New-SPWOPISuppressionSetting

現在の SharePoint ファームで指定したアクション、ファイル名拡張子、またはプログラム識別子の Office Web Appsを無効にします。

構文

New-SPWOPISuppressionSetting
   [-Action <String>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-Extension <String>]
   [-ProgId <String>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットはNew-SPWOPISuppressionSetting、現在の SharePoint ファームで指定したアクション、ファイル名拡張子、またはプログラム識別子 (ProgId) の Office Web Appsをオフにします。 このコマンドレットは、検出情報を削除したり、ユーザーが SharePoint Share by link 機能を使用してドキュメントへのリンクを送信したり、受信者がそのドキュメントの種類に対して Office Web Appsを使用できるようにしたりすることなく、これを行います。 WOPI アプリケーション (Office Web Apps Server など) の代わりに Excel ブックを表示するためにExcel Servicesを使用する場合は、このコマンドレットを使用する必要があります。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 -----------------------

New-SPWOPISuppressionSetting -Extension "XLSX" -Action "view"
New-SPWOPISuppressionSetting -Extension "XLS" -Action "view"

この例では、ファイル名拡張子が ".xlsx" または ".xls" の Excel ブックを、ユーザーが Office Web Apps を使用して表示する機能をオフにします。

パラメーター

-Action

特定の拡張機能またはプログラム識別子 (ProgId) に対して抑制するアクションを指定します。

たとえば、"view"、"edit"、"embedview" などです。 アクションの完全な一覧については、次を実行 Get-SPWOPIBindingします。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Extension

抑制するファイル名拡張子を指定します。

WOPI アプリケーションがサポートするファイル名拡張子の一覧を取得するために実行 Get-SPWOPIBinding します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ProgId

抑制するアプリケーションのプログラム識別子 (ProgId) を指定します。

WOPI アプリケーションがサポートする ProgId の一覧を取得するために実行 Get-SPWOPIBinding します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition