit <String>]
   [-WebApplication <SPWebApplicationPipeBind>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用法に関する詳しい情報については、「コマンドレットのパラメーター セット」を参照してください。

The Get-SPSite cmdlet returns either a single site that matches the Identity parameter, or all the sites that match the Filter parameter for the specified scope. The scopes are the WebApplication, ContentDatabase , and SiteSubscription parameters. If none of these scopes is provided, the scope is the farm. If the scope is specified with no Filter parameter, all sites in that scope are returned.

The Identity parameter supports providing a partial URL that ends in a wildcard character (*). All site collections that match this partial URL for the specified scope are returned. Additionally, if the Regex parameter is provided, the Identity parameter is treated as a regular expression and any site collection with a URL provided in the given scope that matches the expression is returned.

Filter パラメーターは、コンテンツ データベースに格納されている特定のサイト コレクション プロパティのサーバー側フィルターです。Filter パラメーターを指定しない場合、これらのプロパティに対するフィルター処理は低速プロセスです。 これらのサイト コレクションのプロパティは、Owner、SecondaryContact、LockState です。 Filter パラメーターは、Where-Object ステートメントと同じ構文を使用するスクリプト ブロックですが、より高速な結果を得るにはサーバー上で実行されます。

LockState の有効な値は、Unlock、NoAdditions、ReadOnly、および NoAccess です。

It is important to note that every site collection that the Get-SPSite cmdlet returns is automatically destroyed at the end of the pipeline. To store the results of Get-SPSite in a local variable, use the Start-SPAssignment and Stop-SPAssignment cmdlets to avoid memory leaks.

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 1 ---------------------

Get-SPSite 'https://<site name>' | Get-SPWeb -Limit All | Select Title

この例では、サイト コレクション内のサブ web タイトルのコレクションを https:// で取得します<site name>。

------------------ 例 2 ---------------------

Get-SPSite -ContentDatabase "b399a366-d899-4cff-8a9b-8c0594ee755f" | Format-Table -Property Url, Owner, SecondaryContact

この例では、コンテンツ データベース b399a366-d899-4cff-8a9b-8c0594ee755f 内のすべてのサイトからデータのサブセットを取得します。

------------------ 例 3 ---------------------

Start-SPAssignment -Global
$s = Get-SPSite -Identity https://<MyApp>/Sites/Site1
$s.Url
Stop-SPAssignment -Global

この例では、Identity パラメーターで指定したサイトを取得し、その結果を変数 s に挿入します。

The previous example uses the Global method of assignment collection. The Global method is easy to use but the contents of this object grows quickly. Be careful not to run a Get-SPSite command that returns many results while global assignment is enabled.

------------------ 例 4 ---------------------

$GC = Start-SPAssignment
$Sites = $GC | Get-SPSite -Filter {$_.Owner -eq "DOMAIN\JDow"} -Limit 50
Stop-SPAssignment $GC

この例では、サーバー側のクエリを使用して、ユーザー DOMAIN\JDow が所有する最初の 50 個のサイトを取得し、それをローカル変数に割り当てます。

この例では、高度な割り当てコレクション メソッドを使用しています。

------------------ 例 5 ---------------------

Get-SPWebApplication https://<site name> | Get-SPSite -Limit All |ForEach-Object {$sum=0}{ $sum+=$_.Usage.Storage }{$sum}

この例では、指定した Web アプリケーションのすべてのサイトについてディスク領域の使用状況の集計結果を取得するコマンドを示します。

------------------ 例 6 ---------------------

Get-SPSite -Identity "https://localserver/(my|personal)/sites" -Regex

この例では、指定した正規表現と一致するすべてのサイトを取得します。

Regex パラメーターを使用する場合は、Identity パラメーターで引用符を使用する必要があります。

------------------ 例 7 ---------------------

Get-SPSite https://<site name>/sites/teams/* -Limit 100

この例では、URL https://sitename/sites/teamsの下に最大 100 個のサイトを取得します。

------------------ 例 8 ---------------------

Get-SPSite | select url, @{Expression={$_.Usage.Storage}}

この例では、.UsageInfo プロパティの Storage フィールドを使用して、サイト コレクションによって使用されている記憶域の量を取得します。

------------------EXAMPLE 9---------------------

Get-SPSite -Limit all -CompatibilityLevel 14

この例では、すべての SharePoint Server モードのサイト コレクションを返します。

パラメーター

- 制限

取得するサイト コレクションの最大数を指定します。 既定値は 200 です。

この型は、負ではない有効な数値であることが必要です。 ALL を指定すると、指定範囲に該当するすべてのサイト コレクションが取得されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-CompatibilityLevel

新しい SPSite オブジェクトを作成するとき、使用するテンプレートのバージョンを指定します。 この値は、サイト コレクションの CompatibilityLevel の初期値を設定します。 このパラメーターの値は、SharePoint Server または SharePoint Server のいずれかです。 このパラメーターが指定されない場合、CompatibilityLevel は、SiteCreationMode 設定に基づいて、Web アプリケーションの最新なバージョンになります。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ContentDatabase

サイト コレクションの一覧を取得するコンテンツ データベースの GUID を指定します。

この型は、SPContentDB01 という形式の有効なデータベース名であるか、または有効な GUID (12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh など) であることが必要です。

Type:SPContentDatabasePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Filter

適用するサーバー側フィルターのスクリプト ブロックを指定します。

この型は、{$_PropertyName <演算子 > "filterValue"} という形式の有効なフィルター名と値であることが必要です。

有効な演算子は、EQ、NE、LIKE、および NOTLIKE です。

Type:ScriptBlock
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

取得するサイト コレクションの URL または GUID を指定します。

この型は、http://<サーバー名> または http://<サーバー名>/sites/<サイト名> という形式の有効な URL であるか、有効な GUID (12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh など) であることが必要です。

Type:SPSitePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-NeedsB2BUpgrade

サイトをアップグレードする必要があるかどうかを指定します。

有効な値は True と False です。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Regex

使用した場合、 Identity パラメーターに指定した URL が正規表現として処理されます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SiteSubscription

サイト コレクションを取得するサイト購読を指定します。

この型は、http://<サーバー名> という形式の有効な URL であるか、有効な GUID (12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh など) であることが必要です。

Type:SPSiteSubscriptionPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WebApplication

サイトのリストを作成する URL、GUID、または Web アプリケーションの名前を指定します。

この型は、http://<サーバー名> という形式の有効な URL であるか、有効な GUID (12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh など) であるか、Web アプリケーションの名前 (WebApplication1212 など) であることが必要です。

Type:SPWebApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition