Move-SPBlobStorageLocation

リモート BLOB ストレージ (RBS) を使用して、コンテンツ データベースを新しい場所にコピーします。

構文

Move-SPBlobStorageLocation
    [-SourceDatabase] <String>
    [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
    [-Confirm]
    [-DestinationDatabase <String>]
    [-DestinationDataSourceInstance <String>]
    [-Dir <String>]
    [-VerboseMod <Boolean>]
    [-WhatIf]
    [<CommonParameters>]

説明

リモート BLOB ストレージ (RBS) を使用してコンテンツ データベースをSQL Server データベースのインスタンスにコピーするには、Move-SPBlobStorageLocation コマンドレットを使用します。 SQL Serverのデータベース サイズの制限は 4 ギガバイト (GB) です。 コンテンツ データベースが 4 GB を超える場合、データベースをSQL Serverデータベース インスタンスに直接コピーすることはできません。 Move-SPBlobStorageLocation コマンドレットでは、RBS を利用することで 4 GB を超えるデータベースをコピーします。 RBS にローカル ハード ディスク上のデータを格納し、データベース内のデータへのリンクを保持することで、データベース サイズを小さくします。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------- 例 1 -----------------------

Move-SPBlobStorageLocation WSS_Content

この例では、RBS を使用して、WSS_Contentという名前のコンテンツ データベースをWindows Internal Databaseから SQL Server 2008 Express の同じデータベース名にコピーします。

------------------- 例 2 -----------------------

Move-SPBlobStorageLocation WSS_Content -DestinationDatabase WSS_V4_Content -BackupDatabase WSSBackupDB -VerboseMod:$true

この例では、Windows Internal Database の WSS_Content という名前のコンテンツ データベースを、SQL Server 2008 Express のデータベースにコピーします。 新しいデータベースの名前は、WSS_V4_Content です。 移動時のバックアップ ファイルの名前は、WSSBackupDB です。 このコマンドの出力によって、コマンド プロンプト ウィンドウにログ情報が表示されます。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DestinationDatabase

移行したデータベースの名前を指定します。 DestinationDatabase パラメーターを指定しない場合は、 SourceDatabase パラメーターが使用されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DestinationDataSourceInstance

コピー先データベースのインスタンスの名前を指定します。 SourceDatabase パラメーターの値がこのインスタンスに移行されます。 データベースのインスタンスの名前は、Service Pack 1 (SP1) および累積更新プログラム 2 以降のバージョンでSQL Serverする必要があります。 DestinationDataSourceInstance パラメーターを指定しない場合は、ローカル ホスト名が使用されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Dir

Used for all disk operations, including storing temporary backups and database (.mdf) files of a migrated database. If the Dir parameter is not specified, a default directory of the destination SQL Server instance is used. The free space in this directory should be at least two times the size of the source database.

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SourceDatabase

Windows Internal Database の名前を指定します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-VerboseMod

コマンド プロンプト ウィンドウに表示される詳細なログ出力を生成します。 VerboseMod パラメーターを指定しない場合、出力は表示されません。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition