Set-SPContentDatabase

SharePoint コンテンツ データベースのグローバル プロパティを設定します。

構文

Set-SPContentDatabase
   [-Identity] <SPContentDatabasePipeBind>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-MaxSiteCount <Int32>]
   [-Status <SPObjectStatus>]
   [-WarningSiteCount <Int32>]
   [-WhatIf]
   [-DatabaseFailoverServer <String>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Set-SPContentDatabase 、SharePoint コンテンツ データベースのグローバル プロパティを設定します。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

--------------- 例 1 ---------------

Get-SPContentDatabase https://contoso.com | Set-SPContentDatabase -MaxSiteCount 1

この例では、contoso.com を含むコンテンツ データベースの MaxSiteCount を 1 に設定します。

--------------- 例 2 ---------------

Get-SPContentDatabase -WebApplication https://sitename | Set-SPContentDatabase -WarningSiteCount $null

この例では、sitename Web アプリケーション内にあるすべてのデータベースの WarningSiteCount をクリアします。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DatabaseFailoverServer

フェイルオーバー用のミラー サーバーの名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

更新するコンテンツ データベースを指定します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、SharePoint コンテンツ データベースの有効な名前 (SPContentDB1 など) であるか、有効な SPContentDatabase オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Type:SPContentDatabasePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxSiteCount

このデータベースでホストできるサイト コレクションの最大数を指定します。

この型は、正の整数であることが必要です。 この値をクリアするには、$null に設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Status

SQL Server データベースのステータスを指定します。 このパラメーターを Online に設定した場合は、データベースで新しいサイトをホストできるようになります。 新しいサイトをホストするためにデータベースを使用できないようにするには、このパラメーターを [無効] に設定します。

型は次のいずれかである必要があります:オンラインまたは無効

Type:SPObjectStatus
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WarningSiteCount

警告イベントを生成してサイト コレクションの所有者に通知するまでの間に作成できるサイト コレクションの数を指定します。

この型は、正の整数であることが必要です。 この値をクリアするには、$null に設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition