Remove-SPEnterpriseSearchResultItemType

検索オブジェクト所有者の結果アイテムの種類を削除します。

構文

Remove-SPEnterpriseSearchResultItemType
      [-Identity] <ResultItemTypePipeBind>
      -Owner <SearchObjectOwner>
      [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
      [-Confirm]
      [-SearchApplication <SearchServiceApplicationPipeBind>]
      [-SearchApplicationProxy <SearchServiceApplicationProxyPipeBind>]
      [-WhatIf]
      [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Remove-SPEnterpriseSearchResultItemType 、結果の種類 ID と検索所有者を指定して、ユーザーが作成した結果項目の種類を削除します。 このコマンドレットを使用して、SharePoint 製品に含まれる組み込みの結果項目の種類を削除することはできません。

結果アイテムの種類を使用すると、結果の種類に基づいて検索結果の外観を変更できます。 まず、結果のプロパティに対して評価されるルールのコレクションを定義します。 次に、その種類の結果のレンダリングに使用する表示テンプレートを定義します。 結果項目の種類を作成すると、指定した表示テンプレートを使用して、結果項目の種類のルールに一致する結果が表示されます。

使用例:

  • Word 文書など、特定のファイル名拡張子の結果の外観を変更します。

  • 検索結果で特定のコンテンツ タイプの外観を変更します。

  • 特定の作成者からの結果の外観を変更します。

  • カスタム検索アプリケーションの一部として、結果の動作を特定の結果ソースからの結果に追加します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 ------------------

$web = Get-SPWeb "UrlOfTheSite"
$tenantOwner = Get-SPEnterpriseSearchOwner -Level SPSite -SPWeb $web
$searchapp = Get-SPEnterpriseSearchServiceApplication
$resultType = Get-SPEnterpriseSearchResultItemType -Owner $tenantOwner -SearchApplication $searchapp
Remove-SPEnterpriseSearchResultItemType -Identity $resultType -Owner $tenantOwner -SearchApplication $searchapp

この例では、まず、サイトの URL、検索所有者、検索アプリケーションの変数を定義します。 結果アイテムの種類を取得して、結果アイテムの種類が内蔵の結果アイテムの種類であるか確認します。 $resultType.BuiltIn が false を戻した場合、アイテムの種類は内蔵ではなく、ユーザーは結果を変更できます。 次に、$tenantOwner で参照される所有者の、$resultType で参照される結果アイテムの種類を削除します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

更新する結果アイテムの種類を指定します。 この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の GUID であることが必要です。

Type:ResultItemTypePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Owner

結果アイテムの種類が作成される範囲を定義する、検索オブジェクトの所有者を指定します。

Type:SearchObjectOwner
Aliases:o
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SearchApplication

Specifies the name of the search application. The type must be a valid GUID, in the form 12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh; a valid search application name (for example, SearchApp1); or an instance of a valid SearchServiceApplication object.

Type:SearchServiceApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SearchApplicationProxy

Specifies the proxy of the search application that contains the result item type. The type must be a valid GUID, in the form 12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh; a valid search application proxy name (for example, SearchAppProxy1); or an instance of a valid SearchServiceApplicationProxy object.

Type:SearchServiceApplicationProxyPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition