New-SPAlternateURL

指定した Web アプリケーション領域やリソースの新しいパブリック URL または内部 URL を作成します。

構文

New-SPAlternateURL
   [-Url] <String>
   -WebApplication <SPWebApplicationPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-Internal]
   [-WhatIf]
   [-Zone <SPUrlZone>]
   [<CommonParameters>]
New-SPAlternateURL
   [-Url] <String>
   -ResourceName <String>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-Internal]
   [-WhatIf]
   [-Zone <SPUrlZone>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットには、複数のパラメーター セットが含まれています。 使用できるのは、1 つのパラメーター セットのパラメーターだけであり、異なるパラメーター セットのパラメーターを組み合わせることはできません。 パラメーター セットの使用法に関する詳しい情報については、「コマンドレットのパラメーター セット」を参照してください。

The New-SPAlternateUrl cmdlet creates a new public or internal URL for the specified Web application zone or resource. Use the ResourceName parameter if the alternate URL is for an external resource.

Web アプリケーションごとに、内部 URL とパブリック URL とのマッピングのコレクションを関連付けることができます。 内部 URL とパブリック URL の両方が、完全な URL のプロトコル部分とドメイン部分で構成されます。たとえば、. https://www.fabrikam.com ユーザーが SharePoint サイトにアクセスするためのパブリック URL を入力すると、その URL がページのリンクに表示されます。 内部 URL は、SharePoint サイトに送信される URL 要求に含まれています。 多くの内部 URL は、マルチサーバー ファーム内の 1 つのパブリック URL に関連付けることができます。たとえば、ロード バランサーが特定の IP アドレスに要求を負荷分散クラスター内のさまざまなサーバーにルーティングする場合などです。

Each Web application supports five collections of mappings per URL; the five collections correspond to five zones (default, intranet, extranet, Internet, and custom). When the Web application receives a request for an internal URL in a particular zone, links on the pages returned to the user have the public URL for that zone.

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 -----------------------

#create the public URL
New-SPAlternateURL https://www.contoso.com -Zone "Internet"

#create the internal URL
New-SPAlternateURL https://sharepoint.contoso.com -Zone "Internet" -internal

この例では、受信要求を https://www.contoso.com https://sharepoint.contoso.com (インターネット ゾーン上の) に変換します。

パブリック URL の SSL ターミネーションを処理するためにリバース プロキシを設定する場合は、URL 変換を処理するための代替アクセス マッピングを構成する必要があります。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Internal

この代替 URL を内部 URL にします。 このパラメーターを指定しない場合、URL はパブリック URL です。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ResourceName

リソース名を指定します (外部リソースの代替 URL の場合)。 値を指定しない場合、値は空白のままになります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Url

ユーザーが Web アプリケーションにサインインする際にアクセスするパブリック URL を指定します。

この型は、http://<サーバー名> という形式の有効な URL であることが必要です。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WebApplication

マッピングを作成する Web アプリケーションの名前、URL、または GUID を指定します。

この型は、WebApplication-1212 という形式の有効な名前であるか、http://<サーバー名> という形式の URL であるか、1234-5678-9876-0987 という形式の GUID であることが必要です。

Type:SPWebApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Zone

パブリック URL が関連付けられている 5 つの領域の 1 つを指定します。

この型は、有効な領域 ( Default 、 Intranet 、 Internet 、 Extranet 、または Custom ) であることが必要です。

Type:SPUrlZone
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition