Set-SPSecureStoreDefaultProvider

Secure Store プロバイダーを更新します。

構文

Set-SPSecureStoreDefaultProvider
   -Type <Type>
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [<CommonParameters>]

説明

コマンドレットは Set-SPSecureStoreDefaultProvider 、セキュリティで保護されたストア プロバイダーを設定または置き換えます。 サード パーティの Secure Store を登録するには、ISecureStoreProvider インターフェイスを実装します。 このインターフェイスが定義された状態でグローバル アセンブリ キャッシュに DLL ファイルを配置し、DLL を読み込んで、型を読み込みます (例を参照)。 これで、Secure Store プロバイダーを設定することができます。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

------------------ 例 ------------------

[Reflection.Assembly]::LoadFrom("C:\ContosoFolder\contosoSecureStore.dll")
$type = [Contoso.SecureStore.ContosoSecureStoreProvider]
Set-SPSecureStoreDefaultProvider -Type $type

この例では、独自に実装された Secure Store プロバイダーを設定します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Type

型は、角かっこで囲まれたセキュリティで保護されたストア プロバイダーの型である必要があります。たとえば、 [Reflection.Assembly] です。

Type:Type
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition