New-FASTSearchSecurityXMLAliaser

XML プリンシパル エイリアサーを作成します。

構文

New-FASTSearchSecurityXMLAliaser
   [-InputUserStoreId] <String>
   [-OutputUserStoreIds] <String[]>
   [[-Identity] <String>]
   [[-InputPropertyName] <String>]
   [-ObjectToClone <SecurityXMLAliaser>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットでは、XML マッピング ファイルに基づいて、ユーザー ストア間でユーザーおよびグループをマップする XML エイリアサーを作成します。

SharePoint コマンドレットの FAST Search Server 2010 のアクセス許可と最新の情報については、オンライン ドキュメント (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=163227)) を参照してください。

---------------例 1----------------- (FAST Server for SharePoint 2010)

New-FASTSearchSecurityXMLAliaser -InputUserStoreId win -OutputUserStoreIds ln3 -InputPropertyName mail

この例では、Microsoft ユーザー ストアのメール プロパティを別のユーザー ストアのユーザーとグループにマップする XML プリンシパル エイリアサーを作成します。

Set-FASTSearchSecurityXMLAliaser コマンドレットを使用して、XML マッピング ファイルをアップロードします。

---------------例 2----------------- (FAST Server for SharePoint 2010)

Get-FASTSearchSecurityAliaser xmlalias2 | New-FASTSearchSecurityXMLAliaser -Identity myxmlalias -OutputUserStoreIds ln2

この例では、既存の XML エイリアスに基づいて XML プリンシパル エイリアスを作成しますが、出力ユーザー ストア ID を 'ln2' に設定します。

Set-FASTSearchSecurityXMLAliaser コマンドレットを使用して、新しいエイリアスの必要なマッピングを含む XML マッピング ファイルをアップロードします。

パラメーター

-Identity

エイリアサーの ID。 パラメーターを指定しない場合は、ID が生成されます。

Type:String
Position:4
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-InputPropertyName

この正規表現パターンに一致するユーザー/グループ プロパティの名前。

InputPropertyName は次のいずれかです。

-- $PRINCIPAL_REFERENCE_ID - ユーザーまたはグループの ID。 これが既定です。

'$PRINCIPAL_REFERENCE_ID' のように、必ず単一引用符で囲みます。

-- $PRINCIPAL_REFERENCE_ALIAS - ユーザーまたはグループのエイリアス。

'$PRINCIPAL_REFERENCE_NAME' のように、必ず単一引用符で囲みます。

ユーザーまたはグループのその他のプロパティ。 特定のユーザー ストアで公開されるその他のプロパティについては、そのユーザー ストアを参照してください。

Type:String
Position:5
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-InputUserStoreId

マップ元のユーザー ストアの ID。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-ObjectToClone

別の SecurityXMLAliaser エイリアサーを作成する際の基礎としてコピーするプロパティ値を持つ SecurityXMLAliaser オブジェクト。

Type:SecurityXMLAliaser
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-OutputUserStoreIds

マップ先のユーザー ストアの ID を示す、コンマ区切りのリスト。

Type:String[]
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010