New-FASTSearchSecurityClaimsUserStore

要求コンテンツのセキュリティを提供する FAST Search Server 2010 for SharePoint セキュリティ ユーザー ストアを作成します。

構文

New-FASTSearchSecurityClaimsUserStore
   [-Identity] <String>
   [[-Description] <String>]
   [[-Issuer] <String>]
   [-ObjectToClone <ClaimsUserStore>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットでは、クレーム コンテンツの拡張セキュリティを構成します。

SharePoint コマンドレットの FAST Search Server 2010 のアクセス許可と最新の情報については、オンライン ドキュメント (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=163227)) を参照してください。

---------------例 1----------------- (FAST Server for SharePoint 2010)

New-FASTSearchSecurityClaimsUserStore -Identity clm

この例では、ユーザー ストア ID が "clm" の新しいセキュリティ要求ユーザー ストアを作成します。

この例では、必須の Identity パラメーターを除く、すべてのパラメーターに既定値を使用します。

---------------例 2----------------- (FAST Server for SharePoint 2010)

Get-FASTSearchSecurityClaimsUserStore -Identity clm | New-FASTSearchSecurityClaimsUserStore -Identity cl2

この例では、"clm" というクレーム ユーザー ストアのすべてのプロパティをベースラインとして使用して、ID が "cl2" の新しいセキュリティ 要求ユーザー ストアを作成します。 New-FASTSearchSecurityClaimsUserStore コマンドレットの入力には、パイプラインで渡された ObjectToClone 値が使用されます。

パラメーター

-Description

ユーザー ストアの簡単な説明。

Type:String
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-Identity

ユーザー ストアの ID。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-Issuer

要求を発行した Microsoft SharePoint Server セキュリティ トークン サービス (STS) クレーム プロバイダー。

Type:String
Position:3
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-ObjectToClone

クレーム ユーザー ストア オブジェクト。このオブジェクトのプロパティ値を基にして、別のクレーム ユーザー ストアを作成します。

Type:ClaimsUserStore
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010