New-SPEnterpriseSearchFileFormat

解析システムに新しいファイル形式を追加します。

構文

New-SPEnterpriseSearchFileFormat
   [-FormatId] <String>
   [-FormatName] <String>
   [-MimeType] <String>
   -SearchApplication <SearchServiceApplicationPipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは New-SPEnterpriseSearchFileFormat 、新しいファイル形式と対応するファイル名拡張子を検索解析システムに追加します。 これにより、検索解析システムのフィルターベースの形式ハンドラーにファイル形式がバインドされます。 したがって、検索解析システムは、ユーザーが新しいファイル形式に対応するフィルター ベースの形式ハンドラー (IFilter) をインストールした場合にのみ、新しいファイル形式を解析できます。 インストールされている IFilter で複数のファイル名拡張子が登録されている場合、ユーザーはコマンドレットを New-SPEnterpriseSearchFileFormat 使用して、これらのファイル名拡張子ごとに新しいファイル形式を解析システムに追加する必要があります。 また、新しいファイル形式のファイル名拡張子が、ファイルの種類の包含リストのメンバーであることも確認する必要があります。 ファイルの種類の包含リストは、ファイル名拡張子に基づいてクロールされるファイルを指定します。 システムでは、コンテンツ処理コンポーネントの再起動後にのみ、新しいファイル形式が考慮されます。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 ------------------

$ssa = Get-SPEnterpriseSearchServiceApplication
New-SPEnterpriseSearchFileFormat -SearchApplication $ssa -FormatId foo -FormatName FooApp -MimeType "text/foo"

この例では、コマンドレットを New-SPEnterpriseSearchFileFormat 使用して、所属するファイル名拡張子 foo を持つ新しいファイル形式 FooApp を、$ssaによって参照される検索サービス アプリケーションの解析システムに追加します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

Prompts you for confirmation before executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-FormatId

追加する形式のファイル名拡張子を指定します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-FormatName

追加する形式の名前を指定します。

通常、これは形式を処理するアプリケーションの名前です。

Type:String
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MimeType

追加する形式の MIME の種類を指定します。

Type:String
Position:3
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SearchApplication

Specifies the search application for which to add the new file format. The type must be a valid GUID, in the form 12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh; a valid search application name (for example, SearchApp1); or an instance of a valid SearchServiceApplication object.

Type:SearchServiceApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition