Remove-SPClaimTypeMapping

セキュリティ トークン サービス (STS) ID プロバイダーの要求のクレーム マッピング ルールを削除します。

構文

Remove-SPClaimTypeMapping
      [-Identity] <SPClaimMappingPipeBind>
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      [-Confirm]
      -TrustedIdentityTokenIssuer <SPTrustedIdentityTokenIssuerPipeBind>
      [-WhatIf]
      [<CommonParameters>]

説明

コマンドレットは Remove-SPClaimTypeMapping 、要求の種類のマッピング規則をファーム信頼 STS ID プロバイダーから削除します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

-------------------- 例 -------------------------

Get-SPTrustedIdentityTokenIssuer "LiveIDSTS" | Remove-SPClaimTypeMapping "http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/emailaddress"

この例では、要求の種類マッピング emailaddress を LiveIDSTS ID プロバイダーから削除します。

パラメーター

-AssignmentCollection

適切な破棄を行うためにオブジェクトを管理します。 SPWeb や SPSite などのオブジェクトの使用によって大量のメモリが使用される場合があるので、Windows PowerShell スクリプトでこれらのオブジェクトを使用するには適切なメモリ管理が必要です。 メモリの解放が必要になった場合は、SPAssignment オブジェクトを使用して、変数へのオブジェクトの割り当てとオブジェクトの破棄を行うことができます。 割り当てコレクションまたは Global パラメーターが使用されていない場合、SPWeb、SPSite、または SPSiteAdministration オブジェクトが使用されていると、オブジェクトは自動的に破棄されます。

Global パラメーターが使用されている場合は、オブジェクトはすべてグローバル ストアに格納されます。 Stop-SPAssignment コマンドを使用してオブジェクトの使用または破棄を直接行わないと、メモリ不足のシナリオになる場合があります。

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

削除するクレーム マッピングを指定します。

型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID である必要があります。または要求マッピング 規則の有効な名前 (たとえば、Email)、または有効な SPClaimTypeMapping オブジェクトのインスタンス。

Type:SPClaimMappingPipeBind
Position:1
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-TrustedIdentityTokenIssuer

トークン発行元や適切な SPTrustedIdentityTokenIssuerPipeBind オブジェクトを指定します。

Type:SPTrustedIdentityTokenIssuerPipeBind
Position:Named
Default value:None
Required:True
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドレットが実行されるとどうなるかを示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition