Set-SPCentralAdministration

SharePoint サーバーの全体管理サイトの IIS Web サイト バインドを設定します。

構文

Set-SPCentralAdministration
   -Port <Int32>
   [-SecureSocketsLayer]
   [-HostHeader <String>]
   [-Certificate <SPServerCertificatePipeBind>]
   [-UseServerNameIndication]
   [-AllowLegacyEncryption]
   [-Url <String>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Set-SPCentralAdministration 、SharePoint サーバーの全体管理サイトの IIS Web サイト バインドを設定します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品の権限の詳細と最新情報については、https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=251831にあるオンライン ドキュメントを参照してください。

------------------ 例 ------------------

Set-SPCentralAdministration -Port 8282

この例では、ローカル ファーム上の全体管理 Web アプリケーションのポートを 8282 に設定します。

パラメーター

-AllowLegacyEncryption

この IIS Web サイトで、古い SSL および TLS プロトコルのバージョンと暗号スイートを使用できるように指定します。 レガシ暗号化は最新の暗号化よりも弱く、推奨されません。

この機能には、Windows Server 2022 以降が必要です。 この機能は、SharePoint が以前のバージョンの Windows Server で展開されている場合は使用できません。

このパラメーターは、SecureSocketsLayer パラメーターと共に使用する場合にのみ有効です。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Certificate

この IIS Web サイトの Secure Sockets Layer (SSL) バインドに使用される証明書を指定します。 このパラメーターは、SecureSocketsLayer パラメーターと共に使用する場合にのみ有効です。

Type:SPServerCertificatePipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

Prompts you for confirmation before executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-HostHeader

サーバーの全体管理 IIS Web サイトのホスト ヘッダー。

このパラメーターを省略すると、ホスト ヘッダー バインドは行われず、サーバーの全体管理サイトの URL はこのサーバーの名前に基づいて作成されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Port

全体管理サイトの管理ポートを指定します。

この型は、有効なポート番号 (8080 など) であることが必要です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-SecureSocketsLayer

サーバーの全体管理 IIS Web サイトでセキュリティで保護されたソケットレイヤー (SSL) 暗号化を有効にします。 SSL を使用する場合は、サーバー証明書を SharePoint にインポートし、この Web アプリケーションのサーバー全体管理 IIS Web サイトに割り当てる必要があります。 この操作を実行するまでは、サーバーの全体管理 Web アプリケーションにアクセスできません。

既定値は False です。

このパラメーターを省略するか False に設定すると、サーバーの全体管理サイトは、指定したポートに HTTP を使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Url

サーバーの全体管理の負荷分散 URL を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UseServerNameIndication

この IIS Web サイトの Secure Sockets Layer (SSL) バインドでサーバー名表示 (SNI) を使用することを指定します。 サーバー名表示を使用すると、一意のホスト ヘッダーと一意のサーバー証明書を持つ複数の IIS Web サイトで同じ SSL ポートを共有できます。 サーバー名表示が使用されていない場合は、同じ SSL ポートを共有するすべての IIS Web サイトで同じサーバー証明書を共有する必要があります。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition