Set-SPLogLevel

カテゴリのセットのトレース レベルとイベント レベルを設定します。

構文

Set-SPLogLevel
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-EventSeverity <String>]
   [-Identity <String[]>]
   [-InputObject <PSObject>]
   [-TraceSeverity <String>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Set-SPLogLevel 、ファームに登録されている 1 つ以上の診断ログ カテゴリの Windows イベント ログとトレース ログ レベルを設定します。 カテゴリに関連付けられているイベントまたはトレースが発生しても、このカテゴリのログ出力レベルより重要度が低い場合は、イベント ログまたはトレース ログに書き込まれません。 発生したイベントまたはトレースの重要度が、このカテゴリのログ出力レベル以上である場合は、イベント ログまたはトレース ログに書き込まれます。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 1 -----------------------

set-sploglevel -TraceSeverity Monitorable

この例では、すべてのカテゴリの TraceSeverity 値を Monitorable に設定します。

------------------ 例 2 -----------------------

Set-SPLogLevel -TraceSeverity High -EventSeverity Warning -Identity "Cat1"

この例では、1 つのカテゴリの EventSeverity 値と TraceSeverity 値を設定します。

------------------ 例 3 -----------------------

"Cat1", "Cat2", "Cat3" | Set-SPLogLevel -EventSeverity Error

この例では、複数のカテゴリの EventSeverity 値を設定します。

------------------ 例 4 -----------------------

Set-SPLogLevel -EventSeverity Warning -Identity "AreaName:*"

この例では、同じ領域にあるすべてのカテゴリの EventSeverity 値を設定します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-EventSeverity

設定するカテゴリ レベルを指定します。 カテゴリ レベルは、次の値のいずれかです。

  • None
  • ErrorCritical
  • Error
  • 警告
  • 情報
  • 詳細
Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

Specifies the name(s) of the category or set of categories to set the throttle for; for example, "Unified Logging Service". If the Identity parameter is not specified, the event-throttling setting is applied to all categories in the farm.

Type:String[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-InputObject

InputObject はコマンドレットにパイプライン処理され、Identity パラメーターと同じ形式の文字列を指定することも、SPDiagnosticsCategory オブジェクトにすることもできます。 ユーザーは、コマンドレットから 1 つ以上のカテゴリを Get-SPLogLevel 取得し、カテゴリ値を変更してから、それらをコマンドレットにパイプライン処理 Set-SPLogLevel できます。

Type:PSObject
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-TraceSeverity

Specifies trace throttle to set the specified categor(ies) to. The trace log files are text files that are written to the trace log path that is defined on the Diagnostic Logging Settings page on the SharePoint Central Administration site. The type must be any one of the following values:

  • None (トレースはトレース ログに書き込まれません)
  • 原因不明
  • モニター可能
  • 詳細
  • VerboseEx
Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition