Set-SPProjectOdataConfiguration

Project Web App のインスタンスに対して OData サービスがどのように構成されるかについてのプロパティを設定します。

構文

Set-SPProjectOdataConfiguration
   [-AcceptCountRequests <Boolean>]
   [-AcceptProjectionRequests <Boolean>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-ClearEntityPageSizeOverrides]
   [-DefaultMaxPageSize <Int32>]
   [-EntitySetName <String>]
   [-MaxResultsPerCollection <Int32>]
   [-PageSizeOverride <Int32>]
   [-UseVerboseErrors <Boolean>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットはSet-SPProjectOdataConfiguration、Project Web App のインスタンスに対して OData サービスを構成する方法の設定を設定します。 これにより、ユーザーは、ページングを指定するパラメーターの一覧、さまざまなクエリ機能の有効化、MaxResultsPerCollection が有効になっているかどうか、詳細エラーが有効になっているかどうかを設定できます。 ページングはエンティティごとに設定できます。 所定のエンティティにページング オーバーライドが存在しない場合は、DefaultMaxPageSize パラメーターが使用されます。 MaxResultsPerCollection はページングでは使用できません。

Project Server のWindows PowerShellに関するアクセス許可と最新の情報については、(https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=251833https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=251833).

-------------------- 例 1 -----------------------

Set-SPProjectOdataConfiguration -ClearEntityPageSizeOverrides

この例では、特定のエンティティに設定されたページ サイズのオーバーライドをクリアします。

-------------------- 例 2 -----------------------

Set-SPProjectOdataConfiguration -AcceptProjectionRequests $true

この例では、AcceptProjectionRequests を true に設定します。

-------------------- 例 3 -----------------------

Set-SPProjectOdataConfiguration -DefaultMaxPageSize 50

この例では、既定の最大ページ サイズを 50 行に設定します。

----------------------EXAMPLE 4-----------------------

Set-SPProjectOdataConfiguration -EntitySetName Assignments -PageSizeOverride 100

この例では、Assignments エンティティにページ サイズのオーバーライドを設定します。

パラメーター

-AcceptCountRequests

$count パス セグメントまたは $inlinecount クエリ オプションを持つ要求が受け入れられるかどうかを設定します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AcceptProjectionRequests

プロジェクション要求が受け入れられるかどうかを設定します。 プロジェクション要求は、$select クエリ オプションを使用して作成されます。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-ClearEntityPageSizeOverrides

エンティティに設定されたすべてのページ サイズのオーバーライドをクリアします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-DefaultMaxPageSize

既定のページ サイズを設定します。 これは、PageSizeOverride パラメーターを使用してオーバーライドが設定されていないエンティティで使用されます。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-EntitySetName

PageSizeOverride を使用してページ サイズのオーバーライドを設定する際に使用されるエンティティの名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-MaxResultsPerCollection

エンティティごとの結果の最大数を示す整数値を設定します。 このパラメーターはページングで使用できません。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-PageSizeOverride

特定のエンティティで使用されるページ サイズをオーバーライドします。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UseVerboseErrors

より多くの Verbose エラー メッセージを使用するようにサービス (スタック トレースなど) を設定します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition