New-SPPerformancePointServiceApplication

PerformancePoint Services の新しいサービス アプリケーションを作成します。

構文

New-SPPerformancePointServiceApplication
   [-Name] <String>
   -ApplicationPool <SPIisWebServiceApplicationPoolPipeBind>
   [-AnalyticQueryCellMax <Int32>]
   [-AnalyticQueryLoggingEnabled <Boolean>]
   [-ApplicationCacheEnabled <Boolean>]
   [-ApplicationCacheMinimumHitCount <Int32>]
   [-ApplicationProxyCacheEnabled <Boolean>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-CommentsDisabled <Boolean>]
   [-CommentsScorecardMax <Int32>]
   [-Confirm]
   [-DatabaseFailoverServer <String>]
   [-DatabaseName <String>]
   [-DatabaseServer <String>]
   [-DatabaseSQLAuthenticationCredential <PSCredential>]
   [-DataSourceQueryTimeoutSeconds <Int32>]
   [-DecompositionTreeMaximum <Int32>]
   [-ElementCacheSeconds <Int32>]
   [-FilterRememberUserSelectionsDays <Int32>]
   [-FilterTreeMembersMax <Int32>]
   [-IndicatorImageCacheSeconds <Int32>]
   [-MSMQEnabled <Boolean>]
   [-MSMQName <String>]
   [-SelectMeasureMaximum <Int32>]
   [-SessionHistoryHours <Int32>]
   [-ShowDetailsInitialRows <Int32>]
   [-ShowDetailsMaxRows <Int32>]
   [-ShowDetailsMaxRowsDisabled <Boolean>]
   [-TrustedContentLocationsRestricted <Boolean>]
   [-TrustedDataSourceLocationsRestricted <Boolean>]
   [-WhatIf]
   [-AnalyticResultCacheMinimumHitCount <Int32>]
   [-DataSourceUnattendedServiceAccountTargetApplication <String>]
   [-FilterSearchResultsMax <Int32>]
   [-UseEffectiveUserName <Boolean>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは New-SPPerformancePointServiceApplication 、ファームに新しい PerformancePoint サービスを作成します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

----------------- 例 ------------------------

New-SPPerformancePointServiceApplication -Name PPS_Application_01 -ApplicationPool PPS_Application_Pool_01

この例では、新しい PerformancePoint Services アプリケーション PPSApp_01 を作成し、アプリケーション プール PPS_Application_Pool_01 で実行するように設定します。

パラメーター

-AnalyticsQueryCellMax

分析グリッドで返すセルの最大数を指定します。

1 ~ 1,000,000,000 の範囲の有効な整数値。 既定値は 100,000 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-AnalyticsQueryLoggingEnabled

クエリ イベントの詳細ログを有効にします。

この型は、True または False のいずれかの値であることが必要です。 既定値は False です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-AnalyticsResultCacheMinimumHitCount

分析レポートのキャッシュが開始されるようになるアクセス最小回数。

既定値は 0 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:harePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ApplicationCacheEnabled

アプリケーション サーバーで、レンダリングされた出力のキャッシュを有効 (True) にするか無効 (False) にするかを指定します。 既定値は True です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ApplicationCacheMinimumHitCount

レンダリングされた出力をキャッシュに追加するまでの最小要求回数を指定します。 既定値は 2 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ApplicationPool

サービス アプリケーション用の Web サービスを実行するための既存の IIS アプリケーション プールを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、アプリケーション プールの有効な名前 (AppPoolName1 など) であるか、有効な IISWebServiceApplicationPool オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:SPIisWebServiceApplicationPoolPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ApplicationProxyCacheEnabled

レンダリングされた出力をフロントエンド Web サーバーでキャッシュするように指定します。 既定値は True です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-CommentsDisabled

ユーザーがスコアカード セルにコメントを追加できるように指定します。

この型は、true または false のいずれかの値であることが必要です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-CommentsScorecardMax

スコアカードに追加できるコメントの最大数を指定します。 既定値は 1,000 です。

この型は、1 ~ 1,000,000 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-DatabaseFailoverServer

ミラー化する必要があるPerformancePoint Services データベースを含むデータベース サーバーの名前を指定します。

このパラメーターは、Service Pack 1 (SP1) と SharePoint Foundation と Service Pack 1 (SP1) の SharePoint Server で導入されました。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-DatabaseName

サービス アプリケーションのプロビジョニング時に作成されるPerformancePoint Services データベースの名前を指定します。

このパラメーターは、Service Pack 1 (SP1) と SharePoint Foundation と Service Pack 1 (SP1) の SharePoint Server で導入されました。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-DatabaseServer

PerformancePoint Services データベースを作成するデータベース サーバーの名前を指定します。 SharePoint のコンテンツ データベースおよび構成データベースに使用するサーバー名と同じ名前にする必要があります。

この値は、既定のインスタンスを参照していない場合は、SQL instance\server と記述できます。

このパラメーターは、Service Pack 1 (SP1) と SharePoint Foundation と Service Pack 1 (SP1) の SharePoint Server で導入されました。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-DatabaseSQLAuthenticationCredential

PerformancePoint Services データベースに接続するときに、Windows 認証認証とSQL Server認証のどちらを使用するかを決定します。

このパラメーターは、Service Pack 1 (SP1) と SharePoint Foundation と Service Pack 1 (SP1) の SharePoint Server で導入されました。

Type:PSCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-DataSourceQueryTimeoutSeconds

データ ソース クエリがタイムアウトするまでの時間 (秒単位) を指定します。既定値は 300 です。

この型は、1 ~ 36,000 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-DataSourceUnattendedServiceAccountTargetApplication

データ ソースへのアクセスに既定で使用される Secure Store アプリケーションの名前。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-DecompositionTreeMaximum

分解ツリー表示に返すアイテムの最大数 (レベル別) を指定します。

1 ~ 1,000,000 の範囲の有効な整数値。 既定値は 25 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ElementCacheSeconds

ファースト クラス オブジェクトのキャッシュの有効期限を指定します。 既定値は 15 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-FilterRememberUserSelectionsDays

ユーザーによるフィルターの選択内容を保存する日数を指定します。 既定値は 90 です。

この型は、1 ~ 10,000 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-FilterSearchResultsMax

フィルターの表示時にダッシュボード上に返す項目の最大数。

既定値は 5000 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-FilterTreeMembersMax

フィルター ツリー ビュー コントロールに表示するレコードの最大数を指定します。 既定値は 500 です。

この型は、1 ~ 100,000 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-IndicatorImageCacheSeconds

主要業績指標 (KPI) アイコンをキャッシュする時間 (秒単位) を指定します。 既定値は 10 です。

この型は、1 ~ 3,600 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-MSMQEnabled

コンテンツの変更時に通知を Microsoft Message Queuing (MSMQ) に送信するように指定します。

この型は、True または False のいずれかの値であることが必要です。 既定値は False です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-MSMQName

キューの名前を指定します。 キュー名には最大 380 文字を含めることができます。CR (ASCII 13)、LF (ASCII 10)、円記号 (+\、コンマ (、引用符)、または引用符 ("") を含めることはできません。

この型は、有効な MSMQ 名 (MessageQueue1 など) であることが必要です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-Name

新しい PerformancePoint Services アプリケーションの名前を指定します。

この型は、PerformancePoint Services アプリケーションの有効な名前 (PerfPointApp1 など) であることが必要です。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-SelectMeasureMaximum

ダッシュボードのメジャーの選択コントロールに表示するメジャーの最大数を指定します。 既定値は 1,000 です。

この型は、1 ~ 1,000,000 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-SessionHistoryHours

有効期限が切れたユーザー ナビゲーション履歴を消去する時間間隔を指定します。 既定値は 2 です。

この型は、1 ~ 48 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ShowDetailsInitialRows

詳細の表示のために取得する行の初期数を指定します。 既定値は 1,000 です。

この型は、1 ~ 100,000 の範囲の整数値であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ShowDetailsMaxRows

詳細の表示のために取得する行の最大数を指定します。

この型は、1 ~ 1,000,000 の範囲の整数値であることが必要です。 既定値は 10,000 です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-ShowDetailsMaxRowsDisabled

ShowDetailsInitialRows 設定を無効にします。 True に設定すると、Analysis Services によって制御され、制限されます。

この型は、True または False のいずれかの値であることが必要です。 既定値は False です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-TrustedContentLocationsRestricted

指定した場所のみを信頼するように指定します。 既定の設定は false (すべてのコンテンツの場所を信頼する) です。

この型は、True または False のいずれかの値であることが必要です。 既定値は False です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-TrustedDataSourceLocationsRestricted

指定した場所のみを信頼するように指定します。 既定の設定は false (すべてのデータ ソースの場所を信頼する) です。

この型は、True または False のいずれかの値であることが必要です。 既定値は False です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-UseEffectiveUserName

Analysis Services の有効なユーザー名機能の使用を有効にします。

この型は、True または False のいずれかの値であることが必要です。 既定値は False です。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019