Restore-SPDeletedSite

削除されたサイト コレクションを復元します。

構文

Restore-SPDeletedSite
       [-Identity] <SPDeletedSitePipeBind>
       [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
       [-Confirm]
       [-ContentDatabase <SPContentDatabasePipeBind>]
       [-WebApplication <SPWebApplicationPipeBind>]
       [-WhatIf]
       [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは、SharePoint Server と Service Pack 1 (SP1) と SharePoint Foundation と Service Pack 1 (SP1) で導入されました。

コマンドレットを Restore-SPDeletedSite 使用して、以前に削除したサイト コレクションを復元します。

Identity パラメーターの Restore-SPSite ホスト名とスキームを使用するコマンドレットとは異なり (つまり、 https://server_name)すべての SPDeletedSite コマンドレットの ID パラメーターの値は、サーバー相対 URL を使用します。 通常、相対 URL はスラッシュ記号 (/) で始まり、この記号はルート サイトも表します。

サーバー相対 URL の詳細、または絶対 URL と相対 URL に関する一般的な概念については、「サーバー相対 URL プロパティ (または絶対 URL アドレスと相対 URL アドレスについて (https://msdn.microsoft.com/en-us/library/microsoft.sharepoint.spsite.serverrelativeurl.aspx)https://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb208688(office.12).aspx).

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

---------------------- 例 1 ----------------------

$deletedSite = Get-SPDeletedSite /sites/site_name
Restore-SPDeletedSite -Identity $deletedSite

この例では、サイト ID を使用して、削除済みの特定のサイト コレクションを復元します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ContentDatabase

Specifies the SQL Server content database where the site collection data will be stored. If no content database is specified, the content database with the greatest unused site collection capacity and whose database status is ready will be used.

Type:SPContentDatabasePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

復元する削除済みのサイト コレクションの ID を指定します。 ID には、/sites/site_name 形式の有効なサーバー相対 URL を指定できます。形式 12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh の有効な GUID。または SPDeletedSite オブジェクト。

復元を実行する URL の場所にサイト コレクションが既に存在している必要はありません。

Type:SPDeletedSitePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WebApplication

サイトのリストを作成する URL、GUID、または Web アプリケーションの名前を指定します。

この型は、http://<サーバー名> という形式の有効な URL、有効な GUID (12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh など)、Web アプリケーションの名前 (WebApplication1212 など) のいずれかである必要があります。

Type:SPWebApplicationPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition